上海ディズニーランド

バズライトイヤー・プラネット・レスキュー

Buzz Lightyear Planet Rescue
バズライトイヤー・プラネット・レスキュー
★★★★★ 4.62 (14件)


トゥモローランド

最新のターゲットシステムと光線銃が導入されたシューティング型ライド。東京版バズライトイヤーよりも圧倒的に狙いやすくなっており、的に当たったことが分かりやすくなっています。スペースクルーザーも新型車になり、ストーリーも上海オリジナルになっています。


クチコミ・感想(14件)

クチコミを書く
とても良い
10
良い
3
普通
1
悪い
とても悪い


世界最新型バズ!東京版経験者には楽勝??

東京版から進化しすぎて、知らないアトラクションになっておりました。笑
今回は自分的に気になった東京版との違いを中心にレポします!!

最新版バズ!東京に慣れたら余裕?

まず最大の違いは確実に当たり易くなったということですね。正面向かって右側の人が緑、左側の人が赤とハッキリとした色の違いがあるため、自分のポインターが非常にわかりやすいです。また、東京のものは点滅しますが、こちらのものはずっと光っております。見失うといったことも無さそうです。

そしてZマークの的ですが、東京版は真ん中にセンサーが付いておりど真ん中にポインターを合わせて撃たないと得点が入らなくなっていましたが、こちらではZマーク自体が全て液晶で、どこに当たっても反応するようになっていました。また、的もメンテ用にクローズverも有りました。

さらに、感度が圧倒的に上がっています。もちろんオープンしてすぐというのはありますが、東京版は銃によって感度に差があります。上海版は全くそういったことがなく、手応えも十分に感じるので、日本版より遥かに当て易く、面白みを感じられると思います。

的について

東京版は100点,1000点,5000点,10000点の4種類でハッキリと得点が明記されています。また、10回トリガーを引くと100点入りますので、0点ということもなくなっています。
一方上海版は得点が明記されていません。当たってみないと得点がわからないです。的自体は4種類で、ハッキリと違いではなく、外側のふちの部分の装飾が違うといった程度です。一応Qラインで説明があるのですが、中国語なため全く理解できませんでした。自分で確認したところ、10点、100点、1000点、1250点、10000点が入るものがあるということは確認できました。ただし、何発が当てていると急にチャージ完了!みたいな効果音と共に50000点が加算されていました。ちなみに3回ほど遭遇しました。

ここからは完全に憶測の域になってしまいますが、まず予想1は的を当てるごとに得点とは別にゲームでいうパワーのチャージのようなものがあり、それが満タンになるたびにボーナスとして5万点入るというものです。事実、途中のQラインの説明で4種類の的の映像があり、そちらで的によってゲージの溜まる量が違うみたいな図がありました。それを僕は得点と勘違いして小さいのを狙ったのですが、100点しか加算できないものもあり、違うなと確信しました。また、小さい的を連射してるときほど、5万点の加算は早かったです。

予想2としては隠し的として5万点のものがあるというものです。これは的によって何発目の得点は5万点になるという設定になっていれば、十分に可能性があります。東京版もこれがあります。ただし、東京版で去年1年間で500回以上乗っていますが、これに遭遇したのはたったの1回です。それが上海版では5回の乗車で3回遭遇(そのうち2回は同じ時に)というのは考えづらいかと思います。

KOZEEEEI式攻略法

正直、東京版より遥かに楽チンなので、的を外すということはほとんどありませんでした。普通に一般の方がやっても十分に当てやすいと思います。問題はどの的が高得点なのかということです。僕は片っ端からスコアを見ながら当ててって高得点の的のみを連射していくスタイルにしました。出来ればどの的が高得点かまとめたかったのですが、時間の都合上不可能でした。
唯一わかってオススメできるのは、最後の部屋に入るとザーグの奥の方で2体のリトルグリーンメンが四角い鏡を持っているというものがあります。こちらの鏡をよく見てると一瞬、鏡に逆向きのZマークが移ります。こちらのマークなんと鏡に反射して反応するようで当てると得点が入ります。1万点です。これ以外で1万点の的を見つけられなかったので、唯一の高得点的でした!

中国人は動いているものに乗るのが苦手。

どうも東京版に比べて乗ってる途中にめちゃめちゃよく止まるんですね。ホントになんでかなーって思っていたのですけど、中国人の方々はどうも動いているものに乗るのが苦手なようでさっさか乗り込めないんですね。本当に乗るときくらい、さっさと動いて喋ってないで乗れよ!って思いましたけど、まあその辺も国民性でしょうね。地下鉄とかショーのドアが開いた瞬間の場所取り合戦とかすさまじいのになんでかなーって思いますけど。笑

日本ではあり得ないですが、普通に一台飛ばしとかでキャストが乗せます!あとはわざと止めて満タンに案内するとかあります!!乗ってる途中に止まったらそれだなーって思ってください!

ちなみに降りるのはめちゃめちゃ早いので止まることはありません。笑

補足関連

・台数は全部で62台。日本版は81台であるため少し少なめ。62台目は日本と同じく車椅子用の特別車。
・FP対応のものではパークで1番空いている。朝は5分、ピークで40分ほど。基本は20分前後。
・日本とはコースも全く違う。演出も違う
・日本版は999999点が最高得点でそれ以上は加算されなくなっているが、上海版は無限に増えると思われる。事実、100万点超えても普通に増えた。

▼ 続きを読む
 by KOZEEEEI 

圧倒的に狙いやすくなった最新型バズ!当たった手応えが嬉しい

これはホントに感動しました。あんなに狙いにくかった光線銃がこんなに快適に操作できるようになるなんて!ポインターは見やすいし、的に当たったらバイブレーションするし、映像による演出も導入されているし、最新技術でこんなに生まれ変わるものなんだって感動しましたよ。

ポインターが2色で分かりやすい!

東京版のバズは2人とも赤色のポインターで、どっちが自分か分からなくなりますが、上海版は赤色と緑色に分かれています。このちょっとした工夫が最高に分かりやすい!革命です。

手応えが嬉しい!

ターゲットに当たると光線銃がバイブレーションするし、音がなるし、光るし、ターゲットも派手に光ります。これが気持ちがいい!ターゲットは映像なので演出が派手です。東京版とは比べものにならないぐらい当たってる感じがします。

小さいターゲットほど高得点

小さいターゲットや動くターゲットは高得点になっています。ちなみに、最後に出てくるザーグの胸にある青く光る部分も狙えます。

混雑具合

朝イチだと0分待ちで何周もできます。朝のトゥモローランドは空いています。昼以降は10~20分待ちぐらい。回転率がよいので基本的に空いています。

▼ 続きを読む
 by KABOSU 
data-ad-format="auto">

小さい子でも楽しめます!そして、アトラクションに乗り損ねたのはまさかの・・・

8月18日(木)8月19日(金)の両日に午前中に乗りました。

FPを使わなくてもいいかも

8月18日(木)は、午前中に大人4名+子供4名でスタンバイで乗りました。
9時10分頃で5分待ち以下でした。
 7:45 ソアリンのFP取得
 8:00 マイントレイン(5分待ち以下)
 8:15 ハニーポットスピン(0分待ち)
 8:25 ワンス(0分待ち)
 8:50 クリスタル・グロット(5分待ち以下)
 9:10 バズ(5分待ち以下)
そして、8月19日(金)は、8時45分頃0分待ちでした。回転が良いので、比較的FPを使わなくても乗れると思います。トロンのFPを取りに来たついでに乗ってしまいましょう。

アトラクションに乗り損ねたのはまさかの・・・

初日は、下記の順番でのりました。
 1番目:自分+4歳児
 2番目:友人パパ+3歳児
 3番目:8歳児2名
 4番目:ママ達2名
ところが、スタートして早速止まりました。KOZEEEEIさんの口コミを見ていて「中国人は動いているものに乗るのが苦手」とあったので、「あ、例のやつだ!まったく中国人は・・・」と思って後ろを振り返ると、乗り損ねていたのはまさかのママ達でした。

対決が面白い!

的にあてるのが、凄く簡単になっているので、3歳児でも5000点、4歳児で1万点くらい取れていました。8歳児になると:20万~40万点くらいの戦いになり、大人達は70万~100万点くらいの戦いになっていました。点数は、アトラクションをでてきたところで写真と一緒に表示されていてPhotoPassにもリンクできます。
東京版や香港版は、小さい子供達には難しいですが、これなら万人が楽しめますね!

▼ 続きを読む
 by KAZ 

高得点が取りやすい!オススメです😁

★★★★★ 2016年10月に訪問

待ち時間について

5分待ち案内でしたが、乗り場まで直行でした♪
空いてたので、FPは、どのアトラクションも取らずに乗れました♪

上海のバスライトイヤーは、日本で高得点取れなかった方もちょっぴり自信が付きますよ(笑)

レイザーの焦点が合わせ安いので、日本でさっぱりダメと思ってた方も是非試してみて下さい💕

フォトパスの写真に得点が表示されてるので、
日本や他の海外パークでは携帯に証拠写真を撮ってましたが、上海は大丈夫です😁

どんどん進化している上海に是非遊びに行って下さい😁

綺麗で最新 大満足出来ますよ😁

東京の口コミです(笑)
しょぼい得点でした!

アーリー15で稼働しているアトラクション/バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(TDL)
https://tdrnavi.jp/park/tdl/9578

前回上海での口コミです!
前回のが高得点取れました♪
的に当てるのが簡単で面白いオススメです( ´ ▽ ` )ノ/バズライトイヤー・プラネット・レスキュー(SHDL)
https://tdrnavi.jp/park/sdl/9984

東京版を語れるほど覚えてなかったのですが、なんか面白い!って感じでした笑。素人ですみません(^_^;)プロの皆さんのコメントを参考にすると、ポインターの色が赤緑の2色なので同乗者のと識別しやすいのと、的に当たった時の振動が気持ち良かったです!システム不調か何かで止まった隙にここぞとばかりに連射しまくりました笑。ただやっぱり人差し指がめちゃ疲れますねー。けど、オモロイ(^^)射的ゲーム好きにはたまらん( ̄▽ ̄)

 by Sui 

撃った感触がすごい!

★★★★★ 2016年6月に訪問

開園してすぐに向かうと5分待ち表示で、乗ってみると乗り場まで止まらずでした!!
銃は赤と緑で分かれており、自分がどこを狙っているかすぐわかります!!
そして、当たると振動があり当たった感触がすごい!!
日本のは当たったのかあまりよくわからないですが、上海のはすごくわかりやすいです!!
的は小さいほど点数が高く、わかりやすかったです!!
そしてこちらも映像がすごい!!
最新技術を使っています!!!
ぜひ乗って体験してもらいたいです!!

 by たいしゅん 

難しくない!誰でも楽しめる、快適なシューティングゲーム!

とっても簡単!

東京は的のど真ん中にあるセンサーに当てないと点数が入らない、当たったかどうか分かりにくい……シューティングゲームなどを経験したことがない方にとってはとっても難しいゲームだったと思います。
わたし自身、東京版では3000〜5000点ほどしか取れず「どうやったら当たるの!?」とイライラしてしまっていました。(笑)

しかし上海版は全く違う!的全体のどこに当てても点数が入り、的に当たると音とバイブレーションが手に伝わります!隣に座る人とガンレーザーの色が異なるので、自分の照準が今どこにあるのかわからなくなることがありませんでした。
とってもわかりやすい!!これならシューティングゲーム未経験の方も小さいお子さまも十分楽しめること間違いなしです!

FP対応アトラクションですが…

FPが発見できるアトラクションですが、スタンバイでも終日20分前後の待ち時間です。こんなに楽しいのになぜ…?と思わずにはいられないです。
せっかくFPを出すのであれば、他の人気アトラクションに回しましょう。
トロンのFP発券でトゥモローランドに行ったついでにフラ〜っと乗れてしまいます。

アトラクション内も最新!

ライドに乗り的を打ちまくれ!流れは基本的に東京と同じです。しかしライド内の光が鮮明でとても明るい感じがしました。さすが最新!
ストーリーも上海オリジナルと聞いていましたが、全く中国語が分からず断念。バズのミッションにわたしたちが参加する点は変わりないのかなと思います。

ライドフォトの撮影があります

ライドフォトに点数の表示があるので、乗り物のモニターで点数のチェックをし忘れてしまった!というときも安心です。
全然どこで撮られているのかわからず、最新ライドにただただ感嘆している表情が写っていました(笑)

▼ 続きを読む
 by S 

スタンバイは30分待ちでしたがFPを取得しました。
日本のバスライトイヤーのレイザーより
鮮明でわかりやすいレイザーになっている為
凄く簡単に点数を稼げました。

なので日本のバスライトイヤーより
断然上海版のバスライトイヤーのが楽しいです!

フォトパス対応アトラクションです!
自分の得点とともに写真がUPされます!!

1回目終了の後に2回目のFPを取得しましたが、
2回目はシステム調整だったのか?
突然クローズしてしまい、ゲストが逆戻りして
沢山出てきました。

スティッチが20分待ちでしたので、
スティッチのアトラクションキャストさんが、
スティッチへどうぞと呼び込みに来ました(笑)

▼ もっと読む

上海ディズニーランド
人気アトラクション ランキング

もっと見る ≫
data-ad-format="auto">

上海ディズニーリゾートの旅行ガイド

クチコミ メニュー

クチコミ ランキング レビュア ランキング