ディズニー・ポップ・センチュリー・リゾート

Disney's Pop Century Resort
ディズニー・ポップ・センチュリー・リゾート
画像: Sさん
★★★★ 4.17 (24件)
1泊1室 11,959 円~


フロリダ州オーランド

20世紀のポップカルチャーをテーマにした格安ディズニーホテル。客室棟には年代ごとに流行したグッズの巨大オブジェがあり、ロビーには実物が展示されています。フードコートあり。無料Wi-Fiを完備。マジックキングダムまでは無料シャトルバスで20分。


ニュース・特集

クチコミ・感想(24件)

クチコミを書く ≫
とても良い
7
良い
14
普通
3
悪い
とても悪い


日本人向け!全く新しい発想のリニューアルされた部屋を大公開!

【追加】書き忘れました。

1、プルートの壁画の周りには不自然な四角い木の枠がありますが、そこにベッドを1台収納することができます。収納すると下から自然に机が登場します。スペースが取れて広々とします。

2、部屋と洗面所も引き戸で分けれます。

ここでは、リニューアルされたばかりのお部屋を紹介します。ホテルについての内容はほかの口コミをご覧になられて下さい。

ここが変わった!

文章で書かれても分かりづらいと思いますので写真を参考にしてください。
全体としては、モダンで落ち着いた雰囲気になったと思います。

バスルーム

バスルームは他のホテル同様トイレとバスタブが同じ部屋にあります。が、他のホテルはカーテンで仕切るのが基本ですが、この新しい部屋は、カーテンで仕切るのではなく、プラスチックか何かの引き戸式のドアとなっていて水が飛び散ったりする心配がなく完全にセパレートしてくれ、日本人好みだと思います。白を基調とする部屋です。

シャワー

上から固定で出てくるヘッド式と日本のお風呂のシャワーの手で自由に動かせる式の2つ設置されました。

ベッド

ベッドは靴のまま寝る用のマットがなくなりました。

ベッド後ろの壁

奥側のベッドの後ろにはミッキーが、手前のベッドの後ろにはプルートが描かれています。

テレビ

テレビは壁掛け型に変更されました。

コーヒーメーカー

コーヒーメーカーが設置されています。小さいです。紙コップ付き。無料です。

棚やクローゼット

木目調になりました。テレビの下のラックの中にはセキュリティボックスがあります。

コンセント

前はどうだったか忘れましたか日本と同じ型です。

従来同様四角形。大きくなり、何も柄はありません。

電気スイッチ

大きくなりました。

感想

部屋の中は明るく、木目調の家具が多いため、日本的な感じがしました。日本から来訪される方も大変多いため、少し意識したのかもしれません。
安くてこの部屋だったら結構満足すると思います!
今回は、デラックスタイプのディズニーホテルと2つ泊まりました。少しの滞在でしたが、満足でした!!

一部写真を拡大しておりますので画質が悪くなっています。すいません。
2部屋借りたので写真が混じっています。すいません。

関連

WDWならではのホテル、ディズニーアニマルキングダムロッジを紹介しています。デラックスタイプです。
https://tdrnavi.jp/park/wdw/16772

ディズニー直営ホテル限定特典のダイニングプラン(要申込)について紹介しています。ポップセンチュリーリゾート宿泊者も対象です。
https://tdrnavi.jp/park/wdw/17130

▼ 続きを読む
 by A.K 

パークを存分に楽しむならこのホテル!寝るだけなら特典も盛りだくさんでおすすめです♪

ディズニー直営のホテルというと何だか高級なイメージがあります。しかしながらWDWはさまざまなランクが用意されており、こちらのポップセンチュリーはバリュークラスという1番お手頃なホテルでした。
宿泊期間は2017/08/02~08/08(6泊)、価格は定価114830円、航空券とのセット割引(51000円)により1室6泊で63830円(2人で泊まったので1人31915円でした。)

特典は東京よりも魅力的?!

私が実際に利用した特典&感想を書いていきます。

エキストラマジックアワー

4パークあるうちの朝1~2パーク、夜1パークが対象となることが多かったです。ただアバターのアトラクションの人気からか、アニマルキングダムは基本的に毎日夜は24時までエキストラマジックアワーで開いていました。
朝はアニマルキングダム、マジックキングダムが多かったです。
さすがに5日もパークへ行っていたので実際にエキストラ・マジックアワーを使用したのは2日間、朝のマジックキングダムのみでした。

空港~ホテルの送迎が無料

バスで約50分かかる道のりが全て無料だったのはとてもありがたかったです。本来は予約制らしいのですが、直営ホテルに泊まることが証明できるもの(予約番号)が分ければ乗せてくれました。
帰りは朝7:30にバスのピックアップがありました。2日くらい前に別件でフロントへ行ったときについでに予約票をいただきました。

マジックバンドがもらえる!

直営ホテルに宿泊の人はこのマジックバンドを無料でもらえます。1人1ついただけます。1ヶ月前までなら公式サイトで色を指定することもできます。このマジックバンドはルームキー、入園のパスポート、クレジットカード、FP+、メモリーメーカーのカードと様々な役割を果たしてくれました。東京にも実装してほしいです。
チェックインの時に私たちの分が用意されていなかったみたいですが、キャストさんも「前に登録しているのにおかしいわ」と言いながら新しくその場で準備をしてくださいました。
また公式サイトやアプリでは代表者しかクレジットカードの情報が登録ができませんでしたが、フロントで言えばそれぞれのクレジットカードの情報をマジックバンドに紐づけができました。お恥ずかしいのですが「マジックバンド、カード、リンク」で通じました。

ホテル~パーク、ディズニースプリングの移動がタダ!

大体10分に1本くらいでバスが動いていしました。アニマルキングダムやマジックキングダムはやはり全体的に混雑していました。混んでいた時でもバスは1本見送れば良いくらいだったのでそこまで何十分も待つことはありませんでした。
ディズニー・スプリングスへのバスは夕方からしか運行していなかったので日中行きたい方はどこかのパークを経由する必要があります。

使わなかった特典

ダイニングプラン →ツアーやパッケージを利用していなかったこと、キャラクターダイニングが中心でクイック・サービス・プランを購入しても使いきれなかったこと、1日2食ほどしか食べなかったということから、あらかじめ申し込みもしませんでした。予想通り、1日2食しか食べず、おやつも食べなかったので購入しなくて正解でした。

ディズニーチャンネル無料視聴 部屋にTVはありましたが、あまりにもへとへとだったため一回もTVをつけませんでした。

お土産をホテルまで送ってくれる あまり大きなものを購入しなかったこと、パークホッパーだったのでお土産を吟味しぎりぎりでお土産を購入したこと、ホテルのお土産屋さんで購入が多かったことなどから使いませんでした。

準備~チェックイン・チェックアウト

日本でやったこと

①マジックバンドの登録
My Disney Experienceにてホテルと事前に購入していたパークチケットの紐づけを行いました。そのあと、マジックバンドの色を指定しました。(こちらはチェックインの1か月前までにしないとならないので、早めに行うことをおすすめします)

②部屋のリクエスト
出国まであと3日という時にリクエストをしました。というのも、忘れていました。あと少しで出国という時に最終確認でtdrnaviの準備マニュアルを読んでいて気がつきました。急いで公式サイトから「1階」「バス停に近い」部屋をリクエストしました。
一番安い部屋でしたが、両方の希望が通りました。

チェックイン

夕方にチェックインをしましたが非常に空いていました。ホテルの予約番号を伝え、パスポートと予約時に決済したクレジットカードを出しました。確認が取れ次第、部屋の場所を教えてもらいました。丁寧に地図にフロントからの行き方も教えてくださいました。そしてマジックバンドも受け取りました。ここで初めてWDWに来たことを伝えると、缶バッジがいただけました。

マジックバンドを使っている人はチェックアウトすべし!

チェックアウトは7:00ごろ行いました。(空港へのバスが7:30だったため。)ただガラガラで全然並びませんでした。
チェックアウトでは今までマジックバンドで使った明細がいただけました。マジックバンドは本当に魔法の腕輪なので、明細をいただいて確認することをオススメします。

お部屋&アメニティ

どんなお部屋だったの?

私たちが宿泊した部屋は6152でした。70年代の大きなミッキーがある方の湖側でした。部屋の前から湖も見えました。リクエスト通り、1階のバス停にそこまで遠くない部屋でした。バス停までは5分くらい、フードコート&お土産屋さんまでは3分強でした。
部屋の扉を開けたらすぐにベッドだったのには最初驚きましたが、そんなに困ることはありませんでした。大人2人で宿泊したのでスーツケースを広げられるくらいの余裕はありました。値段が安いのでそこは仕方がないかなと思いました。
コンセントは差込口2つ×3か所はあったので日本から持っていったテーブルタップは不要でした。

アメニティ

海外のディズニーホテルではおなじみのH2Oのシャンプーやコンディショナー、石鹸がありました。ただしその他はバスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルしかありません。室内用のスリッパやバスローブ、歯ブラシセットなどの用意はないので自分で準備する必要があります。
毎日部屋掃除を頼みましたが、いずれのお掃除もとても気持ちの良いものでした。なぜかタオルは2人分しか使っていないのに毎日4人分補充されていました・・・。

Wi-Fiや騒音

Wi-Fiはホテル館内でははWDWで滞在したなかで1番安定して繋がっていました。ただ一旦外に出ると繋がりにくくなります。
騒音に関してはほとんど気になりませんでした。朝7:00には部屋をでて帰ってくるのは0:00過ぎだったからかもしれません。少しだけお子さまの足音が聞こえた日もありましたが、滞在期間を通したら全く問題はないです。

フードコート&リフィルマグ

意外とおいしい!フードコートは0:00まで開いています!

このホテルに唯一あるフードコートも利用しました。モーニングとそれ以外ではメニューが異なるようでした。残念ながら朝からずっと活動しており、朝食は食べていません。
0:00にラストオーダーなので0:30くらいまではフードコートで食べることもできますし、お持ち帰りもできました。ただ、23:00ごろになるとピザ&サンドイッチのお店のみで、ハンバーガーのお店などは閉まってしまいます。
お値段は大体10~15ドルくらいです。見た目以上にどのお料理もおいしかったです。パークで夕食を食べ逃した時におすすめです。
ただ、ここのフードコートは冷房がガンガンだったので上着があった方が良いと思います。

リフィルマグ

14日間飲み放題のドリンクです。こちら専用のサーバーで飲み物を注ぎます。コーラやスプライト、レモネードがあるので滞在中は重宝しました。なぜか1台だけルートビアがある機械もありました。

何も困らなかった!また泊まりたいです。

感想です。
他のバリュークラスのホテルよりもバスが空いており、バスの本数も多く感じました。各パークからもそこまで遠くなく、リクエスト通りの部屋も準備していただけました。
このお値段で豊富な特典があるので、本当に良かったです。朝7:00から夜の0:00まで活動していたので、ホテルの写真は残念ながらあまりありません・・・
だんだんお盆に近づくに連れて日本人を中心にゲストは増えていました。

朝から晩までパークで遊ぶ方にはオススメなホテルです♪

▼ 続きを読む
 by すだち 

5泊以上する場合はぜひ!洗濯で手荷物を減らそう

ウォルトディズニーワールド(以下WDW)に行くとなると、必然的に泊数が長くなるもの。
そんな時は持って行く荷物を減らすためにも、現地でお洗濯しませんか?

今回、私はポップセンチュリーリゾートでお洗濯しました。
オールスターやアートオブアニメーションなど、バリュークラスのホテルは同じやり方でいけると思います。

こんな方にオススメ

5泊以上滞在する 持って行く荷物を減らしたい 洗濯は好き

今回の私の条件

6泊滞在していたものの、カナダに前泊していたので、実質7泊 洗濯はリゾート滞在3泊目の朝に実施 洗剤と柔軟剤を日本から持参

なお、洗剤と柔軟剤はコインランドリーでも販売していますのでご安心ください。

洗濯方法

マジックバンドでピッとタッチし、入場

洗濯する機械を選び、入口の機械で支払い。料金は3ドルです

洗濯物、洗剤、柔軟剤を入れる

ボタンを押して洗濯スタート!34分で完了するとの表示が出ました

洗濯完了、空いている乾燥機に洗濯物を移動

再び入口の機械で支払い。60分乾燥で料金は3ドルです。乾燥時間は選べますが、5分、60分、90分だった気が…

終了!

注意点

夜は混んでいる

ポップセンチュリーリゾートには3カ所のコインランドリーがあり、今回利用したのはフロント棟に最も近いところでした。
様子を見に22時ごろ行ってみると全ての箇所が埋まっていました…ちょうどこの頃がピークのようです。
そのため、翌朝6時に向かうと…良かった、誰もいない。
ストレスなく洗濯するのは朝が良さそうです。
なお、7時を過ぎると徐々に人が増えてきました。

支払いはクレジットカードかデビットカードのみ

入口に「支払いはクレジットカードかデビットカードのみ」と記載があります。
マジックバンドや現金は使えないのでご注意ください。
洗剤と柔軟剤の自動販売機もカードのみでしたが、飲料とスナックの自動販売機は現金のみでした。

WDWに行くとどうしても荷物が多くなるもの。
特にお土産が増える帰りのために、荷物に余裕をもたせておきたいですね。
今回途中で洗濯をしたお陰で、スーツケースにはかなり余裕を持たせることができ、だいぶ楽になりましたよ。
5泊以上滞在される場合はぜひお試しください!

▼ 続きを読む
 by Summy 

購入したグッズを現地から日本へ送る方法

★★★★★ 2016年8月に訪問

購入したグッズを現地から日本へ送る方法

これでもう怖くない!!大量のグッズ購入

ウォルトディズニーワールドで購入したグッズを、ホテル(ポップセンチュリー)から行き当たりばったりで送ってみました。
※2016年8月現在の情報です

概要

・パーク内のショップからでもホテル内の
 ショップからでも発送可能。
・ウォルトディズニーワールド内のショップ
 で購入したグッズに限り、発送可能(同梱
 可)。
・購入したグッズすべての領収書が必要。
・グッズの材質を記載する必要がある。
  →ここはキャストに記載してもらうのです
  が、材質を調べてもらえるかは不明なので
  自分でわかっていた方がいいと思います。
  今回は自分で説明しましたが、主な材質は
  以下のような感じで説明しました。
   RESIN:レジン(石粉を混合した樹脂で、数千円以上のフィギュアリンはこれが多い)
   ACRYL:アクリル樹脂(透明な物はアクリルかガラスの可能性が高いです)
   GLASS:ガラス(砂時計、スノーグローブなどはほぼガラスです)
   COFFEE,TEA:コーヒー、紅茶(そのままです)
   CERAMIC:陶磁器(食器類の他に、フィギュアにも陶器の物があります)
   CLOTHES:布(鞄やハンカチなど、とにかく布製品)
   他にもLEATHER:革、PLASTIC:プラスチック、METAL:金属などが考えられます。
・箱等の梱包は一切不要。買ったままでO.K.
・記入書類は写真を参考にしてください。

送料と期間

・送料は商品の合計金額により決まる。グッズの数、重さ、大きさは関係ない。商品の合計金額
 がどんなに高くても、送料の最高額は150ドル。
 →95ドルのグッズ1点で尋ねた際は30ドルちょっとでした(正確な対応はわかりませ
   ん…)。
・梱包料等の別料金は無し。
・今回に関しては、発送から自宅への到着まで2週間弱程度でした。

その他必要な手続き

・帰りの機内{(日本入国(帰国)に際して}で「携帯品・別送品申告書」を2枚記入する。
・税関通過の際に1枚提出、1枚は保管(後で必要)。
・別送品が日本に到着次第電話連絡が入り、必要書類の送付について説明される。
 パスポートの写し、保管していた申告書1枚、発送した品物すべての領収書の写しを送付す
 る。
・「海外市価の合計額が20万円の範囲に納まる品物(入国者の個人的使用に供するものに限
 る。)」は免税範囲。「海外市価とは、外国における通常の小売価格(購入価格)」
 →今回は免税範囲に収まっていたので、課税される場合の手続きについてはわかりません…。
※ちなみに、すべての商品はそれぞれの箱まで開けられて検査されています。

気づいたこと

・ウォルトディズニーワールド内のショップで発送する場合、カリフォルニアのディズニーラン
 ドリゾートで購入したグッズは同梱できません。
・複数まとめて送った方がお得なので、様々なショップで購入したグッズをホテルからまとめて
 発送するのが吉(写真を参照してください)。
 →「閉園3時間前までに手続きをした物は翌日の午後にホテルに届く」とありますが、届かな
   い物がありました。翌々日に届きましたが、もし帰国に間に合わなかったらどうしようと
   ヒヤヒヤしました。念のため余裕を持っていた方がいいかもしれません。

▼ 続きを読む
 by 見習い魔法使い 

手ぶらで楽チン!買ったお土産をホテルに送れるデリバリーサービス

日本のディズニーホテルでもパーク内で買ったお土産をホテルに届けてくれる「ショッピングデリバリーサービス」がありますが、WDWでも同じようなサービスを受けることができます。

2通りのデリバリー方法

デリバリーには「リゾートデリバリー」と「パッケージピックアップ」の2種類があります。

リゾートデリバリー

ディズニー直営ホテルに宿泊している方はホテルまでお土産を送ることができます。
パーク閉園の3時間前までに購入すれば翌日の午後には届きます。
受取場所はホテルによって異なるので、現地で確認してください。

ホテルリストにはスワン&ドルフィンやフォーシーズンズもあるので、それらのホテルでも利用できると思われます。
※チェックアウト前日は利用できません。

パッケージ・ピックアップ

お土産を購入したパークのエントランス付近にある受け取りセンターに送ってくれるサービス。
こちらはホテルに直営のホテルに泊まっていなくても利用できると思います。
利用する際は会計前に「Package pickup, please.(パッケージ ピックアップ プリーズ)」でOKだと思います。
※1.受け取りセンターでお土産を受け取れるのは3時間後以降です。
※2.エプコットのみメインエントランスとインターナショナルゲートウェイのどちらかを指定できます。

リゾートデリバリー利用の流れ

今回はリゾートデリバリーを使ってみたので、その流れを書きます。
お土産を購入したショップはアニマルキングダムにある「Discovery Trading Company」、宿泊先は「ディズニー・ポップセンチュリー・リゾート」です。

1.ショップで会計前に「Delivery to the Resort(デリバリー トゥ ザ リゾート)」とレジのキャストさんに伝えます。「ホテルデリバリー プリーズ」でも通じました。
2.滞在先とチェックアウト日を聞かれます。
3.そうすると下記の写真にある緑色の紙に「名前/住所/電話番号/チェックアウト日/宿泊先の部屋番号」を記入します。住所はJapan のみでOKでした。
4.あとは会計をして、緑色の紙の控えをもらってショップでやることは終了です。
5.翌日の午後にホテルのショップで控えを出したら、送ったお土産を受け取ることができます。中身はすぐに確認した方が良いと思います。

※ポップセンチュリーの受取場所はバス停側にあるレジで受け取ります。

注意点1:会計前にデリバリーサービスを使うことを伝える!

下記の写真にある緑色の紙に購入内容が印字されるため、会計前でないと使えないと思われます。

注意点2:高価なものは使うのを控えた方がいいかも

高価なものも無くなったときのことを考えると使うのはあまりおすすめできないです。

割れ物は発送前にきちんと梱包してくれて、もし、破損があっても新しいものと交換してくれるそうです。
僕のブログにコメントをくれた方からの情報です。

感想

日本ではお土産をいっぱい持ってパークを歩く人は珍しくないですが、WDWではそんな人はほとんど見かけなかったです。何も持っていなくて、手ぶらの方も珍しくなかったです。

僕は海外パークに行くときはどうしても荷物が増えてしまうんですよね。なので、これ以上は荷物を増やしたくなかったので、デリバリーサービスは本当に助かりました。

物が無くなるリスクもありますが、それでも便利で楽チンです。お土産をたくさん買う方はおすすめです。まぁ、WDWなら日本語通訳のサービスもありますし、最悪なんとかなると思います。

▼ 続きを読む
 by りょ〜たP 

ポップセンチュリー唯一の食事処にて…!

★★★★ 2017年6月に訪問

ポップセンチュリー唯一の食事処にて…!

豪華なホテルには複数レストランがありますが、バリューリゾートのポップセンチュリーリゾートにはフードコートの「エブリシング・ポップ・ショッピング&ダイニング」のみ…(正確に言うとプールサイドにバーが一つありますが)。
特にキャラクターブレックファーストの予約をしていない日の朝食時間帯は何かとお世話になりました。

こんな方にオススメ

ポップセンチュリーリゾートに宿泊する 朝食はいつも食べる パークから戻ってきた遅い時間帯に食事したい

「エブリシング・ポップ・ショッピング&ダイニング」の構成

営業時間は6時から24時まで。
ショッピングエリアとダイニングエリアとに分かれています。
食事に関しては基本ダイニングエリアで済みますが、リフィルマグの購入はショッピングエリアとなるのでご注意を。

温かい食事の注文&受取エリア

朝食時間帯と昼食以降の時間帯でメニューが変わります。
朝食はワッフルや卵料理のメニューが中心で、昼食以降はハンバーガーやピザなどを取り扱っていました。
4ヶ所注文できるところがあり、それぞれのブースの電光掲示板に出ているものを注文できます。
なお、夜遅くに行くと、メンテナンスに入り注文できないブースがあったのでご注意ください。

冷蔵庫エリア

ジュースやサラダ、デザートなどがあります。
アルコールもありましたよ!
500mlの缶ビールが7.5ドルとは…テーマパーク価格ですね。
あと、以前みぞれさんの口コミで読んだ、「ハーフガロンの牛乳」(1.9リットル)もありました。
本当に売っているとは…この大きさで水やお茶も売っていると嬉しいのになぁ。
みぞれさんの口コミはこちら https://tdrnavi.jp/park/wdw/11615

パンエリア

食パンや菓子パンなどが売っています。
ただ、甘いパンが多い…甘くないものは食パン、ベーグル、クロワッサンぐらいです。
食パンは2枚で79セントとまさかの1ドルを切る価格でビックリしました…(なおサンドイッチ用の食パンか、と思うぐらい薄いです)。

レジエリア

必要なものを全て取ったらレジで会計です。
レジ手前にはバナナやスナックなど、常温のものが置いてありますので、必要であればここで取りましょう。
マジックバンドでの支払いができるのはもちろん、ダイニングプラン(クイックサービス)も利用可能です。

ドリンク&レンジ等エリア

リフィルマグ用のドリンクエリアに加え、食パントースターや電子レンジはこちらにあります。
私は朝食予約をしていない日は、日本からレンジでチンするご飯を持参したので、チンしてふりかけをかけて食べました。
(流石にそれだけでは不足だったので、サラダやパンをここで購入しましたよ)

注意点

開園前&閉園後の時間帯はレジが混雑

フードコート自体は広く、席もすぐ見つかるので問題ないのですが、レジで少々待ちます。
朝など、開園前で急いでいるときはご注意ください。

バターがない…!

イチゴなどのジャムは見かけたのですが、バターの行方が分からず…食パンにバターの気分だったのに…残念。
私は何もつけなくても食べられる人なので、結果的には何もつけずに食べました。
ないはずはないと思うんだけどなぁ、私が見つけられなかっただけなのか?

特にすごいサービスがあるわけでもなく、これが絶品というメニューがあるわけでもありませんが、手軽に食べられる点では重宝するところかと思います。
サラダやフルーツだけ購入して、不足しがちなビタミンを取るのにも適しているかと。
上手にフードコートを活用しましょう!

▼ 続きを読む
 by Summy 

POPな公式格安ホテルのメリット、デメリットは?

とにかく格安

ミッキーネットさんにて、ホテルパッケージを予約しました!
格安ですが直営ホテルなので、もちろんエキストラマジックアワーの利用ができます!マジックバンドや送迎が無料なのも嬉しいポイントでした。

概要

【2981.24ドル】(8泊/6日分のパークホッパーチケット込み)
ダブルベッドが2つあるお部屋に4人で宿泊しました。そのため【745.31ドル/人】(日本円換算約¥89,437)でした。
ベストプライスマッチ(他のサイト等の値段よりも価格が高い場合、料金をマッチさせることができるサービス)を利用しました。

交通の便は?

無料のバスが運行されています。ポップセンチュリーからは乗り換えなしで全てのパーク、ウォーターパーク、ディズニースプリングスへ向かうことが可能です。予約をすれば、無料で空港間のシャトルバスも利用できます。リゾート外に出るときはUberを利用しました。ホテルの正面につけてくれて、便利でした(^ω^)
移動はバスのみでモノレール等は通っていないので、ピークの時間帯にはかなりバスを待つことになります。このデメリットは、WDWで格安価格帯のホテルに泊まる際、どこを選択しても起こる問題だと思います。帰りはみんな疲れてるのに何本もバスを見送っているので、次のバスが来ると拍手が起こります。(笑)

無料バスの所要時間

マジックキングダム、アニマルキングダム→約20分 ハリウッドスタジオ、エプコット、ディズニースプリングス→約15分 オーランド国際空港→約30分 ウォーターパークは利用していないため不明です。ちなみにUberを利用してユニバーサルスタジオへ行った際は約20分ほどでした。

気になる!部屋の様子は?

パークで遊び疲れて帰って寝るだけならまったく問題はありません。ただ、1部屋に大人4人で泊まるのは、スーツケースなどもあるので少々手狭でした。収納はテレビ台の下についており、洗面台横に上着をかけられるスペースもあるので、かなりの長期滞在でない限り大丈夫かと思います。そして、金庫の大きさがあまりにも小さく、本当に少量の物しか入りません。余計な貴重品は持ってこないほうがいいです。

シャワー

H2Oのグッズが完備されているので、体を洗ったり髪を洗ったりという分にはまったく問題ありません。無くなったら交換もしてもらえます。シャワーヘッドが固定なのが残念。

ベッド

ベッドが2つの部屋でしたが、1つのベッドに女性2人で寝ても、問題ありませんでした。もし2人で泊まるのであれば、かなーり広々とベッドが使えるかと思います。

フードコートやショップ、プールやゲームセンターも完備

フードコートは6時〜0時まで営業していました。ショップも同じ時間帯だったと思います(曖昧)。フードコートはピザやバーガー系など、アメリカンな軽食が多かったです。様々な食べ物の種類があるので、飽きずに食べられると思います!

パーク内からホテルへ送ったお土産等はショップのカウンターに届いています。ホテルへのお土産の送り方はこちら→https://tdrnavi.jp/park/wdw/14090 ショップにはグッズや日用品があるので、買い忘れや持ってきていないものがあっても、助かります。 フードコートには電子レンジがあります。お湯もありますが、かなりぬるいです。スーベニアメダルはフードコートのエリアにあります。 プールは利用してませんが、かなり広々としていて、利用している人はとても気持ちよさそうでした(^^) ゲームセンターは利用しませんでしたが、24h営業のようでした。20世紀のカルチャーをテーマにしているホテルにぴったりの、古めのゲームが揃っています。

泊まってみてのマイナスポイント

格安だから&WDWだからこそ困ったことが多くありました。

マジックバンドで買い物や鍵の開閉をするので、現金をあまり持ち合わせていませんでした。しかし、自動販売機はマジックバンド・ドル紙幣は使えず、小銭でないと飲み物が買えませんでした。 低価格の部屋に泊まる際運が悪いと、とにかくバス停までが遠い! 移動手段がバスのみなので、とにかく朝や帰りの時間は激混みです。かなり疲れている中30分程度バスを待つのは体力的にしんどかったです。 小さい虫がとても多いです。部屋を出ると外なので、部屋に虫が入ってきたりもしてしまいました。苦手な方は虫除けグッズを持っていったり、ドアを開けておかないようにしたりと、対策が必要だと感じました。

自動チェックアウト

早朝便だったので、深夜3時ころチェックアウトしようとすると、フロントに誰もおらず……チェックアウトはどうしたらいいんだろうとうろうろしていると、ホテルキャストの方が「チェックアウトに手続きはいらない」と教えてくれました。チェックアウトの手続きが必要だと勘違いしていたので、早めに部屋を後にしてしまいました。

徒歩でアートオブアニメーションへ

ポップセンチュリーとアートオブアニメーションは橋で繋がっているので、散歩がてら探索できます。ポップセンチュリーよりもキャラクターのオブジェが多いので、遊びに行ってみるのもいいかもしれません。
橋やホテルの遊歩道を、朝の運動としてランニングしてる方もいらっしゃいました(^^)

リクエストが出せますが……

必ず叶うとは限りませんが「1階」「バス停の近く」のリクエストを出しました。1階は叶いませんでしたが、安い価格帯の部屋の中では、わりとバス停に近い棟だったのではと思います。

▼ 続きを読む
 by S 

放っておいてほしい人にはバリュークラスがぴったり!

​オールスター・スポーツ、ミュージック、ムービーに続いて2003年にできたバリュークラスリゾート。
20世紀のカルチャーをテーマに50~90年代の棟があり、その年代を代表するグッズなどの巨大なオブジェが飾られたまさに“ポップ”なリゾートです。
フロント棟のエントランスやマップに使われている各年代の文字も60年代はサイケ調、80年代はデジタル調とデザインもとても凝っています。
当初は“クラッシックイヤーズ”として位置づけられ、対岸にある現アート・オブ・アニメーションリゾートの場所に“レジェンダリー・イヤーズ”として00~40年代を建てる予定でした。
2ホテル間をつなぐ橋はその時の名残か“ジェネレーションギャップ・ブリッジ”という名前が付いています。
バリュークラス全部に言えることですがフォトロケーションがいっぱいあり、ここに関しては上記の橋でアートオブアニメーションと行き来が可能なのでパークから帰ってきたあとも沢山の記念になる写真を撮ることができます。

ギャラリーとしても楽しめるフロント棟

とにかくホテルの名前の通りポップ!
80年代といえばミュージックビデオ!ミュージックビデオと言えばMJ!
マイケルやマドンナのアルバムやウォークマン等その時代を象徴する人物やグッズが展示されていてギャラリーとしても楽しめます。
全体的にはディズニー色弱めに見えるかもしれませんが、50年代と60年代の棟にはわんわん物語やジャングルブックの巨大オブジェもあり、ミッキーの巨大電話のオブジェは旅行会社のパンフレットなどでもおなじみかと思います。

室内は意外にも落ち着いている感じ

レイアウトはオールスター系と同じです。
私が泊まった2006年頃は写真のような内装でした。外のポップさに比べると意外にシックです。オフィシャルサイトを見ると現在はもっと落ち着いた感じになっているようです。
アメニティはボディソープ、シャンプー、コンディショナー、石鹸と必要最低限。
ただミッキーの絵柄が付いているのでお土産に持って帰りたくなってしまうと思います。(もちろん可)シャワーは固定式です。
洗面台は1つですが、物を置く台のスペースは多少あります。
クローゼットはむき出しタイプ。洗面台横にハンガーかけがあり、奥行きのあまりない貴重品入れもここにあります。
オールスター系はどこもそうですが、窓際にぬいぐるみなどを飾っているお部屋を数多くみました。
帰ってきたときに分かりやすくなっていいと思います。

フードコート

アジアン、グリル、イアタリアン等いくつかのコーナーがあり、朝食時にはワッフルやオムレツなども出ます。
名物(?)のタイ・ダイケーキはアメリカらしいケーキなのでぜひトライしてみてください。
意外にイケるそうです(主人・談)

全てのオールスター系に言えることですが、チェックイン後はご自由に!という感じの気楽なリゾートなので、私のような放っておいてほしいな~というような日本人にはピッタリだと思います。

▼ 続きを読む
 by のぞ 

ほとんどパークで過ごすなら安いのでオススメ!

5泊ポップセンチュリーに滞在!
ほとんど寝に帰ってくるだけだったのでプールは楽しめなかったのですが、
夜は映画も観れるのでゆっくりの滞在でも楽しいかもしれません。

私はプリファードルームの選択をしなかったのですが、バス乗り場から近い80年代のお部屋になりました!

ホテル敷地内の大きなオブジェ達も、本物を見た時に大きすぎてびっくりしました!
とってもとっても可愛くて全部見回りたいけど時間がなく断念しました!
ほぼホテルにはいなかったのでリフィルマグも買いませんでした。

フロント、ロビー

入ってすぐの端に子供用スペースなのかアニメ「ミッキーマウス!」が夜中もずっと流れていました。
壁に年代ごとの絵や物がたくさん飾られていてとても可愛かったです。
お土産もパーク内並みにいろんな種類の物が売っていて、買い忘れてもここにだいたいあるので安心です。
フードコートも4か5個くらいお店があるので飽きなそうなバリエーションです。

お部屋

写真だと質素に見えるかもしれないけど、実際に行った方がとっても可愛くて、
床にもシャワーカーテンにも隠れミッキーがいました。
シャワーが固定なのが残念でした。
部屋の広さも狭すぎずちょうどよかったです。

部屋掃除を断ると部屋の前に可愛いミッキーのバッグに新しいタオルが入ってるというのを試したのですが、何もなかったです(>_<)
最終日にマジックバンドで決済した分の明細書をドアノブにかけてくれるという情報も見たのですが、
その明細書もかかっていなくてチェックアウトの時に直接フロントでお願いしてもらいました!

タオルアートも特になかったです!

バス

だいたい開園前に着く時間にバスに並んでても一回で乗れることが多く、どのパークにも10〜20分で着いたので快適でした!
ただ帰りは閉園の時間で帰ると、どのパークにいても毎日ポップセンチュリー行きのバス乗り場だけ人がとっても並んでいて、
ポップセンチュリーの人は閉園まであそぶ人が多いのかな?って勝手に思いました。

▼ 続きを読む
 by なお 

遊びメインならおすすめ!ディズニー感も忘れない部屋!

オンラインチェックインで【1階】【バス乗り場近く】を指定。結果、どちらも叶いました!

チェックインカウンターはとても広いです。深夜のチェックインでしたが2、3人いました。日本語のできる人はいないようで、こちらが首をかしげるとすぐに

日本語通訳&ホテルマン&自分の三者通話

始まります。電話の受話器渡されます。不安なことはなんでも聞けるので安心ですね。
ここでマジックバンドをもらい、クレジットカードの設定もしてもらいます。オンラインチェックインのときに全員分をひとつのクレジットカードで登録しているので、ここで新たにそれぞれのクレジットカードを設定してもらいます。
ちなみにマジックバンドはアメリカ在住の方は郵送で可愛い箱にいれてあるのを見ましたがホテルでは箱なしでした。カスタマイズは予約通りでした。

場所は90年代棟の1階でした。フロントから正規ルートで歩くとかなり距離がありますが、チェックインの際近道を教えていただき近道の道筋を書いた地図もくれたのでその通り駐車場の方から歩くと、バス乗り場がほんの数分の近さ!良い場所でした。
90年代棟はプールがあるエリアですが、各年代のエリアがとても広いためプールがどこにあるか分かりませんでした。濡れて歩いている人がいたから近くにはあったみたいですが、うるさいとか全くありませんでした。

ちなみに各年代を象徴するデザインの建物やオブジェが散りばめられているのですが、90年代は大きな大きなルービックキューブ、インベーダーゲーム、ディスコ、オブジェは巨大なミスター&ミセスポテトヘッド、ロジャーラビットなどなど、ホテル散策だけでも楽しいです。

アメニティ

シャンプー&リンス
ボディソープ
ソープ
でした。シャンプー&リンスはミッキーの形の蓋の入れ物でとても可愛かったです。わたしは日本から全て持参していたので、毎日もらって無料補充してもらいました。
歯ブラシはありません。忘れたらショップで買えますが0時までなのでご注意を!

ショップの品揃え

かなり豊富です。人気どころは集まってると思います。お土産にはこだわり強くないひとはホテルで十分揃うと思います。しかし、やはりパークの方が断然種類多いです。滞在前半でホテルのお土産を一通り目を通しておくと良いと思います。

食事

フードコートのようになっていて、朝昼夜それぞれのメニューが違うようです。
フードコート内は4種類のカウンター(朝だとワッフル専門・フレンチトースト専門・オムレツ専門・もうひとつ忘れちゃいました)がありそれぞれメニューが違うので食べたいもののところに並びそこでさらに注文します。するとその場でプレートを作り渡してくれます。それを持って10個ほど並ぶレジでお会計です。お値段はそこそこ平均10ドルくらいかな。ボリュームたっぷりなので1週間毎日ここだと胃もたれかと。そうゆうときはフードコート奥に各種パンとサンドイッチ、サラダ、ジュース、フルーツなどなど、そこだけでも悩んじゃいます。

味は…美味しい!!!

朝と夜(ハンバーガープレート)をいただきましたが、美味しいです!また食べたいって思いました!がっつりすぎて朝ここで食べるとお腹減るまで時間かかりますが。持ち帰りっていうと簡易的な蓋くれました。

部屋

Wi-Fiは部屋でホテルゲスト無料Wi-Fiがつながりました。すこし弱めでしたが十分使えました。
タオルアートは残念ながらなかったです。
タオルは十分毎日綺麗なものが多めに用意してありました。掃除も特に気になるところはなく綺麗でした。シャワーが固定してあるので桶が欲しい人は持っていくと良いかもしれません。
ドライヤーあります。コンセントも困りませんでした。テレビもあります。ディズニーチャンネル見放題です。
ふたりで予約でしたが、大きなベッドふたつでした。

長期滞在する人も多いみたく、丸見えの窓にぬいぐるみを可愛く飾るアートをしている部屋が多くて毎日変化する窓を通るのが楽しかったです。似たような建物、部屋がたくさんあるので、ドアや窓に目印すると良いのかもしれません。

部屋の中はすこし昔ながら感がありながらも、隠れミッキーたくさんいました。ディズニーのポスターも貼ってありワクワクします。

美しい!素晴らしいホテル!という印象はありませんでしたが、ディズニーらしい楽しいホテルです。値段もこのクオリティーならとても安いと思います。一番リーズナブルなホテルではないでしょうか?それでこれなら大満足です。とことん遊んで寝るだけなら絶対おすすめです!

▼ 続きを読む
 by n' 
▼ もっと読む

料金 & 空室検索

ウォルト・ディズニー・ワールド
おすすめホテル ランキング

もっと見る ≫

ウォルトディズニーワールドの旅行ガイド

準備ガイド ≫

クチコミ メニュー

ランキング:クチコミ ランキング:レビュアー