アニマルキングダム

アバター・フライト・オブ・パッセージ

Avatar Flight of Passage
New
アバター・フライト・オブ・パッセージ
画像: Tomoyaさん
★★★★ 3.80 (2件)

パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター

映画『アバター』に登場したバンシーの背中に乗って、惑星パンドラの上空を飛ぶスリリングなライドアトラクション。2017年5月27日オープン。


ニュース・特集

クチコミ・感想(2件)

クチコミを書く ≫
とても良い
2
良い
普通
悪い
とても悪い

ソアリン+3D+TRONのようなハイブリッド大型アトラクション誕生!オープニングから大絶叫!

アバターフライトオブパッセージとは

2017年5月27日に公式オープン予定のアニマルキングダムの新エリア、Pandora the World of Avatar のメインアトラクション。WDWでは久しぶりの「Eチケット」アトラクションのオープンと言われ、ファンの中で期待が高まるなか、あまり前情報が公開されずにいた、ディズニーとっておきの大型アトラクション。映画アバターに出て来た「バンシー」と言うカラフルなドラゴンに乗って惑星パンドラの空の旅への冒険が始まります。

ファストパス

パンドラの2つのアトラクションのファストパスは同じ日には取れない仕組みになっています。僕の経験からだと、このフライトパッセージの方が圧倒的にファストパスの取得が難しい気がします。ちなみにファストパスで入ると、いくつかあるキューラインの見どころが見れない事も念頭においたほうがいいと思います。

【以下ネタバレ注意!!!】

色々景色が変わるキューライン

当アトラクションのキューラインはパンドラの様々な場面を見せてくれます。洞窟から夜の夜光性の森、そして地球人の基地まで、それぞれの見どころがあります。長くなる待ち時間を飽きさせない工夫がされていますが、1番の見どころは、試験管の様な大きなチューブの中で眠っているアバターでしょう。驚くほどの動きをしてくれますので、この点をお見逃しなく!

プレショー

プレショーでは16名のゲストが小さな部屋に入ることになります。このプレショーなんですが、本気で故障しているのか分かり兼ねた場面がありました。違う日に訪れた同僚も同じ様な体験を、同じ部屋でしていたので、こう言う流れなのかと思うんですが…僕はこの部屋を出るのに7-8分で済んだところ、同僚は15分以上かかったと言うので、その点も謎です。ただこのプレショーはインタラクティブ的な要素があったり、自分にそっくりのアバターを見れたりするので、楽しい要素も結構あります。

どんなタイプのアトラクションなの?

簡単に言うと最近流行りの3Dアトラクションです。ソアリンを3Dグラスをかけて、上海ディズニーのトロンの様なものに跨って体験すると言うと少しは想像が湧いて来ますでしょうか?色々なアトラクションがコンビネーションしているハイブリッドなアトラクションと言ったら良いかもしれません。実は結構激しく、僕は首の筋を変えてしまいました(汗)。と言うのも僕は途中から酔ってしまい、アトラクションの動きに逆らってしまったせいだと思います。決して危険なものではありません。

乗り物酔いに注意

僕はかなり乗り物酔いになりやすい体質ですが、酔い止めを飲んでいたにもかかわらず、ショーの後半から酔ってきてしまいました。でも、今までで1番乗り物酔いが酷いアトラクションと言うことではありません。僕の乗り物酔いの目安を書くと、全く駄目なのは、ハリーポッターForbidden Journey、ドラゴンチャレンジ、シンプソンライド、ミッションスペース、ロックンローラーコースター、エクスペディション エベレスト。少し駄目なのがスターツアーズとトランスフォーマー。その他のスルリライドは大好きです。当アトラクションはスターツアーズよりかは酔いました。酔いやすい方は覚悟をして挑んだ方がいいと思います。ずっと風が顔に当たるようになっているので、少しは助けになったかと思います。でもこのアトラクション、長いんです!酔った僕にはもう少し短くてもいいくらいでした。(汗)

回転率が悪いと言う噂

5つあるシアターのうちの2つしかこの夏は稼働しない、との噂も流れています。一度アトラクションが始まるとかなり長いので、回転率がいいアトラクションとは言えない気がします。公式オープンするとどれだけの待ち時間になるのか想像がつきません。でも並んで体験する価値はあると思います。

感想

色々ネガティブな事を正直に書いてしまいましたが、アトラクション自体は面白いんです!僕は酔う前の2,3分間は周りのゲストと共に大声をあげて楽しんでいました。何と言ってもアトラクションのオープニングの導入部分が素晴らしいです!こんな始まり方か!って思いました。ここでは敢えて詳しく書きませんが、乗り物酔いを考えても、最初の導入部はまた体験してみたいと思いました。映画の内容とも合っていました。ただ映画を見ていない方でも楽しめる内容になっていますし、惑星パンドラの水や匂いまで感じる事ができます。パンドラの空からの景色とスリルの両方を体験できる世界唯一の新アトラクション、WDWに来たら必ず体験していただきたいオススメのライドです。

▼ 続きを読む
キューラインは屋外から始まります。待ちに待った「Eチケットアトラクション」の期待にワクワク感が止まりません!自然と足が速ってしまいました! 少し高くなった場所からの見晴らしも素晴らしいです。 映画で見た景色だー!!! 洞窟のようなところに入って行きます。 色々な壁画が描かれています。 Na'vi の手形も。 バイオルミネーセントの洞窟に入って来ました。 アバター・フライト・オブ・パッセージ どんどん景色が変わっていき、待ち時間も飽きないように作られているようです。 プレビューの為、列がどんどん進んでいきます。写真も慌ただしく撮ってサクサク行かないと…正直もう少しゆっくり見たかったです。 いきなり基地の中の研究所のようなところに場面が変わりました。ダイナソーのキューラインに雰囲気が似ていました。 基地のフロアガイドもありました。 このアバターのアニマトロニクスを、見逃さないでいただきたいです!水の中に浮かんでいて、赤子のような動きをするんです!これは凄い!尻尾も自然な動きをします。流石にみんなここで立ち止まってしばらく見ていました。実はビデオも撮ってありますが、是非ご自分の目で見ていただきたいです! アバター・フライト・オブ・パッセージ ファストパスで入ると、最初の洞窟に入った後にこのような基地に入り、プレショーの直前(次の写真)まで一気に進む事になります。長く待つのも辛いですが、キューラインのエリアを見れないのも少し残念。 プレショーの直前です。地下通路の様な廊下。ここで15分くらい待たされました。プレショーの2日目だった為、故障も十分にあり得ます。ここまで来てもアトラクションに乗れる保証は無かったので、時間が永遠に感じました。 このアトラクションの3Dグラスはこんな感じです。 最初のプレショーの画面。このプレショーの部屋で、しばらく数分間何もなく待たされ、全員が不安に…。壊れたか?毎回何かで待たされる度に頭にそれがよぎります。 2つ目のプレショーでは、どのような物に乗るのかヒントをもらえます。バイクのように跨って乗るアトラクションのようです。 初公開、アトラクションの内部!真ん中を挟んで16人が横に並ぶかたちに乗り込みます。 自分の指定された番号のシートに座る事になります。上海ディズニーのトロンライドを思い起こさせます。シートに座ると不思議な感覚に。これも実際に乗られてからのお楽しみ! コックピットにも注目してください。おもしろい事が起きています。実は座った後もキャストさんが慣れていないせいか、5分くらい座ったままで待ちました。お願いだから始まってーー!この後いきなりみんなで絶叫する羽目になります!これは素晴らしいオープニングでした! 出口に出て来た僕は顔色が悪かったと思います。やっぱり酔ってしまった…酔い止め飲んでおいたのに。かなりの長さのアトラクションです。僕以外みんな楽しんでいたので、Eチケットアトラクションな事は間違いないです!僕も最初の2分間はとても楽しめましたし。 初公開のアトラクション映像はいかがだったでしょうか。ここではご紹介しきれないほどの見どころがたくさんある、新「Eチケットアトラクション」。ディズニーが6年の時間をかけて作り上げた、惑星パンドラのメインアトラクションを是非体験しにWDWに来ていただきたいです。
19,698回読まれました by Tomoya 

これは…すごい…

★★★★★ 2017年6月に訪問

これは…すごい…

待ちに待った新エリアの目玉アトラクション。映画アバターに出てくるバンシーに乗って、パンドラという美しい惑星の空中を飛行するという、匂いや水しぶきも体験できる4Dアトラクションです。
WDW何回目かの我々は、今回アニマルキングダムでの結構な時間を、このエリアに費やしました。
朝、昼、夜、ファストパスで四回乗車。
以下、それぞれの混み具合など、書いていこうと思います。

狙い目は…

待ち時間は、入り口を通過した時点で朝は20分、昼過ぎは150分、夜(マジックアワー)は80分でした。
ですが、実際は朝以外、それよりも20分ほど多くかかりました。

おわかりのように、早朝が狙い目です。私たちは8時オープンの日に7時15分頃にエントランス前にいるようにしました。オープンの30分前にインパし、パンドラ前で待機というスタイルでした。既にゲストはかなり並んでいましたが、それでも実際アトラクション前まで通されると、様々な見所があるQラインの写真を撮る暇がないくらいスイスイ進んだ印象です。
朝乗り終わって、待ち時間は60分に変わっていました。
ちなみにファストパスはかなりショートカット!Qラインの色んなシーンが見れないのは残念ですが、このアトラクションにファストパスを使わない手はないと感じました。

機械トラブルに注意

朝がオススメな理由は他にもあります。次に並んだのは16時頃でしたが、混み具合はピークに達していました。
覚悟を決めて並びましたが、コレがかなりキツイ。列はゆるゆると進んで行くので、足への負担が大きいです。しかもWi-Fiが通らないところもあるので、スマホで遊べず時間が経つのも遅かった。東京でも並び慣れている方にはなんてことないかもしれませんが、私はあまりアトラクションに並んだことがないのでつらかったです。

そして、どうやらよく故障があるようで、120分程待っていたところで、アナウンスが流れました。英語わからない私たちは当時よくわからなかったのですが、周りのゲストはブーイングの嵐。どうやら機械の故障で、列の進みが悪くなるといった内容だったようです。
実は夜に並んだ時もこのアナウンスがあり、故障は日常茶飯事のよう。メンテナンスを終えたばかりであろう朝であれば、おそらく機械トラブルの可能性も低いと思うので、朝並ぶのはやっぱり吉かも。勿論、日が経つにつれて、改善はされていくのだと思いますが。

夜も混んでるけど…

夜は二度ほどこちらに来ましたが、ショーが開催されている時間帯は比較的待ち時間が少なく表示されていました。
現在はオープニングセレモニー中で、このエリアのみ夜中の1時までオープンしており、私たちが乗り終えた11時半頃にはなんと10分という待ち時間でした。ただし、実際はどれくらいなのかは確かめていないのでわかりません。

やっとプレショーに…

長い長い待ち時間のあと、16人ずつそれぞれ個室に呼び出され、物語に入り込むための説明映像を観ます。
二部屋通されましたが、トータルで10分から15分ほど。この時点で、世界観と、徹底的な手の込み具合に感動。今からアバターになるんだ!というワクワク感がすごいです。

乗った感想

乗り物自体はハリポタのジャーニーやソアリン、バックトゥーザーヒューチャーの超進化バージョンという感じです。
バイクのようなものに一人一人跨って、妊婦さんは乗れないなと思うほどに腰のあたりをガッチリと固定。そういう乗車スタイルもとても新しいので、初めて乗った時は本当にドキドキしました。
そうして、目の前に広がる超大スクリーンの映像を見ながら、飛行体験をするのです。
そして、いざスタートすると…
もう、大感動です!
「新感覚」「新体験」という言葉がぴったりくる、とにかくすごいアトラクションでした。これはもう乗ってみないと多分わかりません。
私たちは勿論、みんなamazing!!と大興奮。全員で盛り上がっている感じも楽しかったですね…。

それ以外の注意点

態々言うことでもないかもしれませんが、当然ながら中にはトイレがありません。表示の待ち時間よりも長くなる可能性が大いにあるので、お手洗いは済ませてから並んでください。
絶叫アトラクションの得意ではない私でも楽しむことができました。酔う、ということも私や友人も全くありませんでした。
あとは、できることなら映画「アバター」は観ておいたほうがいいです。観ていなくても楽しめますが、感動が違います。

トータルの感想、それ以外のエリア

日本では、10年20年は体験できないと言っても過言では無いと思います。それ程に最新の技術と、途方も無い資金力を踏襲したものすごいアトラクションでした。アメリカの本気。
待ち時間は大変ですが、ファストパスや狙い目の時間を利用して、一度は体験するべき必須アトラクションだと思います。

また、今のところ、客足はかなりこちらに吸い込まれているようなので、これまで待ち時間が長かったサファリやエベレストなどは、夜はかなり空いていました。とても楽しいアトラクションなので、合間に楽しむのもいいですね。

▼ 続きを読む
今ちょっと写真整理中なのでとりあえず荒いですがスマホの写真ですみません アバター・フライト・オブ・パッセージ アバター・フライト・オブ・パッセージ
 by ガオーさん 
data-ad-format="auto">

関連リンク

アニマルキングダム
人気アトラクション ランキング

もっと見る ≫
data-ad-format="auto">

ウォルトディズニーワールドの旅行ガイド

攻略ガイド ≫

クチコミ メニュー

ランキング:クチコミ ランキング:レビュアー