エプコット

ジャーニー・イントゥ・イマジネーション・ウィズ・フィグメント

Journey Into Imagination With Figment
ジャーニー・イントゥ・イマジネーション・ウィズ・フィグメント
画像: KABOSUさん
★★★★ 3.80 (7件)


フューチャー・ワールド

エプコットのオリジナルキャラクター「フィグメント」と一緒に五感を体感するユニークな実験ツアーへ出発。待ち時間の目安は0分。出口にはインタラクティブなプレイエリアもあります。


クチコミ・感想(7件)

クチコミを書く
とても良い
1
良い
6
普通
悪い
とても悪い


キャラクターに目がない人にはお勧めです。紫色のフィグメントというキャラクターはエプコットにしかいません。一時期、フィグメントのプリントTシャツを着たダッフィーが販売されていた程。フロリダまで来たからには休憩がてら記念に乗っておきましょう。回転率が良いので待ち時間はほぼありませんでした。

白衣を着たキャストに案内され、研究室の中を探検する感じのライドアトラクションです。ミクロアドベンチャーで見たことがある登場人物もいましたよ。

「五感を働かせよう~♪」みたいな単調なメロディーが流れていてしばらく頭から離れませんでした(笑)

 by YKK 

よくわからなかったけど、曲が耳に残り・・・。

ランド館向かって左手に大きな建物があります。「イマジネーション!館」です。
この中にアトラクションがあります。

フィグメントという紫色のイタズラ好きなドラゴンと一緒に五感を楽しむ実験施設を回ります。

待ち時間とファストパス

5分から20分程度の待ち時間が基本だと思います。
ですが、この日はエキストラマジックアワー日かつ混雑期で60分待ちになっていました。
並ぶかどうか迷ったのですが、たまたま時間切れのファストパスがあった上、1時間後のファストパスが空いていたのでこちらに変更して乗りました。
後から考えてもこの判断は正しかったと思っています。60分並んでまで乗るアトラクションではなかったです!
60分あったらワールドショーケース散策します!

EPCOTのファストパスはかなり悩みます。
取れるアトラクションの待ち時間はたいてい短いまたは好みがはっきり分かれるものが大多数と思います。
ですので、これというのがなければ最初に適当に取っておいて「なんとなく乗ってみたいけど待ち時間長いなぁ・・・」というときに現地でファストパスを変更して時間調整するのがお勧めかとおもいました。

*参考
EPCOTのファストパスは2017年3月現在・・・
・ディズニー・ピクサーショートフィルムフェスティバル
・EPCOTキャラクタースポット(ミッキーフレンズ)
・ジャーニー・イントゥ・イマジネーション・ウィズ・フィグメント
・Living with the land
・スペースシップ・アース
・シー・ウィズ・ニモ・アンド・フレンズ
・タートルトーク・ウィズ・クラッシュ
以上より2つ選択。
・テストトラック
・ソアリン
・FROZEN EVER AFTER
・イルミネーションズ:リフレクション・オブ・アース
以上より1つ選択。
・・・このように選択に制限があります。

アトラクション

英語力が及ばなかったのもありますが、意味不明でした・・・。
トラムに乗り込んで研究室を回るのですが、おそらく博士が意図していた見学ツアーに例のフィグメントが紛れ込んでイタズラを仕出かしてくれる・・・といったところかな?と思いました。
それ以上に意味不明なのが、テーマソングの中毒性です。
「One Little Spark」という曲なのですが、フィグメントのガラガラ声とそれの合いの手が栄える、耳に付いたら離れない曲です。
「ほんの小さなひらめきですべてが始まる!」という内容の歌詞ですが、イマジネーション!館の代名詞とでもいう曲ですね。
この曲は、WDWのサウンドトラックに収録されていますので中毒になれば是非CDを探してみてください。

フィグメント

「One Little Spark」の曲中でフィグメントを紹介しています。
「2つの小さな翼、黄色く大きな目、牡牛の角を持っているが愛らしいやつ。頭からしっぽまで紫」
EPCOTの中しかおらず、おそらくイマジネーション!館のキャラクターです。
EPCOTのあちこちでグッズを見かける機会があると思います。
なんとなくかわいいような・・・日本に来てほしいような来てほしくないような微妙なキャラクターです。
EPCOTにしか生息しないドラゴンですので、見かけたら「あぁ、これか」と思ってみてもいいかもしれません。

▼ 続きを読む
 by NEMO 
data-ad-format="auto">

フィグメント侮れません!中毒性のあるアトラクション!

午前中にフューチャー・ワールド、午後にワールド・ショーケースを周って疲れ切った私たち親子を、
元気にさせてくれたのが、このフィグメントです。
イルミネーションズまであと2時間もあるし、やることないしどうしよう・・・と思っていたその時、
クチコミランキングでは特に上位になかったため午前中に乗らなったアトラクションがあると気付き、このアトラクションに乗ることにしました。
良い意味で予想を裏切られ、さっきまでの疲れがふっとびました(笑)

待ち時間

平日(火曜日)の19時では待ち時間表記は10分で、実際は1歩も足を止めることなく乗り場に到着したので0分。
日曜日の17時では待ち時間表記25分で、実際は7分で乗り場に到着。

アトラクション

なんだかよく分からないまま、このアトラクションに乗りましたが、
とりあえず五感に関する実験をしていくんだなということは分かります。
やみつきになるBGMにのせ、ライドは動き始めます。
最初は???だった私たち親子も次第にアトラクションの魅力に引き込まれ、
最後のどんでん返しでは思わず笑ってしましました!予想の斜め上を行きます!

ライド後の遊べるスペース

ライド降車後には、「イマジネーションワークス」と書いてある遊べるスペースがあります。
パソコンを使ってフィグメントをカスタマイズして、カスタマイズしたフィグメントの動画をメールで送れたり出来ます。
(アドレスは間違っていないのに、メールが届かずとてもショックを受けました。)
あとは、音で遊んだり、アトラクション中で学んだことを体験できる場所です。

ショップ

イマジネーションワークスを通過するとショップがあります。
ここで私たちは、良い意味で予想を裏切られたフィグメントが気に入ってしまい、
マグネットぬいぐるみを購入しました。
他にもここのショップでしかみなかったグッズも取り扱っていました。

感想

私はとても気に入りましたが、日本には来ないだろうキャラクター。
じわじわと面白さを感じられる中毒性があります。
これからWDWに訪れる人には絶対体験して欲しいアトラクションです!!
人気がないのが意外ですが、またいつか訪れるときまでアトラクションが残ってることを願います・・・(笑)

▼ 続きを読む
 by A 

五感をフルに使った実験を体験できるライドです。嗅覚や聴力などの実験を、エプコットのオリジナルキャラクター「フィグメント」とともに体験していきます。ジェットコースターのようなライドですが、アップダウンがあるだけでスピードは出ず、常にゆっくり動きます。出口にはインタラクティブなプレイエリアもあります。

アトラクションの感想

個人的には、フィグメントのイラストはカワイイと思うのですが、アトラクション内に出てくるフィグメントは最高に可愛くないです。このフィグメントをどれほど愛せるかで、このアトラクションの評価が変わってくるかと思います。

ただ、このアトラクションのテーマ曲は素晴らしいです。楽しいメロディで心に残りますね。いろんな実験も面白い仕掛けが満載なので、エプコットらしい味わいのあるアトラクションだと思います。

待ち時間

午前中に行って0分待ちで乗りました。基本的にいつ行ってもすぐに乗れるアトラクションです。

 by KABOSU 

休憩がてらに

★★★★ 2013年4月に訪問

個人的には必ず乗るアトラクションの一つです。
東京でも馴染みの(だった)ミクロアドベンチャーのナイジェル・チャニング氏がホストを務めてます。
あまり並んでないから面白くないのかと思いきやライドはもちろん降りた所にあるインタラクティブゾーンなどは特に子供に人気のようです。何よりシャーマン兄弟によるテーマ曲『One Little Spark』が良いです!(ちなみにこの曲を聴くと「大きなうた」を思い出すのですが他にも同じかたいらっしゃらないでしょうか??)
新しいアトラクションに変わっていくフューチャーワールドの中でも昔からあるアトラクションというだけで価値があるかも。

 by のぞ 

日本にはフィグメントはいませんよね?
ここでしか会えないのがかわいいフィグメント(^O^☆♪
中では人間の五感を刺激されますよー!音楽は1日たっても離れません。笑
私達は夜に乗ったのですが全然混んでなくて!私達ともう1家族だけでした。笑
あまり混まないアトラクションなのかも…?
老若男女が乗れるアトラクションですよ(o゜∀゜o)

 by みーる 

意外と面白いですよー!

★★★★ 2016年4月に訪問

見たことのないキャラクターとよく分からないテーマのアトラクション、一見微妙そうって思いがちですが、乗り物の少ないエプコットですし一回乗ってみてください!初めは子供向きかなって思いましたが、意外と大人も楽しめると思います。

初めて見る恐竜?のキャラクター

フィグメントという、初めましてのキャラクターがメインです。まず、このキャラクターを知らなかってので「こいつは誰なんだ?」と疑問から始まりました。
アニメーションのフィグメントと本物の人間の博士みたいな2人のやり取りの映像を、目、耳、鼻、で楽しみます。
五感で楽しもう〜が全体のテーマみたいです。
音楽が独特なので耳に残りディズニーっぽいけど日本にはないって感じで楽しめました。
2人のやり取りはすべて英語、英語がもっとわかればもっと楽しいのに!って悔しくなりました。

 by n' 

エプコット
人気アトラクション ランキング

ランキングを見る ≫
data-ad-format="auto">

ウォルトディズニーワールドの旅行ガイド

クチコミ メニュー