惑星パンドラのプレビューイベントに参加!圧倒的なスケールの新エリアを速報レポート

惑星パンドラのプレビューイベントに参加!圧倒的なスケールの新エリアを速報レポート

ウォルトディズニーワールド(WDW)に2017年5月27日オープン予定の新エリア「パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター」のプレビューに参加してきました。2時間の時間制限の中、体験してきたものを写真で紹介していきたいと思います。(写真21枚)



data-ad-format="auto">

パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバターとは

2009年に公開された、ジェームズ キャメロン監督の映画『アバター』の世界を体験できる新しいテーマランドです。「Pandora — The World of Avatar」と名付けられ、アニマルキングダムに2017年5月27日にグランドオープン予定。

2つのアトラクション、1つのカウンターサービスレストラン、ショップ、軽食ブースが用意されています。何と言っても、空中に浮かんだ大きな島々や、夜になると光りだす植物や地面もエリアの見どころ。

2011年に建設が公式発表され、6年の歳月をかけてディズニーが作り上げた惑星パンドラの全体像を写真で紹介していきます。

パンドラの主な5つの見どころ

以下、ネタバレ注意

ネタバレを避けるため、詳しい説明はしないので画像集としてお楽しみください。もしネタバレを100%避けたい方は閲覧注意です。

プレビューチケットとエリアマップ

同僚に当日突然誘ってもらったプラチナチケットです。裏には期日と指定時間が記載されています。誘ってもらった瞬間には思わず大興奮‼︎
同僚に当日突然誘ってもらったプラチナチケットです。裏には期日と指定時間が記載されています。誘ってもらった瞬間には思わず大興奮‼︎
指定時間の40分前に着いたのに、すでに50人以上の列になっていました。そこで手渡されたプレビュー用のパンフレット。
指定時間の40分前に着いたのに、すでに50人以上の列になっていました。そこで手渡されたプレビュー用のパンフレット。
中にはマップとそれぞれの施設の説明が。
中にはマップとそれぞれの施設の説明が。
こちらがパンドラのエリアマップ。1と2がアトラクションの入口です。元々キャンプミッキー&ミニーがあった場所です。
こちらがパンドラのエリアマップ。1と2がアトラクションの入口です。元々キャンプミッキー&ミニーがあった場所です。

フォトパスの無料チケット。
フォトパスの無料チケット。

【見どころ1】巨大な浮く島々とパンドラの植物群

何と言っても巨大な島が浮き景色が目の前に現れた時には、声を出さずにはいられませんでした!

エリアの入り口からはあまり見えないような作りになっていて、突然目の前に浮島が!!!この浮島が360度、更に真下からも見渡せるんです。これはディズニー頑張りました!!!この感動は写真では全く伝わりません!実際にそびえたつ島を見に来るだけでも、パンドラに来てよかった、と思っていただけると思います。

周りに育つ植物も珍しいものばかりで、まさに今までに見たことのない惑星に来てしまった雰囲気が満喫できます。

橋を渡って遥か彼方の惑星に向かって出発です!橋からはあまり見えない構造になっていました。
橋を渡って遥か彼方の惑星に向かって出発です!橋からはあまり見えない構造になっていました。
エリア入場と同時に、Avatar Flight of Passageの紙のファストパスをくれました。先着順だったようでプレビューに来た全員がもらえた訳ではないようです。
エリア入場と同時に、Avatar Flight of Passageの紙のファストパスをくれました。先着順だったようでプレビューに来た全員がもらえた訳ではないようです。
いきなり目の前に巨大な浮島が‼︎あの迫力が写真ではお伝えできないです‼︎
いきなり目の前に巨大な浮島が‼︎あの迫力が写真ではお伝えできないです‼︎
大きい!360度どこからでも見えるんです!
大きい!360度どこからでも見えるんです!
真下にも行けるんです!
真下にも行けるんです!
滝まで流れてる。
滝まで流れてる。
ここはまさに別世界…
ここはまさに別世界…

【見どころ2】2つのアトラクション

3Dタイプのアトラクションである「Avatar Flight of Passage」とボートタイプの「Na'vi River Journey」の体験が出来ます。

どちらもキューエリアがまるで別世界にいるような感覚を与えられてくれて、長時間になることが予想される待ち時間を飽きさせない工夫もされていました。しかもキューエリアの室内部分も多かったので、天候が悪くても快適に待てそうでした。

Avatar Flight of Passageは乗り物酔いし易い方は少し覚悟して行ったほうがいいかも知れません。実際のメインショーの時間は少なくとも6分以上はあったと思います。詳しくは以下のレポートでどうぞ。

【見どころ3】惑星パンドラのカラフルな食べ物

惑星パンドラに住む現住人たちの食事を楽しめることができます。残念ながら食事に費やす十分な時間がなかったのと、まだ準備ができていないということで、今回試してみれたのがカラフルなノンアルコールのドリンクでした。詳しくは以下のレポートでどうぞ。

【見どころ4】パンドラのお土産

自分に合った肩乗りバンシーをペットとして迎えるも良し、青いポップコーンを楽しむもよし、マグカップなどを記念に購入するもよし、いろいろなグッズが揃っていました。

比較的値段が高めなのが気になりましたが、ディズニー色がないものの、商品数はかなりの数ありました。こちらで購入すると、アバターランドのバッグに入れてくれます。そのバッグには隠れミッキーがあるように僕には見えました。詳しくは以下のレポートでどうぞ。

【見どころ5】夜景

映画を見たことある方なら覚えておられると思いますが、パンドラの夜の光る森は記憶に残っていることでしょう。光る植物たちから、踏むと光る地面まで、パンドラの夜景は地球上のそれとはまったく異なります。

昼間と夜全く異なった景色を楽しむためにはアバターランドには長居しなくてはいけないようです。でもきっとその価値はあることと思います。

残念なことに僕達のプレビューの時間帯にはまだ明るく、バイオルミネーセントの景色を楽しむことはできませんでした。こちらも後日また改めてレポートしたいと思います。

この植物や地面が夜になると光りを放つんですね。
この植物や地面が夜になると光りを放つんですね。
この小川は以前のキャンプミッキー&ミニーを思い出させます。go fishingと言う看板が立っていたような…今ではすっかり惑星パンドラになっています。
この小川は以前のキャンプミッキー&ミニーを思い出させます。go fishingと言う看板が立っていたような…今ではすっかり惑星パンドラになっています。
夜の8時過ぎて少し暗くなって、いくつかの植物が光り始めて来てはいるんですが、写真では全然わかりませんね。
夜の8時過ぎて少し暗くなって、いくつかの植物が光り始めて来てはいるんですが、写真では全然わかりませんね。
潮を吹くイカっぽい生物も。
潮を吹くイカっぽい生物も。
トイレの建物だって凝っています。
トイレの建物だって凝っています。

まとめ

6年間待ち続けた「パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター」。今月27日に、やっと一般へあの惑星への扉が開きます。

待ちに待っただけあって、景色、アトラクション、雰囲気は息を呑むほどのものでした。映画をまだ観ていない人でも十分に感動できる新エリアは、日本からわざわざこの為だけにウォルトディズニーワールドを訪れてもいいと言える素晴らしいものでした。

公式オープンまであと数週間ありますが、それまで少しづつそのベールを剥がしていきたいと思いますので、今後のレポートもお楽しみに!




ウォルト・ディズニー・ワールド
準備ガイド ≫

ウォルト・ディズニー・ワールドの関連記事

もっと読む ≫
data-ad-format="auto">

新着記事

もっと読む ≫
data-ad-format="auto">
東京および海外ディズニーリゾートの最新ニュースやお役立ち情報を紹介するブログです。
tdrnavi ブログ ≫