【TDS】新アトラクション「ソアリン」の建設予定地を検証!シアターは何個設置できるのか?

【TDS】新アトラクション「ソアリン」の建設予定地を検証!シアターは何個設置できるのか?
画像: www.tokyodisneyresort.jp

東京ディズニーシー(TDS)に2019年度オープン予定の新アトラクション「ソアリン」において、シアターが何個設置できそうか調べてみました。(写真5枚)



data-ad-format="auto">

なぜシアター数を気にするのか?

ズバリ、このアトラクションは回転率が悪いからです。シアター数が多ければ多いほど、混雑が緩和します。フロリダ版のソアリンでは2シアター体制でしたが、混雑に耐え切れずシアターを増設して、3シアター体制になりました。

なので、東京ディズニーシーのソアリンが2個なのか3個なのかは、世界中が注目する事案なのです。では、調べていきましょう。

2シアターならどうか?

画像: www.google.co.jp

ピンク色の四角形が既存のソアリンの1シアター分の大きさです。建設予定地は、ハーバーショーのバージ(船)を管理するバックヤードになっていますが、2シアターなら十分に収まる感じです。まあ、バージの作業スペースがかなり圧迫されるので、船スタッフの方々は、まあまあ不満かもしれません。

3シアターならどうか?

画像: www.google.co.jp

3シアターは、かなり厳しい雰囲気になりました。船スタッフの方々の不満の声が聞こえてきそうです。と言うか、シアター3のせいで通れませんからね。

シアター3の場所を変えてみる

画像: www.google.co.jp

こっちの方が、まだ収まりがいいですね。でも、シアター3付近は作業スペースが狭くなって不便になりそうです。

シアター3を飛び地にしてみる

画像: www.google.co.jp

バックヤードの道路をまたぐというウルトラEです。これはないね。

結論: 3シアターは厳しい

ということで、シアターは2個になるんだろうと思います。シアター数は2個にして、所要時間を短くするしかないですね。または、驚異の高速入れ替えオペレーションが開発されるのかも!?




東京ディズニーリゾート
準備ガイド ≫

東京ディズニーシーの関連記事

もっと読む ≫
data-ad-format="auto">

新着記事

もっと読む ≫
data-ad-format="auto">
ブログ ≫