ディズニーランド・パリ
準備ガイド 2017

フランス・パリ近郊にあるディズニーランド・パリのおすすめランキング、旅行記、費用、混雑対策、注意点などをまとめています。

おすすめランキング

新着レポート ≫

旅行&準備ガイド

基礎知識をおさえよう

場所・行き方

  • 所在地は、フランス パリ近郊のマルヌ・ラ・ヴァレ(Googleマップ
  • 最寄り空港はシャルル・ド・ゴール国際空港(CDG)で、成田空港または羽田空港から直行便で約12時間
  • シャルル・ド・ゴール国際空港からディズニーランド・パリまではTGV(新幹線)で約10分。Marne La Valle-Chessy(マルヌ・ラ・ヴァレ=シェシー)駅で下車。ひと駅。詳しい乗り方は「TGV(SNCF)の乗り方ガイド」にまとめています。
  • パリ市内からはRER(高速郊外鉄道)A4線で終点のMarne La Valle-Chessy駅下車。約40分。A線は途中で分岐する路線があるので行き先案内で要確認。詳細はこちらのページを参照。

時差

対応言語

  • フランス語と英語
  • 看板やメニュー表はフランス語と英語が併記されているのでフランス語が分からなくても大丈夫。キャストも英語が通じない人は一人もいなかった。アナウンスもフランス語の後に英語が流れる。
  • スティッチ・ライブなどの一部のアトラクションはフランス語版と英語版が交互に上演されている。中にはフランス語のみのアトラクションがあるが英語字幕が用意されている場合が多い。
  • 日本語ガイドマップは用意されていない。英語版(イギリス国旗が目印)を利用しよう。
  • よく「パリディズニーはキャストが無愛想」と言われるがカリフォルニアとあまり変わらない印象だったので問題なし。

公式サイト

  • 公式サイト(英語)
  • 公式サイトの情報量に物足りない人は、DLP Guide という非公式サイト(英語)が細かいところまで詳しく解説されているのでオススメ。

入園チケット

エキストラ・マジック・アワー(優先入場特典)

  • エキストラ・マジック・アワー(Extra Magic Hours)とは、一般開園より2時間早く入園できる制度。通常、AM 8:00~10:00の2時間。公式ページはこちら
  • 対象者はディズニー直営ホテルの宿泊者、または年間パスポート(Magic PlusまたはInfinity)の保有者。
  • エキストラ・マジック・アワーの時間帯で運営しているのは「ファンタジーランド」と「ディスカバリーランド」の一部のアトラクションのみ。詳細はDLPGuideのページが参考になる。
  • 一般開園の10分前ぐらいから他のアトラクション(ピノキオや白雪姫など)も運営がスタートする場合がある。
  • プリンセス・パビリオン」や「ミート・ミッキー」などの人気アトラクションは一般開園の15分前から列が伸びていき、開園時間には長蛇の列になっていたりする。待ち列は野外に適当に形成されて運営時間になるとアトラクション内の待ち列に案内される。
  • エキストラ・マジックアワーの時間帯はファストパスを発券できない。ファストパスは一般開園後に発券できる。

ディズニーホテル・周辺ホテル

旅行にかかる費用

3泊5日で個人手配をした場合の大まかな費用は以下の通り(1ユーロ=125円で計算)。ウォルトディズニースタジオが狭いので2DAYチケットがあれば主要アトラクションは回れると思います。

個人手配・準備マニュアル ≫

気候と服装

  • パリのベストシーズンは5月~9月。平均気温が東京より5℃ぐらい低いので寒さが厳しい。天気が崩れやすいので折り畳み傘は必須。平均気温や降水量についてはこちらのページを参照。
  • 夏季でも朝や夜は冷え込む場合があるので十分な防寒を用意すべし。寒暖差も大きい。ユニクロの小さく畳めるポータブル・ダウンが軽くて暖かくてオススメ。
  • 週間天気はこちらの天気サイトなどを参照。

混雑対策

  • 混雑予想カレンダーを活用すると具体的にどの日が混みそうか参考になる。混雑予想カレンダー(英語)ホテル料金カレンダー(英語)など。
  • 年末年始、バケーション時期などの混雑期を避けて予約すると快適。
  • エキストラ・マジックアワー(優先入場特典)を活用する。運営アトラクションは少ないがスイスイ乗れるので便利。
  • 一般開園の1時間前を目安にエントランスへ向かおう。開園時間の直前に行くとセキュリティチェックに長蛇の列ができている場合がある。チケット窓口も混雑する。通常、開園30分前にエントランスがオープンして入場手続きが開始される。アトラクションに乗れるのは開園時間を過ぎてから。
  • ファストパスを活用する。詳しくは、ファストパスの項目を参照。
  • 公式アプリをインストールしておくとリアルタイムなアトラクション待ち時間をチェックできるので便利。インストール方法は「ディズニーランド・パリ 公式アプリのインストール方法」にまとめています。

ファストパス

開園時間・休止アトラクション

年間スケジュール

  • 春イベント、夏イベント(Frozen Funなど)、ハロウィーン、クリスマス、年末年始カウントダウンなどが開催される。シーズン毎に特別なショーやパレード、グリーティングが開催される。
  • 具体的な年間イベントやスケジュールはこちらの公式ページで確認できる。

パークMAP・タイムガイド

  • 現地には日本語マップがないので英語マップを使おう。配布BOXのイギリス国旗が目印。
  • タイムガイドはフランス語と英語が併記されている。こちらの公式ページでは最新版のタイムガイドがPDFで配布されている。

キャラクター・ダイニング

ダッフィー

  • ダッフィーの常設グリーティングはない。
  • ディズニーランドホテル内のキャラクターダイニング「インベンション」に登場することもアリ。

支払い・クレジットカード

  • ディズニーリゾート内ではワゴンも含めてほとんどの場所でクレジットカードが使える。現金いらず。
  • クレジットカードを使う場合は、カードを自分で読み取り機に挿入してPINコード(4桁の数字)を入力する。PINコードを設定していないクレジットカードは使えないかも。
  • パーク内やホテル内にATMがあるので、必要に応じて海外キャッシングを利用すれば両替所がなくても現金を確保できる。両替所はディズニーヴィレッジの入口付近にある。

荷物ロッカー

チップの目安

  • ホテルやレストランではサービス料が含まれた価格になっているのでチップは義務ではない。伝票に「Service Compris」とあればサービス料込みということ。
  • 特別なお願いをしたりしてお礼がしたいときに渡せばOK。渡す時に「メルシー(ありがとう)」とひと言添えよう。
  • 1ユーロ未満の小銭をチップに混ぜるのは失礼になるので注意。
  • タクシーは料金の5~10%が目安
  • 通貨とチップについてはこちら

インターネット環境(Wi-Fi)

  • パーク内に無料Wi-Fiは整備されていない。
  • ディズニー直営ホテル、パートナーホテルは無料Wi-Fiを完備。
  • ディズニーヴィレッジではマクドナルドなど一部店舗で無料Wi-Fiを提供。DLPGuideのページが参考になる。

電源コンセント

  • コンセントはCタイプで変換プラグが必要。
  • 電圧が日本より高いので要注意。電圧220V、周波数50HZに対応した製品ならそのまま使える。未対応なら変圧器を購入して持っていく必要あり。製品の電圧の確認方法はこちらのサイトを参照。

飲料水

  • ミネラルウォーターを購入するのが無難。
  • パーク内で買うと1本3ユーロ。駅の自動販売機で買うとお得。

旅券パスポートの残存期間

  • フランス出国時3ヶ月以上必要。旅券の査証欄の余白が見開き2ページ以上必要。出国用航空券必要。180日間で90日以内の観光は査証不要。
  • 最新情報はこちらのページで必ず確認を。

治安・注意点

  • フランス・パリは詐欺、スリ、置き引きが多いので十分に注意する。
  • ディズニーリゾート内は夜でも安心して歩ける雰囲気。カリフォルニア(アナハイム)のディズニーリゾートと同じ雰囲気で歩ける。
  • パーク内で注意したいのが歩きタバコ。花火終了後の混雑時でも平然と歩きタバコをしているので子ども連れの人は特に注意。
  • パーク内でスリが発生することがあるらしいので注意しておく。パレードやグリーティングなどで人が密集する時はカバンは前方の目が届く場所へ。基本的には、そんなに注意を払わなくてもよい感じだった。
  • 閉園後にRER(鉄道)で移動する場合は人の波に乗って帰ろう。
  • ディズニーホテルやパートナーホテルでは無料シャトルバスが運行されているので閉園後に暗い夜道を歩いて帰ることはない。
  • ホテルの部屋では必ず防犯チェーンをかけておき、ノックされても不用意にドアを開けないように心がけよう。
  • 2017年5月時点の治安や喫煙マナーについては「ディズニーランド・パリの治安、マナー、気候などをレポート」にまとめています。
  • パリでの安全対策については、フランス観光の公式サイトで分かりやすい安全の手引き(PDF)が配布されているので印刷しておくとよいかも。

新規オープン予定

旅行記・クチコミ(新着)

もっと読む ≫

ブログの新着記事

もっと読む ≫


ディズニー世界制覇への準備ガイド