Resort Information
TOMOMI
クチコミ:27 参考になった:369

ディズニーランドパリでの免税申告

★★★★ 2017年12月に訪問

初めてのフランス旅行。調べていたら免税申告するとお金が戻って来る❣️という事でやってみたのでご紹介します。

フランスでの免税

フランスのお買い物は、日本の消費税に当たるTVA付加価値税が減免されます。一つのお店で総額175€以上(店により異なる場合も)の買い物をした場合に限られます。「免税」はフランス語で「Détaxe」です。

ディズニーでの免税

ディズニーリゾート内で総額が175€以上になると受けられます。但し1日の中でになります。
結構な金額なのでお買い物は1日にまとめて買ってこの免税手続きを受けてきました。

ディズニーでの免税手続き方法

お買い物が終わったらディズニーランドのシティホールへ行きましょう。「Détaxe」とおねがいするとすぐにわかってもらえました。

今日1日に購入したレシートを渡す パスポートを提示する 払い戻し方式(現金、クレジットカード振込)を伝える

以上で書類を作成してもらえ、終わると販売明細書と控えと返信用の封筒を受け取ります。空港に行ったら青いところに行ってこの封筒を渡してね!みたいなことを言われたました。

空港での免税手続き

空港に着いたら「Détaxe」の青い看板を探してみるとすぐに見つかりました。
Pabloと言う端末機を使って手続きをします。

パブロの使い方

タッチスクリーンで言語を選択します(日本語もあります) 販売明細書のバーコードをかざして読み取らせると緑色のスクリーンに「OK 認証済免税証」と表示されれば、認証手続き完了です

窓口での手続き

パブロで認証手続きがうまくできなかった場合にはこちらで手続きが必要なようです。私はよくわからず、両方で手続きしました。窓口でも空いていたのですぐに終わりました。

払い戻し手続き

クレジットカードでの払い戻し

ディズニーでもらった封書に書類を入れて専用のポストに投函すれば終了し後日振り込まれるようになるようです。

現金での払い戻し

私は現金で受け取りを希望したので、このあと払い戻し手続きをしに行きました。
免税手続き用紙を空港内の両替所「Travelex」に提出すると、払い戻しが日本円にて受けられます。新札で3000円と50セント。なぜか端数はドルで戻ってきました。

感想

もう少し戻ってくることを期待していましたが3000円と言う結果でした。それでも貴重なお金ですので、お買い物を「まとめてする」というのが面倒でなければ手続きは簡単で早いのでやってみるのもアリかと思いました。
手続きは翌日になるとやってもらえなさそうだったので、購入した当日に手続きして下さいね。

10
当日に購入したレシートを持ってシティホールへ!1番右にあるレシートのようなものが免税書控えになります

当日に購入したレシートを持ってシティホールへ!1番右にあるレシートのようなものが免税書控えになります

この封筒に入れてくれます

この封筒に入れてくれます

Detaxeの看板を頼りにディズニーランドで教えてもらった青い看板を探します

Detaxeの看板を頼りにディズニーランドで教えてもらった青い看板を探します

ありました!

ありました!

パブロ機で手続きができ日本語も選べます。このあと窓口に出てきた印刷物を渡してスタンプをもらいましょう

パブロ機で手続きができ日本語も選べます。このあと窓口に出てきた印刷物を渡してスタンプをもらいましょう

次はこちらの掲示板を頼りに免税分を受け取りに行きます

次はこちらの掲示板を頼りに免税分を受け取りに行きます

リゾート情報
空港内の一番奥にありました

空港内の一番奥にありました

ここで返金してもらいます

ここで返金してもらいます

日本円で3000円とアメリカドルで50セント戻ってきました!

日本円で3000円とアメリカドルで50セント戻ってきました!

 by TOMOMI 


リゾート情報の感想

広告
data-ad-format="auto">

リゾート情報の情報

ディズニーランド・パリの旅行ガイド

クチコミ メニュー