レオ
クチコミ:46 参考になった:582

無理をしてでも来て欲しい。年パスホルダー必見のショー

★★★★★ 2018年2月に訪問

マジックアクセスのプラチナとゴールドメンバー限定のイベントで、告知は2週間前。完全事前予約制で、たった4日間しか開催されないイベントです。結論から言って、ものすごく感動しました。長年ディズニーファンをやってて良かったなと、しみじみ感じてしまうような、心に深く強く残るイベントでした。
年パスを持っている方は、せっかくの機会ですので、多少無理をしてでも体験して欲しいイベントだと思います。

内容

ディズニーソングのコンサートで、ダンサーとキャラクターが歌を盛り上げます。二人の司会進行に沿って、ディズニー映画の名曲がシンガーによって歌われるのがメインのショーです。時間は約20分強。

予約

年パスサイトから予約します。同伴者も同時に予約できますが同伴者も年パスを持っている必要があります。1人一回しか予約できません。

曲目

ホール・ニュー・ワールド(アラジン)
くまのプーさんメドレー(プーさん)
カラー・オブ・ザ・ウィンド(ポカホンタス)
いつか夢で(眠れる森の美女)
ハウ・ファー・アイル・ゴー(モアナ)
トライ・エブリシング(ズートピア)
フィナーレ(ホール・ニュー・ワールド)

座席

ステージを中心として扇型にパイプ椅子の席が配置されています。大きくない会場ですし、ダンサーたちはステージを所狭しと隅から隅まで使うので、当然センターがオススメですが、そうじゃなくても楽しめると思います。
なお、パビリオン内は段差がないため最前列も最後列も高さが同じなので、早めに並んで最前列で見ることをお勧めします。

見どころ

7人編成のバンド生演奏と4人のシンガーがディズニー映画の名曲を歌います。目を閉じて聞いているだけでも十分に満足できる素晴らしい演奏と歌でした。
歌に合わせてその映画のキャラクターがたくさん登場するので、もっと子ども向けかと思っていましたが、どちらかといえば硬派で大人向けの内容でした。仮説ステージとパイプ椅子がステージと客席の一体感を作っていて、ライブハウスに来たような臨場感でした。

感想

スタイリッシュな構成と演出で、ミッキーもミニーもダッフィも出演しない。日本にはない大人ディズニーの魅力が満載で、洗練されたライブエンターテイメントの迫力と説得力がありました。
心の奥に染みる曲の数々に本当に感動しました。

震えるほどの感動ってなかなか味わうことが無いと思いますが、今日はそれを感じました。これだから香港ディズニーファンをやめられない、改めてそう思いました。

急にイベント告知されるので、正直来にくいと思います。でも香港なら頑張れば日帰りや一泊二日でも十分に来ることができます。楽しむためなら、たまにはそれくらいの気合を入れても良いと思いますし、そんな苦労は完全に忘れて余りある感動を十分に味わうことができます。本当に来て良かったと思えるイベントでした。

13
ライブハウスの迫力

ライブハウスの迫力

パビリオン入り口。

パビリオン入り口。

このバンドを事前にゲート前のチケットボックスで引き換える必要があります。

このバンドを事前にゲート前のチケットボックスで引き換える必要があります。

2人のホストが進行を進めます。

2人のホストが進行を進めます。

生演奏。オーケストラボックスが後ろにある珍しいつくり。

生演奏。オーケストラボックスが後ろにある珍しいつくり。

生演奏の迫力満点

生演奏の迫力満点

マジックアクセス・パーティー
マジックアクセス・パーティー
マジックアクセス・パーティー
マジックアクセス・パーティー
参加型の曲もあります。

参加型の曲もあります。

フィナーレはみんなで大合唱。

フィナーレはみんなで大合唱。

パビリオン内はこんな感じ。パイプ椅子です。

パビリオン内はこんな感じ。パイプ椅子です。

 by レオ 


マジックアクセス・パーティーの感想

広告
data-ad-format="auto">

マジックアクセス・パーティーの情報

香港ディズニーランドの旅行ガイド

クチコミ メニュー