カリフォルニア・アドベンチャー

ワールド・オブ・カラー

World of Color
★★★★★ 4.87 (30件)

パラダイス・ピア

世界最大級のウォータースクリーンと噴水が織りなす水上ショー。ディズニー映画の名場面が1200個の噴水と特殊効果で次々と登場します。前方エリアは濡れるので注意。鑑賞エリアのファストパス(入場整理券)はリトルマーメイドのアトラクション横(マップB)で発券できます。


ニュース・特集

クチコミ・感想(30件)

クチコミを書く ≫
とても良い
26
良い
4
普通
悪い
とても悪い


ダイニングパッケージ利用時の入場方法(2016年6月時点)

World of Colorを見るのは二回目だったのですが、今回はより良い位置で鑑賞したいと思い、ワインカントリートラットリアのダイニングパッケージを利用しました。
(※鑑賞日:2016年6月26日 21:00〜)

入場方法

まず並ぶ場所ですが、19時頃に各エリアの入場口を案内する看板が立ち始めます。
リトルマーメイドのアトラクションを背にして左から、
・Blueエリア
・デザートパーティエリア
・ダイニングパッケージエリア
(ワインカントリー、アリエルズグロット)
・ダイニングパッケージ
(カーセイサークル)
・Yellowエリア
の順です。

ワインカントリーとアリエルズグロット利用者は真ん中の「PREFERED DINING ENTRANCE」と書かれた看板の所にYellowエリアの看板の方に向かって並びます。
カーセイサークルレストラン利用者は入口が別になっていたので注意してください。

20時になると入場開始です。
キャストが先導するので走らずに前の人についていきましょう。

鑑賞エリア

他のエリアはよく見ていなかったのでわからないのですが、ダイニングパッケージのエリアは正面の最前、及び二段目でした。
ちなみに最前のエリアはWetエリアとなります。
私達は濡れるの覚悟で最前の柵前正面で鑑賞しました( ̄^ ̄)ゞ

混雑具合

入場開始時点でBlueエリアとYellowエリアはものすごく行列していましたが、ダイニングパッケージのエリアはかなり余裕がありました。
30分くらい経ってようやく後ろ(二列目)に人が来たという感じです。

正面最前で観るショーは圧巻!

前回は場所取り合戦に乗り遅れて橋の上から見ました。
それはそれで全体が見渡せて良かったのですが、やはり最前正面で観るショーは迫力が段違いです!
終始感動しっぱなしでした(ToT)
濡れるといってもトロスプや雅涼群舞に比べればただの霧雨です、気にせずいきましょう!

▼ 続きを読む
 by coozi 

ワールド・オブ・カラーのファストパス攻略法

あまりのスケールと美しさに涙腺が緩むこと間違いなしのショーです。ただ、最高の感動には最高の場所取りが必要です。アメリカ人は背が高いし、肩車攻撃が多発するので、日本人の僕らは何としても見やすい場所を確保したいところです。見やすい場所で観るワールド・オブ・カラーはホントに最高のひと言です!

場所取り方法

ワールド・オブ・カラーの鑑賞エリアは入場チケットがないと入れません。その入場チケットを確保する方法は2014年5月時点で3つ用意されていました。昔あったピクニックミールは廃止されました。

・FASTPASS
 → グリズリーリバーラン横の発券所で配布
・Carthay Circle Restaurant
 → コース料理で中央席チケットを提供
・Wine Country Trattoria
 → コース料理で予約席チケットを提供
(2014年5月のパンフレットより)

ファストパスの入手方法

無料で入場チケットを確保する唯一の方法がファストパスを発券する方法です。グリズリーリバーランの隣にあるファストパス発券所で入手できます。他のアトラクションのファストパスと連動していないので重複して取得できます。発券する時間帯によって「YELLOW」と「BLUE」の2種類のチケットが出てきます。この色によって入場できるエリアが違ってきます(下記のマップ参照)。ロジックは不明ですが、早めに発券するとYELLOWで、YELLOWが在庫切れするとBLUEになるのかもしれません。僕らは15時ぐらいに発券してYELLOWでした。YELLOWエリアはなかなか観やすいエリアでしたね。

予約席の入手方法

Carthay Circle RestaurantとWine Country TrattoriaでWorld of Color専用のコース料理を食べると予約席チケットを入手できます。この予約席は鑑賞エリアの中で一番観やすいとされる中央エリアに設定されています。コース料理は結構なお値段がするみたいなので予算に合わせてご検討くださいませ。

ファストパスの入場方法

ファストパスを取得して安心してはいけません。このファストパスは入場整理券というだけで、上演直前に入場すれば相当見にくい場所になる可能性は十分にあります。そこで重要になってくるのは「鑑賞エリアに出来るだけ早く入場すること」です!上演90分前ぐらいから入場待ち列が形成され始めて、上演60分前に入場開始します。入場開始時には既にかなりの列ができていますので、90分前を目安に待ち列に並んだ方がよいです。待ち列の場所は下記のマップを参照してください。

おすすめの鑑賞場所

ズバリ「柵前の最前列」です!最前列と言っても「ラグーン前の最前列」と「花壇前の最前列」があります。ラグーン前の最前列は大迫力ですが風向きによって猛烈に濡れるのでレインコートが必要です。花壇前の最前列はあまり濡れず全体が観やすいです。あと、視界を遮るスピーカーの柱があるので、それの正面にならないように場所取りしましょう。

再入場OK

場所取りした後に買い出しやトイレに行くことはできます。入場する時に回収されたファストパスを返却してくれるので、それで再入場しましょう。

最前列で観ることができれば感動は何倍も違うので早めに場所取りをしましょう。待っている間に食事をすれば効率的ですね。ぜひ現地でしか体験できない迫力を楽しんできてください!

▼ 続きを読む
 by KABOSU 
data-ad-format="auto">

ファストパスの発券場所が変更になったようです

鑑賞エリアへのファストパスの発券場所

ファストパスの発券場所が変更になったようです。新しい場所はアリエルのアンダーシー・アドベンチャーの隣です。画像参照。
英語マップは変更済みの場所が記載されていますが、日本語マップはまだ変更前のグリズリーリバーランの隣と書かれていましたので、要注意です。
(2017年9月追記:現在配布中の日本語マップには正しい配布場所が記載されています。)
ファストパスの仕様変更がありましたが、こちらのファストパスは今まで通りアトラクションの発券可能時間とは連動していませんので、アトラクションのファストパスと合わせて別枠で取得できます。

初鑑賞をどれだけ見やすい所で見られるかが鍵

このショーでどれだけ感動できるかは、正直初鑑賞をどれだけ見やすい場所で見られるかにかかっているかと思います。
自分は初鑑賞を花壇の前と比較的見えやすい場所で見られたので、感動して泣きそうになりましたが、見えにくい所だと感動も半減するかと。
最初からダイニングパッケージを利用するのも有効な手だと思います。

(ここから2017年9月追記)
と思っていたのですが、再訪問時にダイニングパッケージで最前列(濡れるゾーンです)で見たのですが、ちょっと微妙でした。
最前での個人的に感じた欠点は、噴水の噴き出し口が気になる、濡れるの覚悟で行ってもやっぱり実際に濡れたら気になる、至近距離すぎて全体がちゃんと見られない(これが多分一番大きいです)…。翌日も見る機会があったので、ファストパス鑑賞エリアの全体が見やすい位置にて観覧しましたが、そちらの方が良かったです。
もちろんこの辺りは個人差ですので好みの部分が大きいですが、絶対にダイニングパッケージで最前で見るべき!とも言えないのではというのが率直な感想です。一番安いダイニングパッケージでも税・チップ込で40ドル越えますので…。
(追記ここまで)

日本では絶対にできないショー内容

前項にもちらっと書きましたが、今までショーを見て泣きそうになったことなんてなかったですが、今回ばかりは本当に泣きそうになりました。
WDWのリフレクション・オブ・アース(エプコット)も感動はしましたが、泣きそうにはなりませんでした。数十メートルの火柱なんて、日本では絶対にできません!
絶対に良い場所で見ることを強くおすすめします。

▼ 続きを読む
 by ともっち 

ダイニングパッケージ利用時の鑑賞方法

★★★★★ 2017年4月に訪問

ダイニングパッケージ利用時の鑑賞方法

2017年4月27日8:15PM~
ワインカントリートラットリア利用
2017年4月28日9:45PM~
カーセイサークル利用

写真はおおよその位置関係です。

予約

現地でもできるようですが、時間と手間を省くため日本からサイトを通して予約しました。
パッケージ付きのレストランはワインカントリートラットリア、アリエルズグロット、カーセイサークルの3つです。
それぞれランチ、ディナーから選べますが、キャラクターに会えるためかアリエルズグロットのランチのみ3日前の時点で満席でした。(ディナーはキャラ出ないので気をつけてください)

入場場所

ワインカントリー(+アリエルズグロット)とカーセイサークルで入場場所が違います。
写真を参考にしてみて下さい。

入場時間

レストランで貰ったチケットには開始30分前から入場できる、と書いてあったので、
初日はその通りに行ったらウェットエリアの最前列がギリギリ取れるくらいでした。

翌日はそれを踏まえ、1時間前くらいから待機。
看板自体はもう立て始めますが、どこの列か表示がされたのは30分前くらいだったので、
やはり事前に地図で入場場所を確認しておいたほうがいいです。

1時間前の時点でワインカントリーの方はすでに待機列が出来上がってました。
カーセイサークルの方はガラガラで、キャストが鑑賞位置手前の階段の所で待たせてくれました。
これは初日に気合入れるべきだった…

鑑賞位置

ワインカントリートラットリア ウェットエリア最前列一択です。
水柱が大きく上がると、どしゃぶりの雨が降る感じで濡れます。
濡れるのが嫌なので100均のカッパを持っていき、終わったらゴミ箱へ捨てました。
カッパを着てる人は2、3人くらいでした。
この時期、夜は冷えるので寒がりの人はカッパ着たほうがいいと思います。

カーセイサークル ミッキーの顔とスピーカーが被る場所がメインスクリーンもサブスクリーンも綺麗に見えます。
それ以外だと、どこかしらでメインかサブスクリーンにスピーカーが被ります。
鑑賞エリアちょうど真ん中あたりで見たら、メインスクリーンど真ん中にスピーカーがきてしまいました。
この際、ミッキーの顔は諦めて下さい。
ちなみに車イス優先席用(予約席?)は床にテープが張ってあり、その中で待っているとキャストに注意されます。

総評

どちらかと言えば、ワインカントリーをお勧めします。
お値段的にもリーズナブルだし、最前列での迫力は圧巻です。
カーセイサークルはスピーカーさえ気にならなければ全体を眺めるのに最適です。

▼ 続きを読む
 by みう 

やっと見られた通常ver. 素晴らしすぎて涙出る

卒業旅行から約一年…60thを終えて、ようやく見られた通常版!感動と興奮の嵐でした!!
改めてクチコミします!

長くなりそうなので、1番下に簡単なまとめがあります。

World of Colorとは?

World of Colorは2010年〜カリフォルニアアドベンチャーパークのパラダイスピアで行われている、ナイトレギュラーショーになります。

ナイトレギュラーショーなので、季節や時期によって内容が変わることもあります。今回は通常版です。

どこで?どうすれば見られるの?

どこで?

上記にもあるように、カリフォルニアアドベンチャーパークの1番奥、パラダイスピアです。

噴水、ウォータースクリーンを使ったショーになりますのでその付近にいればどこからでも見ることができます。

どこで見られるの?鑑賞エリアとは?

鑑賞エリアは湖のちょうど正面に当たる部分、横に広がる生垣と段差のある広場のような感じ。

そして…この鑑賞エリアに入るには、World of Colorのファストパスを取らなければいけません…!!!

World of Colorファストパスとは

こちらは鑑賞エリアに入るためのファストパスで、これを持っていないと鑑賞エリアに入ることができません。

詳しくは前回のクチコミをご覧ください( ˘ω˘ )
Blueとyellowエリアや、列形成時の注意点なども述べてます。↓↓
https://tdrnavi.jp/park/dca/9538

ファストパスのBLUEとYELLOの違い

ファストパスを発券すると、yellowやBlueといった表示がされています。

実はこれ、鑑賞場所の指定になります。
この色によって入場待機場所が異なりますので注意!!前回より変更点がありました!

Blueエリア

アリエルのアトラクションを背にして左側。

前回との変更点ですが、真ん中の円(以前のダイニングパッケージ席)までBlueエリアに変更となっていました。⚠️詳細は画像にて解説

yellowエリア

アリエルのアトラクションを背にして右側

変更点なし。

今回は日程の中で2回見ることができ、どちらのエリアでも鑑賞できました。

ぶっちゃけどっちで見るのがいい?

ズバリ。間違いなくBLUEの円形広場の部分です。なぜこんなに推すのかと言うと、真正面から全てを見られるからです!

実はここ、以前はダイニングパッケージ指定の場所で、入ることができないエリアになっていました。なので、閑散期中の特例措置という可能性もあります。

ただし!ここの場所でも運任せな場所。円形広場のロープが張られている最前列に立てればほんとにラッキー…そしてなおかつ、その前の場所に超高身長な人が来なければなお良い…

とまぁかなり博打。

博打はしたくない。そんなあなたへ…

yellowエリアもBlueエリアも、目の前が花壇の場所を選びましょう。前に遮るものがなく、クリアに見ることができます。

Blueエリアは目の前花壇でも、丸い電灯が視界に入りやすいので注意して!後ろよりも前めで見た方が吉。

後ろから全体を眺めるのもいいですが、少し前に出て迫力を味わうのもとてもいいと思いました。正直前の人の頭も気になりません。

登場キャラクター

リトルマーメイド、ファインディングニモ、アラジン、ウォーリー、カールじいさんの空飛ぶ家、パイレーツオブカリビアン、トイストーリー、ポカホンタス、ライオンキング…その他諸々たくさん。

リトルマーメイド大好きなので、大好きなシーンばかりで初っ端から号泣。そしてライオンキングのシーンで号泣。

肝心の内容は?

ネタバレになってしまいますので詳しくは伏せます。ですがもう最高。

とにかく、水の使い方、照明、ウォータースクリーンの使い方、レーザー…もうほんとにすごい!
目が足りない。切実に目が足りない。

ウォータースクリーンで奥行きが出るって凄くないですか?レーザーの使い方一つで、あんなに幻想的な空間が作り出せるのってすごい。

割と横長に展開されるショーなので端から見ても大丈夫!

正直本当にどこから見ても素晴らしいショーです。これを見るためだけにカリフォルニアに来てもいいと思うくらいです。現地の方羨ましい…

まとめと余談

長々と述べて来ましたが、さらっとしたまとめ。
面倒な方はこちらだけ読んでも伝わるようにまとめました。

・絶対見るべきショー
・開催はカリフォルニアアドベンチャーの方
・レギュラーショーなので大体毎日やってる
・ダイニングパッケージ席あり
・鑑賞エリアで見るにはファストパスが必要
・yellowとBlueエリアがあり、入場待機場所が異なるので注意
・列待機は2時間前から可能。入場は1時間前位
・個人的にはBlueの真ん中円形広場で見る推し
・そこが取れない場合目の前が花壇の場所を確保
・少し濡れてもいいなら前の方で見て欲しい

余談とはなりますが、私が行った時はダイニングパッケージの他にデザートパーティー席が設けられていました。ちょっと高さのある椅子と机で、デザート食べながら見るみたいでした。
そのため後ろ側は閉鎖…こんなこともあるので注意です( ˘ω˘ )
ま、そんなことはさておき。

長々とすみませんでした。
これから行かれる方のお役に立てれば嬉しいです。どうか素敵な思い出になりますように…

▼ 続きを読む
 by すだし*10月上海11月WDW 

ダイニングパッケージ利用時の注意点

★★★★★ 2017年7月に訪問

2017年7月にダイニングパッケージ利用しました。他の方の書かれている通りですが、以下補足情報です。

公式サイトからの予約となりますが、予約時は食事する人数のみ関係します。キッズメニュー等は現地受付時に知らせます。家は、大人2人、子供1人、幼児1人でしたが、3人で予約しました。 食事終了後、会計時に予約席のファストパスが貰えます。そのため、予約時間は、あまり関係がありません。 WoCは、開始30分前ぐらいに予約席に行っても、なんとか最前列が確保できました。(ファンタズミックは同じダイニングパッケージでも入場開始前から並ばないと最前列は難しいてす。)

以上、補足情報でした。

子供連れの場合、ダイニングパッケージの利用を強烈に薦めます。

 by zawa57 

勝手に涙が出てくる

★★★★★ 2015年9月に訪問

勝手に涙が出てくる

念願だった60周年verの「World of Color celebrate!(以下WoC)」見てきました!
60周年のWoCについて酷評の方がいらっしゃいますが、自分は本当に感動しました。終始涙が止まらず歓声をあげてしまいました。あくまで個人差がありますので誇張は出来ませんが、60周年verも本当に素晴らしいショーでしたよ!(ちなみに通常verのWoCも鑑賞したことがあります。)
少しでもご参考になればと思い投稿します。

従来のWoCと60周年verのWoCの違い

従来のWoCはディズニーアニメーションやキャラクターをメインに、ストーリー性等は無く、シーンに合わせて噴水やウォータースクリーン、光、炎、その他特殊効果で魅せる内容になっているので、とても見やすいものになっていたと思います。誰もが感動出来るショーでした。
一方今回の60周年verは、従来のものには無かったストーリーがあります。東京のワンスアポンアタイムのようなものと言えば分かりやすいでしょうか。ポット夫人の語りに合わせてショーが構成されていますよね。そしてウォルトディズニーの人間そのものが好きな人にとってはとても感動する内容になっているかと思います。
現地では知名度のある俳優がホストを務めその俳優がウォルトにまつわるストーリーを語り、そのストーリーに沿ってショーが構成されます。一連のストーリーではなくブロック分けのような構成になっていて、ミッキーの誕生・ディズニーアニメーションの生い立ち・ディズニーランドの誕生など、ウォルトディズニーが今までに残した功績などを讃える内容になっています。
ホストが語るストーリーはもちろん英語ですが、英語が分からずともシーンで十分理解出来ます。
また今回は観覧車の大きなミッキーのシルエットにもマッピングが施され、従来よりもショーのキャパシティが若干大きくなっています。
個人的にはディズニーランドのブロックが感動しましたね。馴染みのある音楽に合わせてアトラクションの名シーンがウォータースクリーンに映し出されます。

簡単に言うと従来のWoCが「ウォルトディズニーが贈るショー」、今回のWoCが「ウォルトディズニーに贈るショー」といったところでしょうか。
ウォルトが残した功績や名誉をcelebrate!の名前の通り祝福しようというものです。

ファストパスの取得について

(ファストパスで対象になる鑑賞エリアはYELLOWとBLUEになります。鑑賞エリアから正面を見て右側がYELLOW、左側がBLUEです。ちなみにYELLOWとBLUEの間のセンターエリアは、特別なディナーパッケージ等を予約利用した人だけが入れるエリアになりますので一般のゲストは入ることが出来ません。)
※鑑賞においてのおすすめエリアはYELLOWです。
土曜日の朝開園後すぐに取りに行った際、鑑賞エリアBLUEのFPが発券されていました。
一方月曜日の開園2時間後に発券するとYELLOWのFP。早ければ早いほどYELLOWエリアのFPが取れる訳でも無く、平等にする為に時間を問わずランダムで発券されているようですね。2分の1の運に賭けましょう!逆に言えば現地への到着が遅れてしまっても全然YELLOWで観れるチャンスがある訳ですから、迷わずFPを取得するべきです。
※このWoCのFPに限り他のアトラクションとのFPの連携が行われていません。WoCのFPを取得後、すぐにまた別のFPを取得出来ます。

発券場所は他の方の言うように「Grizzly river run」というアトラクションのFP発券機の一部がWoC専用の発券機になっています。入園してしばらく真っ直ぐ進むと右側に大きな岩山から流れる滝がありますので滝が見えたらそこが入口です。

FPを取得したら

ショーの時間までたっぷり遊びましょう!
※但しFPを取得したからと言って油断は禁物!
FPはあくまでエリアの入場を保証するものであって(いわば入場券)良い場所で観れるとは限りません!ショーのスタート時間より1時間前に各エリアの待ちエリアに戻って来るよう記載されていますが、記載の内容に従って1時間前に指定の待ちエリアに行くと既に人が溢れています。
自分が行った時はYELLOW、BLUE共にショーのスタート時間の2時間前からキャストがなにやらラインを作りはじめ1時間半前からアナウンスを始めていました。
★各エリア、より良い場所で観たいのであれば
FPの記載がBLUEの場合…リトルマーメイドのアトラクションの出入口付近
FPの記載がYELLOWの場所…「Golden Zephyr(ゴールデンゼファー)」という銀色のロケット?がくるくる回る2階層のアトラクションの出入口付近
にとりあえず必ず2時間前には行って下さい。
キャストが立ち始め何か列というか待ちが形成されるのですぐに分かると思います。形成されたらそこに行けば大丈夫です!
アメリカ人は日本人ほど我先に精神が無いというかショーにかける熱意が日本ほど無いというか…何かと寛大な方が多いですので2時間前に行けば待ち列もかなり前の方で待機出来ます。待ち列の幅も広いので前に行こうと思えば行けます。自分は最前で待機出来ました。(ただズル込みはマナー違反なのでやめましょうね。許容範囲内で…)
1時間前になると待ち列のロープが解放されますのでそこから鑑賞エリアに入ります。
エリアに入ったら素早く場所を取りましょう。

鑑賞エリアは階段状になっています。
シーのミッキー広場と違い4段くらいのフロアに分かれていてどこからでも比較的見えますがやはり周りはアメリカ人ですから大きな方々ばかりです。また日本ほどキャストの注意も厳しくないので、ショー中に平気で子供を親の目線より高く抱き上げたり肩車をしたりします。
待ち列の前の方で待機出来て且つ早くエリアに入れたら、素早く柵がある各フロアの最前をとりましょう。柵の前に大きな人が立っても自分が立つフロアの方が高いのでしっかり見えます。

オススメの場所

前の段のフロアに行けば行くほどショーの迫力は増しますが、風向きによっては尋常じゃないくらいの水が掛かります。一番前の段のフロアには「Wet Zone」との看板があり、夏イベのショーに匹敵する程びしょ濡れになります。
迫力が尋常じゃないのでびしょ濡れになってでも自分はここをお勧めしますが、逆に濡れずに迫力あるショー全体を鑑賞したいとのことであれば後ろの段にいけばいくほどそれが可能になります。
迫力と共に掛かる水の量も多いことを頭に入れておいて下さい。
でも自分はWet Zone、またはその後ろの段での鑑賞をお勧めします!だってせっかく来たんですから!!!迫力だって日本じゃありえないですよ!濡れたくないようだったら後ろの段に下がるのではなく、カッパを着ましょう(笑)実際カッパを着てる現地の人も多数いました。

…と、長文になってしまいましたが自分なりにまとめてみました!参考になれば幸いです。

▼ 続きを読む
 by tkmickey 

素晴らしい!! ※水濡れ注意!

★★★★★ 2014年10月に訪問

10月に行ってきました。World of Colorは今回で2回目。
前回は場所取りも出遅れ1時間弱前で前の方はほぼ埋まってしまって、あまり見えませんでした。リベンジも兼ねて、今回はディナーパッケージ予約で優先席チケットを貰うことにしました。優先席といってもどれくらい人が埋まるかの予想がつかなかったので一応40分前に行くとガラガラで、ど真ん中の最前列を確保。ついにWorld of Colorが始まり、出足から鳥肌が立つほど素敵な音楽、噴水がカラフルなライトに照らされとても幻想的で、その素晴らしさに涙が出そうでした。今回はビデオを撮ろうと思い準備満タンでセットしていましたが、始まると予想以上の水が。。。途中からはレンズが水しぶきで濡れてしまい、後で見直すとあまり見えませんでした。ビデオに残したい方は少し後ろから鑑賞した方が良さそうです。
ただ、最前列から見るWorld of Colorは今まで見た中で最高に感動的で素晴らしいショーでした!

 by keiko 

時間&席取り

★★★★★ 2013年に訪問

World Of Colorは、皆さんに一生に一度はぜひ見て欲しいショーです!噴水の動きと色の君合わせ、音楽、プロジェクション、そのテーマに合わせたシャボン玉や火の使い方は芸術です!でも、それを楽しむのには段取りが必要です。まずは、カリフォルニア アドベンチャーに着いて、真っ先に行ったほうがいいのが Grizzly Bear Rapidsって言う乗り物の隣に、World Of Colorのファストパスを取れる場所があるのでそこでファストパスをとります。毎日2回やるんで、その中の一つが当たると思いますが、なるべく早く取りに行ったほうがいいです。後、冬の間は日がくれるのが早いので、ショーの時間は 早めで、夏の間は遅めの時間です。その時期によって2回ショーを行います。もし、Disneylandのほうにも行くのであれば、Disneyland では 9:00 と 10:30にリバーズオブアメリカで、 ファンタズミックをやるのでタイミングが合えば両方見るのは余裕で可能です!

World Of Colorは、ショーの一時間か30分前には、入れてもらえるので、けっこう早めに並んだ方がいいです。このショーはファンタズミックと違って皆立って見るので、小さいお子様ずれの方は、なれべく前の方がいいと思いますが、wet zone って言って、一番前は濡れるので気をつけてください!私がよくやっていたのは、先にせきをとって、席を確保した後、友達か、私が食べ物を買いに行き、ショーが始まるのを待ちながら夜ご飯を食べたりしてました。地図にあるAのマーカーが一番前で、濡れる席です。Bのマーカーがある場所は段差みたいな階段になっていてそこからも見えます! Cのマーカーの所は、プラントがあって小さいフェンスがあるんで、その前には誰も立たないので一番よく見えます!

▼ 続きを読む
 by Kachuchu 

場所取りが重要!

★★★★ 2017年6月に訪問

ファストパスは9:30くらいに取りました。
ブルーエリアでした。
一時間半前くらいに行くとロープで整列場所を作っている所でした。
出来上がりを待っているとあっという間に整列します!
なんだか殺気だっていました(;・∀・)
外国人とて場所取りは必死なんですね。

車イスの方が場所ついたあと、開演の30分くらい前になり中に通されました。
柵の前を取れたのですが、なんと!
ショーが始まると、メキシカンの子供達が柵のサイドにある塀によじ登り視界が遮られてしまいました(;o;)
しかも、ちゃんと見てくれるならまだしも、ショーに集中していず、あっちみたりこっちみたり。
おかげでステージはほとんど見えませんでした。
日本と違い、周りのことはお構い無しみたいなお国柄のようです。

ただ、ショーは見えないながらも、迫力のある内容でした。
次があるのかわかりませんが、次は濡れるの覚悟で最前線に行こうと思いました。

皆様、場所取りは細心の注意を払って良い席を確保して下さい!!

 by 北のプーさん 
▼ もっと読む

関連リンク

カリフォルニア・アドベンチャー
おすすめショー ランキング

もっと見る ≫
data-ad-format="auto">

カリフォルニア・ディズニーリゾートの旅行ガイド

準備ガイド ≫

クチコミ メニュー

ランキング:クチコミ ランキング:レビュアー