ディズニー・クルーズライン

トゥワイス・チャームド:シンデレラ・ストーリー

Twice Charmed: An Original Twist on the Cinderella Story
★★★★ 4.00 (4件)

45分間

マジック号

ディズニー映画『シンデレラ』の終わりから物語がはじまるミュージカルショー。新キャラクターのヴィランズ(悪役)が登場します。このショーではミッキーなどのディズニーキャラクターは登場せず、シンデレラのキャラクターだけで展開します。ウォルトディズニーシアターにて上演。


クチコミ・感想(4件)

クチコミを書く
とても良い
3
良い
1
普通
悪い
とても悪い


度肝を抜かれる迫力の舞台に大感動のラスト‼️シンデレラの現代版セカンドストーリー

シンデレラの継母にウィキッドフェアリーゴッドファーザーが現れて映画「シンデレラ」の結末を書き換えるオリジナルミュージカル。シンデレラの結末を現代人の感覚で書き換えた物語で、ウィキッドのようなサイドストーリーでも無く、シンデレラのその後を描いたものでも無く、みんながよく知っている話のラストを書き換える、という形がとられている点がオシャレです。
歌もダンスも衣装もセットも素晴らしく、自分は今までこのショーを観ないでよくショー好きの顔して生きてこられたなと恥ずかしくなるようなすんばらしいショーでした。

ストーリー

シンデレラが王子と結婚した後、継母達の元にウィキッドフェアリーゴッドファーザーが現れ、継母達の願いを聞き入れるべく、家来達がガラスの靴を持って家にやってきた時に時間を戻します。フェアリーゴッドファーザーの魔法でシンデレラが持っていたガラスの靴を壊し、シンデレラの姉の一人に家来達が持ってきたガラスの靴をぴったりに履かせます。シンデレラの姉はそのままお城に連れられて王子様と結婚することに。慌てたシンデレラはフェアリーゴッドマザーに美しい身なりに変えてとお願いしますが、フェアリーゴッドマザーは「あなたはそのままの姿で十分に美しい」と言い、シンデレラはそのままの姿でお城に向かいます、、、。

見どころ

見事な衣装とセット

物語はシンデレラの本を書き換える形で進行します。スクリーンに本のページが開くように映し出され、その中で実際のダンサー達が物語を展開するというスタートです。映像と実際のダンサーたちが見事に調和して、どこからが映像でどこからが本物か見分けがつきません。舞台機構もフル装備で、大迫り、中迫り、小迫り、ワイヤーアクション、ファイヤーアクション、プロジェクションマッピング等がシームレスに展開し、大道具の変化、衣装の引き抜き、客席やボックス席を使った効果的な演出などが次から次へと有機的に繋がって物語が展開します。ストーリーを度外視しても、やっているパフォーマンスそのものの内容が上質です。

ストーリーの現代的なアレンジ

「町中の娘全員にガラスの靴を履かせたら、いくらなんでもサイズが合う人は他にもいるだろう」「シンデレラが王子に会えば、貧しいの身なりのままでも、さすがに本人たちはお互いを認識するだろう」といった現代人であれば子どもでも疑問に思う部分が、この舞台では率直にストーリーに反映されて、この物語を面白くしています。善と悪、シンデレラと継母達、フェアリーゴッドマザーとウィキッドフェアリーゴッドファーザー、みんなが知っているシンデレラストーリーとアナザーストーリー。これらの相反する2つの概念が、あるときは舞台上でぶつかり合い、ある時はそれらが融合して物語が展開し、単なるシンデレラストーリーとは全く違うスパイスの効いた大人向けの内容になっています。
シンデレラというお伽噺の登場人物を、この物語では自分たちの隣にいそうな生身の人間として描いていて、人情味あふれるキャラクターがとても魅力的です。ニューキャラであるフェアリーゴッドファーザーも、オズの魔法使い風でいい味出してます。最後のあたりはシンデレラが魔法に頼らず自分自身で何かを成し遂げる「自立した女性」風に描かれており、そういう点でも現代的なテイストで面白い内容だと思います。
なお、王子が森でシンデレラを探すシーンでは、白雪姫がチョイ出して笑いを取ります。

感想

ショーとしての内容が本当に素晴らしいです。歌もダンスも衣装もセットも、クオリティが高い、という言葉では言い尽くせない質の高さですし、センスの良さもキラキラ光っている舞台でした。そのあまりの素晴らしさに心から感動しました。
同じクルーズショーの「ドリームズ」は素晴らしいショーですしキャラクターもたくさん登場するという点で人気ですが、そのどの場面も「どこかのパークで観たことある、ありがち」な内容だったのに対し、このショーはクルーズならではで、他のどのパークでも観ることはできません。
舞台全体がスタイリッシュで、エッジの効いたストーリーですし、「ドリームズ」と比べて英語力が求められるので、大人向けのショーだとは思います。ミッキー達も登場しません。そのためお子さんと一緒であれば「ドリームズ」の方が観やすいかもしれません。でも本当に素晴らしいショーですので、クルーズに乗った際は是非ご覧になっていただきたいです。

▼ 続きを読む
 by レオ 

最高レベルの完成度!いい意味で期待を裏切ってくれました!

DCL地中海2017での最初のミュージカルショーはTwice Charmingというシンデレラのショーでした。前日のBe our GuestのショーでDCLショーのクオリティの高さに驚愕しましたので、今回はしっかり場所取りを行い、かなりいい席で鑑賞しました!

シアター内は写真、ビデオ共に撮影禁止なので、写真はなしです。

もしガラスの靴がなかったら、。。

あらすじとしては、シンデレラのその後をベースにしたショーになっています。映画のシンデレラ3が元になってるそうなのですが、観てないのでわかりません。めでたしめでたしとなった、シンデレラのストーリーから「もしもガラスの靴がなかったら。、、、」と考えた継母がドリゼラ、アナステイシアと共に怪しげなマジシャン、フランコに時間を戻させます。そして舞踏会の後にシンデレラの持つガラスの靴を割ってしまいます。果たして、ガラスの靴なしで王子様とシンデレラは再び結びつくことが出来るのか!?
って感じです。

あのお馴染みのキャラクターたちも登場!

シンデレラや王子様、継母やドリゼラ、アナステイシアはもちろんですが、フェアリーゴッドマザーやガスガスなどなど、シンデレラのメインキャラクターは引き続き登場します!それに加え、新キャラのフランコが非常にいい味を出しており、目を引かれました!

演出、舞台セットが豪華。キャストの完成度も抜群!

まず感じたのは、演出や舞台セットがとても豪華なことです。1航海で2回しか上映しないにも関わらず、衣装や小道具はもちろん、プロジェクションマッピングを使ったり、絵本の世界とのリンクをしたりと、とても煌びやかでした!
そしてキャストさんの完成度は圧巻でした。ほとんどのキャラにソロの曲があり、主役以外の方も素晴らしい完成度ですごくすごく感動しました。特に継母、ガスガス、は歌唱力はもちろん、キャラクターへの入り込み方が抜群で観ていてすごく気持ちよかったです。

劇団四季を感じる舞台。お金を払っても観たい。

会場も小さいため、キャストとの距離も近いので、表情の1つ1つや一瞬の変化まで逃さずに見ることが出来ました。また通路もキャストが通ったり、劇団四季のような雰囲気を感じました。過去に世界中のディズニーパークのショーを見ていますが、その中でもトップ5にはいるクオリティと満足度でした。正直、そんなに期待してなかったのですが、大満足すぎるミュージカルで、別料金でも観に行きたいと思います。

▼ 続きを読む
 by KOZEEEEI 
data-ad-format="auto">

Re-magicされました

★★★★★ 2016年5月に訪問

今年の1月?2月? (うるおぼえでスミマセン……)に新しくなりました。(某有名クルーズサイトで調べてみると 5月の大西洋横断クルーズからのソフトオープン中で公式の御披露目が6月の12泊ブリティッシュアイルクルーズとのことです)
クルーズディレクターのクレイトンが、以前見たことある人も変わったから是非見てねー!と宣伝してました笑
お話しの内容は変わりませんが、新しい曲、メンバー、コスチューム、プロジェクションマッピング等のライティング、セット、笑えるとこが追加されました!
私個人としては新しい方のが好きですね。

 by a-pontan 

『シンデレラ』の続編アニメーションがベースのミュージカル♪予想外の感動が待っていました!

2012年9月にニューヨークから出港した
カナダ・ニューイングランド航路に乗船した時に初めて鑑賞しました☆

ストーリーについて

事前に予習していたわけではありませんが、アニメーションでいうと
OVAで発売された『シンデレラⅢ 戻された時計の針』のストーリーを
ベースにしているそうですが、登場するキャラクターは少し違っているようです。

誰もが知っている『シンデレラ』のお話。
シンデレラとチャーミング王子は幸せな運命を迎えましたが、
継母であるトレメイン夫人や2人の義理姉たちはというと…
といった時間軸でストーリーが展開していきます。

登場キャラクターについて

ヴィランズトゥナイトなどと同様に、ミッキーやドナルドなどのキャラクターは登場しません。
この作品に登場するのは「シンデレラ」の物語でおなじみのキャラクターたちです。

そんな中でこのショーだけに登場するオリジナルのキャラクターが、
魔法使いのおばあさん、フェアリーゴッドマザーならぬ
フェアリーゴッドファーザーという男性の魔法使い。

この魔法使いがどんな立場で登場するのかは…
実際のショーを見てからのお楽しみ☆

ショーの見どころ

シンデレラの世界が舞台になった作品ということで
舞台のセットや衣装などが非常に豪華絢爛です♪
また、アニメーション本編ではあまり登場しないプリンスチャーミングの
とっても素敵な一面を見ることもできました。

正直、事前情報からはあまり期待していなかったのですが
最後は感動して涙目になってしまうほどの展開で
いい意味で期待を裏切ってくれたショーでした!

▼ 続きを読む
 by にあぽん 

ディズニー・クルーズライン
おすすめショー ランキング

もっと見る ≫
data-ad-format="auto">

ディズニークルーズの旅行ガイド

クチコミ メニュー

クチコミ ランキング レビュア ランキング