香港ディズニーランド

ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック

Mickey and the Wondrous Book
ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック
★★★★★ 4.83 (23件)

ファンタジーランド

ミッキーとグーフィーが主役の新ミュージカルショー。2人はジャングルブック、リトルマーメイド、ラプンツェル、メリダ、アラジン、プリンセスと魔法のキス、アナと雪の女王などのディズニー映画の世界を冒険します。香港ディズニーランド10周年を記念して2015年11月17日にスタート。


クチコミ・感想(23件)

クチコミを書く ≫
とても良い
19
良い
4
普通
悪い
とても悪い


新しく始まったショー観てきました!

★★★★ 2016年1月に訪問

新しく始まったショー観てきました!

2015年11月17日から始まった新ショーを
観てきました〜!
新ショーということで人気が凄かったです!

ショー概要

舞台にある大きな本(ワンダラスブック)を見ようとするミッキーとグーフィー。
すると突然ワンダラスブックの中からオラフが飛び出てきました!
「え?!なんで君がここに?!」
早くオラフを元いた本のページに戻してあげないと暑さで溶けてしまいます!!!
「さぁ大変だ〜!」ミッキーは自らワンダラスブックの中に入って
様々なディズニーの物語を進みながらオラフのページを探す旅にでかけます!

登場するキャラクター

バルー、キングルイ(ジャングルブック)

アリエル・ラプンツェル・メリダ

ジーニー?(多分ジーニーなんですがまんま人で青塗りもなしです)
アラジンとジャスミン(一瞬の登場)

ティアナ(プリンセスと魔法のキス)

アナ、エルサ

ショーの特徴

こちらのショーはミッキー、グーフィー共にリアルにしゃべったりまばたきする
ミッキーグーフィーです!(私はカメラがショボいので写真撮影が大変でした)
ミッキー、グーフィー、オラフは随所で登場します!
中国語と英語のミックスで物語が展開して行くので
舞台袖に両語の字幕が出ます。
舞台右が英語で左が中国語?広東語?です
言葉がわからなくても馴染み深い名作や楽曲が多いので
楽しめると思います☆

私のオススメはプリンセス達です!中でもティアナ!最高すぎです!

アリエル・ラプンツェル・メリダの夢の共演には興奮しました!
もちろん全員生歌ですよ〜!
アリエルが”パートオブユアワールド”をしっとりと歌い上げると
ラプンツェルが登場し”自由への扉”を唄います!が
途中で”パートオブユアワールド”を挟み最後は2人で自由の扉を唄います!
アリエルがラプンツェルの曲唄ってる〜!!!!大興奮!!!
メリダも登場タッチザスカイを唄います!
もちろんここも最後は3人で熱唱です!!!なんてこった!!!
こんな夢のコラボがあるなんて!!!最高すぎるじゃないか!!!
物語はどんどん進みついに

圧倒的な歌唱力でティアナ登場・・・!!!!

こちらのティアナ、ドレスではなく通常服(黄色ワンピースにエプロン姿)
もう登場から何から超素敵です※写真参照
ティアナの生歌とトランペット演奏がめっちゃカッコいい
”夢まであと少し”は絶対聞く価値アリです!!!
一気にニューオーリンズの世界に引き込まれます!
本当に映画の場面が凝縮されたようなステージでめちゃくちゃ鳥肌もんでした!!!
プリンセスと魔法のキスをおさらいしていけば感動は一入でしょう!!!
これにはゲストも拍手、歓声共に最高でした!!!!Yay!!!

混雑度

1日目*17:00公演
2日目*初回
新ショーということでとにかく人気が凄いです。
座れないということはなさそうですが
席は俄然前方がオススメです!
会場中央から後ろは多分字幕が読めないと思います!
前方の席狙いなら確実に40分前から並んだ方がいいと思います。
日本同様前方の席には一眼カメラをかまえた
猛者達がけっこうな割合を占めています!
そんな中ひとりショボいデジカメで頑張る私。笑

香港10周年テーマソング

ショーの最後は香港10周年のテーマソング
”ハッピリー・エバー・アフター”が唄われます!
こちらの楽曲もかなり良くてCDが欲しかったのですが
ギフトショップの店員に聞くとパークではCD取り扱ってないとのこと(なんでやねん)
かなりいい曲なのにもったいない・・・

感想

様々な演出がされているミッキーアンドザワンダラスブック!
次回行く時は気合いいれて前方で観たいです!
生歌なのが最高にクールでした!
ただ喋るミッキー(目や口が動く)を私は推してないので☆がマイナス1になっています💦

▼ 続きを読む
エントランス 舞台にある大きなワンダラスブック 本からオラフが飛び出してびっくりするミッキー ジャングルブックの物語。バルーは液晶のみ登場です キングルイの迫力 オラフはジャングルブックには出てこないからなぁ・・更に物語を進み続けるミッキー 一方オラフは本の外で気ままに過ごしてます。溶けかかってきて鼻が何度もずり落ちるオラフがキュート アリエルの登場!!!とても美しい!!! ラプンツェルの登場!!!これだけでも豪華!!! かわいいラプンツェル! なんとなんとメリダまで登場! 3人夢の共演!!!3人で熱唱!最高!贅沢!! え?!オラフ?!?! なんともシュールな・・・笑。お気に入りの写真です! ティアナの登場には鳥肌!!美しい!! 圧倒的な歌唱力!! そして最後は星空の下でしっとり歌い上げます・・・最高だぜティアナ(涙) そしてオラフ!!!鼻!!鼻!!オラフが毎回違った姿で出てくるのでゲストは大ウケです! やっと元のページに戻ることが出来たオラフ 数々の物語を冒険したミッキー クライマックスはテーマソングにのせてディズニーの名作を振り返ります!ここがまた感動! ハッピリーエバーアフター素敵な歌です ミッキー&グーフィーを中心に進むこちらのショー是非見に行って下さい☆ ショーのポスター!
23,234回読まれました by Angie 

フィナーレで流れるHappily Ever Afterがフロリダへ!

2016年10月に1泊2日で一人旅をした時に初めて見ました。
ゴールデンミッキーが大好きすぎたので、受け入れられるか不安でしたが、新たな作品として素晴らしいショーを見ることができて、一気に夢中になりました!

主な登場キャラクター

ショーの全編を通して登場するのは、ミッキー、グーフィー、オラフの3人。
その他に様々な映画から数名のキャラクターがそのシーンに合わせて登場します。

ライブキャラクターが登場する劇場作品は、ジャングルブック、アラジン、リトルマーメイド、塔の上のラプンツェル、メリダとおそろしの森、プリンセスと魔法のキス、アナと雪の女王。
生歌や作品の世界観を独特にアレンジしたダンスなど、エンターテイメント性のレベルは非常に高いです。

おすすめの観賞場所

初めての観賞の際におすすめする座席は、全体が見渡せる後方ブロックの中央です。
前方ブロックの真ん中あたりも見やすいかとは思うのですが、最近はスマートフォンやタブレット端末などの液晶を使った状態でショーの撮影をする人が増えてきたため、運が悪いと自分の視界を前の人の画面に遮られることに…。

後方ブロックは通路を挟んでいるため、ショーが行われている範囲を見るときに視界を妨げられる心配がなく、会場全体の演出を体感しやすいです。
2列しかありませんが、なるべく前の方に座ろうとするゲストが多い傾向にあるようなので、初めて観賞した時も希望していたとおりのポジションで見ることができました♪

大がかりな舞台装置もこのショーのみどころの一つ。
あまり前に座りすぎるとその効果が感じられにくいので、まずは後方の中央で真正面からショーを体感してみましょう。

言語について

物語の進行は主に広東語、歌唱パートについては英語が使われています。
舞台に向かって右側(上手側)に英語の、左側(下手側)に中国語の字幕が出ています。

ゴールデンミッキーの時はテレビのような比率の長方形のモニターでしたが、リニューアル後は細長い液晶画面になりました。
後方の席からこのモニターに映し出される文字を読むのは難しいので、初回は喋っている内容は気にせずに自分の思うような解釈でいていいのではないかと思います。
2回目以降、劇場全体の真ん中くらいから前に座ることがあれば、この字幕で内容をよりじっくりと理解してみるという楽しみ方もできると思います。

またしても香港からアメリカへ行く楽曲が!

2017年の5月からWDWのマジックキングダムで新たにスタートするナイトエンターテイメント、Happily Ever After。
このタイトルを最初に聞いたときに頭に浮かんだのが、ワンダラスブックで歌われている同名の楽曲でした。

フライト・オブ・ファンタジーパレードからDLRのサウンドセーショナルパレード、どちらも同名のペイント・ザ・ナイトと来て、今度はオーランドに香港発の楽曲が使われる日が!

開園からしばらくはカリフォルニアや東京のフロートを借りていたり、ハロウィーンにはDLRのHalloween Screemの音楽をそのまま使った花火を打ち上げていたりと、借り物の力に助けられていた香港でしたが、今は逆に「世界初が香港」というものが少しずつ出てきました。

どちらの企画を前提としたものであるのかはさておき、TDLのワンスやジュビレーションなども含めて、アジアのパークでスタートしたものが、アメリカのパークに場所を移したエンターテイメントに形を変える。
世界中のパークがつながっていることを実感できる要素が海の向こうで待ち受けているというのは、今まで以上に楽しみが増えるということ!

ワンダラスは個人的に「毎週でも観たいショー」で、入園時に購入した2デーパスポートをマジックアクセスに変えてしまうほどの魅力であふれていました。
様々な航空会社が運航しているおかげで、とても行きやすくなった香港。
現在のマジックアクセスの期限が切れる前に、あと2回くらいは訪れたいところです。

隠れオラフも映画のまま!

ちなみに本編中に何度かオラフが登場するのですが、映画と同じとあるシーンでは隠れオラフの存在も確認できます♪

前方席に座っていても肉眼では確認しにくいと思うので、出てくるオラフを写真に残して、あとからじっくり見つけてみてくださいv('ω'*v)

▼ 続きを読む
ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック
9,444回読まれました by にあぽん 
data-ad-format="auto">

メンバーサイトより2日前までに事前予約が出来るようですが、私のインパーク予定はFULLになっていて事前予約が出来ませんでした!
当日アクセスしてみると、席に若干空きがあるようで、初回11:30を予約出来ました♪35分前で、マジックアクセス列待ち人数3組目でした♪
見終わってからサイトを見るとまた予約が可能になっていたので、17:45の回を予約出来ました♪FPと同じ運用なのでしょうかね〜

ショーは素晴らしいです♪
これが観たくて香港までマイル特典航空券0泊2日で観に来ちゃいました♪

マジックアクセスプラチナは素晴らしい優先入場出来ます♪ 土日は、FULLでした。 当日の朝開園後に初回を予約出来ました♪ 1回目を観終わってから17:45の回も予約出来ました♪ こちらのカウンターでマジックアクセスを渡しカードリーダーに読み込ませて予約の確認チェックをしていました♪ ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック
23,038回読まれました by sana@世界制覇達成°○° 

ページをめくるたびに新しい世界が‼️

★★★★★ 2017年6月に訪問

ページをめくるたびに新しい世界が‼️

香港ディズニー10周年を記念して始まったショー。着ぐるみのキャラクターはミッキー、グーフィー、キングルイの3人だけと少な目。しかもミッキーとグーフィーはナビゲーターで、歌も歌わなければダンスもしません。その分シンガーとダンサーが活躍し、歌と踊りがメインのショーです。

ストーリー

ミッキーとグーフィーが不思議な本を前に興味津々。ミッキーが本の中を覗くと、本からオラフが飛び出てきます。逆にミッキーが本の中に入り込んで本が開かれ、以降、様々なストーリーを歌と踊りで見せるという内容のミュージカルショー。ページをめくるたびに場面が変わり、ディズニーキャラクターが本から抜け出してその物語の名曲を歌います。最後にはミッキーが本から抜け出してフィナーレを迎える、というすごく分かりやすい展開です。英語と中国語が混ざったステージですが、分かりやすいのでわざわざ左右に出される字幕を見なくても十分に理解できる内容になっています。

展開と見所

オープニング

本の中からオラフが飛び出て来ますが、舞台向かって右側です。舞台向かって左側の前方席だと見えませんので、座席は中央か舞台向かって右側にしましょう。
(曲目:"Happily ever after")

ジャングルブック

この舞台で唯一着ぐるみのキャラクター(キングルイ)が歌って踊ります。見所はディズニーのショーでは珍しいボリウッドダンス。キングルイの後ろ(にいるため見落としがち)で軟体曲芸をする人がいますが、この方、ラストシーンでフラグを持って舞台上手側に登場しますので顔をしっかり覚えておいてくださいね。
(曲目:"The Bare Necessities"、"I Wanna Be Like You")

プリンセス

アリエル、ラプンツェル、メリダがそれぞれ歌います。シンデレラとか白雪姫じゃないところが現代的。仕抜き形式で歌いますが、ここのすごいのはこの3人がこのシーンの最後では一つの曲を一緒に歌うことです。新しい世界に飛び出したい、という願望を歌うアリエルとラプンツェル、自分で闘うことを誓うメリダ。決してウーマンリブっぽくなく、理想の自分の姿を追い求める内容で素敵なシーンです。
(曲目:"Part of your world"と"When will my life begin" のremixバージョン、"Touch the sky")

アラジン

オープニングのシンガーがジーニーのヘルメットを被って歌います。ジーニーは顔を青塗りにしないので違和感なくスタイリッシュな感じ。ここに登場するアラジンはダンサーで、ジャスミンはオープニングの女性シンガーです。映像とダンスの見事なコラボも見所。
(曲目:"Friend like me")

プリンセスと魔法のキス

外国では知名度の高いティアナ。ミュートトランペットは生演奏。ダンスはトラディショナルブロードウェイ。ジャズっぽく、でも派手目の振付け。ここでも歌とダンスが見所で、ニューオリンズの香り漂うオシャレな場面です。
(曲目:"Almost there"と"Dig a little deeper" のremixバージョン)

アナと雪の女王

エルサが雪の中で歌います。ここの背景は映像ならではの幻想美で、吹雪を現代的に表現しています。
(曲目:"Let it go")

フィナーレ

本のページをモチーフにした衣装のダンサーとミッキー、グーフィーが登場します。ラストシーン、一瞬だけフラグを持った6人(日によって4人の時も)が登場します。この方たち、ステージでアリエルやメリダなどをしていた方たちが普通のダンサーの衣装に着替えて登場しているので、シンガーファンの方は必見です。
(曲目:"Happily ever after")

リハブ前と後で変わった点

2017年5月に行われたリハブ前後では、構成も振り付けも変わっていませんでした。1点、アラジンの衣装が、以前はオリジナルの映画に近い衣装だったものからリハブ後は鼓笛隊の隊長風の衣装(写真参照)に変わっていました。
あと、アナ雪のシーンで客席に降ってくる雪の量が減ったと感じました。スモークの量も減りました。以前は最前列の子どもが雪につられて立ち上がって前に出てきていたのでそれを防止したのか、最前列には殆ど雪が降らなくなり、子どもが歩き出せない2列目以降に雪が振るようにスノーマシンの噴射角度が変更されていたと思います。迫力が減ったような気もしますし、こっちの方が上品にまとまってる感じもしますし。

感想

イタリア人は「ナポリを見てから死ね(ナポリの美しい景色を見ないうちに死んでしまったら生きていた甲斐がないの意)」と言いますが、私は「ワンダラスを見てから死ね」と言いたいです。
着ぐるみのキャラクターが極端に少ないので、キャラ好きな方には物足りないショーだと思います。でも歌やダンスがお好きな方なら、そのクオリティの高さに必ず満足されると思います。どのシンガー、ダンサーもしっかり歌ってしっかり踊っていますので、ディズニーキャラクターというよりは純粋に歌とダンスを楽しむショーだと思います。キャラクターや物語があれもこれも詰め込まれた、というよりは、どちらかといえばスッキリとして大人向けのショーです。

▼ 続きを読む
オープニング。10周年のテーマを歌います。 本からパペットオラフが飛び出て来ます。 ページをめくるたびに新しい世界が、という10周年のコンセプトが具現化。 ワンマンズドリーム1以来、世界中のショーシーンで引っぱりだこのジャングルブック。 このショーの出演者の中で唯一、グーフィーだけは本の中に入りません。 メリダ、アリエル、ラプンツェルは仕抜きの形式で歌います。 アラジンのシーン、低い歌なので、キーが合う人がなかなかいません。 映像とダンスが見事にリンク! このアラジンの衣装のマイナーチェンジは本当に必要だったのだろうか。 ディズニークルーズでもおなじみのティアナのレストランのシーン。 "Almost there"〜夢の実現まであと少し〜 ここを見逃したら香港まで来た意味がありません。 映像とグーフィだけなのに違和感なし。 根強いアナ雪人気。「スイカバー」に聞こえる上海版も捨てがたいが、やっぱり英語がしっくり。 フィナーレのキャラはミッキーとグーフィーだけ。マニッシュなまとまり。
2,594回読まれました by レオ 

プリンセスの生歌を楽しむならこのショー!

★★★★ 2016年10月に訪問

プリンセスの生歌を楽しむならこのショー!

基本情報

来園日時:2016/10/22
観賞回:19:30 (11:30/12:45/14:00/16:30/18:00/19:30 この日は全6回公演でした)
鑑賞人数:大人二人
特典など 無し、一般入場
語学力 英語:中学校レベル 中国語:ほんの少し
写真撮影:可。ただし液晶画面やフラッシュは使用不可。

どんなショー?

とても簡単にいうと絵本から出てきてしまったオラフを元の世界(アナと雪の女王)に戻すため、ミッキーとグーフィーが奮闘するショーです。本をめくる度に様々な物語を楽しむことができます。また舞台の左右に英語と中国語(北京語、広東語)が表示されます。表示される言語は固定されておらず、英語で話しているときは字幕は北京語と広東語でした。

入場まで

実は前回(18:00)を観る予定でした。ライオンキングの並びが思っていたよりも緩やかだったので、こちらも同様かと思い、公演時間10分前(17:50)に入口へ行きました。すると既にラインカット済みでした。ライオンキングよりもラインカットが早いです。なので、最終公演は約30分前に行きました。
一般入場は公演時間の約10分前から開始でした。丁度真ん中あたりに並んでいたので、会場内中央ブロック後方に座ることができました。中央ブロックの埋まりはとても早く、次いで左右のブロックという感じでした。マジックアクセスの特典は強いです。

登場キャラクターなど

・ミッキーマウス
・グーフィー
・オラフ
・バルー、キングルイ(ジャングル・ブック)
・アリエル(リトルマーメイド)
・ラプンツェル(塔の上のラプンツェル)
・メリダ(メリダと恐ろしの森)
・ジーニー、アラジン、ジャスミン(アラジン)
・ティアナ(プリンセスと魔法のキス)
・アナ、エルサ(アナと雪の女王)

感想など

丁度1周年を迎えたこのショーは、まだまだ人気があります。ミッキーとグーフィーのトーキングヘッドも見ることができ、なんだか新しいショーだなと思いました。また人のジーニーやアナと雪の女王の登場人物、ティアナやメリダといった舞浜ではまだ見ることができないキャラクターを観ることができるのも魅力です。香港へ行った際は観るべきショーの一つだと思います。

ここで問題となるのが言葉の壁だと思います。というのも、個人的にやはり内容が少し薄い(英語も中国語もわからないからかもしれませんが)と感じました。なんでオラフが本から出てきたのかという疑問が残りました。世界共通で楽しむためにはやはり物語性を少なくするしかないのかなとも思いました。また、字幕は漢字(中国語)のほうがお勧めです。最初は英語の字幕を追っていましたが、自然と中国語の字幕へ目がいっていました。
このショーをご覧になる方で、出てくるキャラクターが分からない人は少し退屈してしまうかもしれません。
現に同行者は、メリダとティアナを知らなかったため、私よりも楽しめていないように思いました。私はティアナのシーンは特にすごく感動したのですが・・・

香港へ行く際は必見ですが、映画を鑑賞されてからのほうが断然楽しめます。

▼ 続きを読む
顔が白くなってしまいましたが、この2人の歌から始まります。 本の表紙を見ていると、見覚えがある影が・・・! 最初はジャングルブックです。 キング・ルイです。 リトルマーメイドです。 アリエルとラプンツェルです。 笑顔が素敵なメリダです。アリエル、ラプンツェルとともに3人で歌います。 頭はどこ・・・・? 次は??? ジーニー! 一瞬だけアラジンとジャスミンが出てきます。 ティアナです。 やっとfrozenのページについた! エルサが登場。 ミッキーも元通り! フィナーレ いろいろなキャラクターが一瞬登場します。 これで終わりです。
10,714回読まれました by すだち 

Mickey and the Wondrous Book

★★★★★ 2016年9月に訪問

皆さんの口コミがあり
皆さんの方が詳しいので写真だけにします❗

マジックアクセスは持ってましたが
時間に余裕があったので通常の入口に並びました!

公演30分になると、流石に長蛇の列になってました。

一言だけ

まだ、香港に来られたことがない方は
是非❗観賞して下さい。

ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック
12,464回読まれました by 裕太 

年パス購入翌日でも予約可能!字幕を見ないで楽しんでください☆

評判が高かったので一番楽しみにしてきました!!!楽しみたいなら字幕を見るな!!!と声を大にして伝えたいと思います!

年パスでの予約

プラチナだとマジックアクセス(年パス会員専用ページ)で予約して優先入場できます!ですが年パス購入して次の日の12時になるまでマジックアクセスは使えません。。。12時過ぎでもその日の分はあるのかなぁ・・・と心配してましたが、15時45分と17時15分の回があったので17時15分を予約しました!金曜日で平日だったから取れたのかもしれません。
年パス購入がパーク入園前日になる人も、諦めずトライしてみてください!!!

予約者の入り口

マジックアクセスで予約すると、本来なら出口の場所から入場します。そこで予約の確認をしてました。
パーク内で予約したので印刷とかせず、一応スクリーンショットはとってましたが、年パスさえあればOKでした☆私は開演25分前で、もうかなり並んでました。パークは空いてる日でしたが、予約なしはもう締め切ってました。スタンバイならかなり早めに行った方が良さそうです。

座席

長椅子で、どこからどこが一人分とかはありません。席は階段状になってるのでどこからも見やすそうです。予約だと先に入れます。私は前から5列目の中央を取りました。もっと前は前で臨場感ありそうでしたが、全体の写真が取りにくそうです。

言語

広東語か普通語のどちらかで話してるのがメインです。おそらくしゃべってない方の中国語が左に、英語が右に字幕として出ていました。英語の歌や会話のときは左右どちらも中国語の字幕が出てます。あれっ?英語出てない(*_*)と思ったら、英語で話してるじゃん!!!となりました。
字幕は出てますが、見ながら舞台も見るのは難しいので私は見ないことをおすすめします!見なくても十分ストーリーは分かります♪

ストーリー

ミッキーが不思議な本を開けるとオラフが本から出てきちゃいます!溶けそうになるオラフを助けるため、ミッキーは本の中に入り色んなページをめくっていきます。めくったページにあるストーリーのショーを見ていきます♪
私はラップンツェル、アリエル、メリダの3人が同じ歌を歌うところが一番感動しました😌
途中変形していくオラフも必見です!!!
一番盛り上がっていたのはエルサの登場シーン!人気の高さが伺えます。

感想

あまりにも期待を高く持ちすぎてしまったので、期待よりは若干下回りました。字幕を読んでしまったのが一番の失敗です...。次は字幕は見ず、じっくり歌を堪能したいと思います!

▼ 続きを読む
5列目からの景色。写ってないですが、両脇に重なってる本の一部がディスプレイで字幕がでます。 ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック まだ、まぁまぁ残ってるオラフ メリダ!話はしらないけれど。。。 3人で同じ歌を歌うところはレア過ぎて感動! 子供は見ちゃダメ! エルサーーーー! ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック 口と目パクパク、帽子取れるタイプのミッキーとグーフィーです!
20,631回読まれました by えり♪ 

感動!♡ワンダラスは香港で必ず見てほしいオススメのショー!

香港ディズニーランドならではのショー!

キャラクターもたくさん出て来てくれてとっても楽しいショーです!
なんといっても生歌が素晴らしい。
是非見てほしいオススメのショーです。

香港ではライオンキングとワンダラスのショーがありますが、どちらも系統が違っていて素晴らしいので見てほしいですね♡
ワンダラスはディズニーキャラクターが出てくること、ライオンキングは素晴らしい、あの世界観そのままのミュージカルショーなのでどちらも必須だと思います(*^^*)

ワンダラスってなに?

2015年11月にスタート、香港ディズニーランド10周年を記念して始まったショーです。メインキャラクターがミッキーとオラフとグーフィーのショーです。
(ミニーは出てきません。)
不思議と魔法がいっぱいの本→ワンダラスブック。
この存在を知ったミッキーとグーフィーがこの本を見るとオラフが飛び出してきます。
このオラフを元の世界に戻してあげるためこのワンダラスブックの中を冒険していく!というストーリーです。
なのでミッキーとグーフィー、オラフは進行役となって合間に出てきます。トーキングなミッキーとグーフィーです。

会場について

会場に入るとステージ前方から少しずつ傾斜になって一列ずつの長椅子があります。一人分ずつ席が区切ってあるわけではなく長い椅子になっています。
中国語が主ですが歌は英語になっています。舞台袖に英語などの字幕が出ますが、字幕はあまり気にしなくても楽しめると思います。

混雑状況

私は二回とも優先券で入りましたが、当初去年3月に初めて見たときはとてもスタンバイ列は混んでいました。しかし今回見たときはそれほど混んでいませんでした!日によってだとは思いますが前方であれば早めに並ぶのがいいと思います。
どこでも楽しめますが真ん中の列の方が全体を見れてよいと思います、全体の装置は大きいので後ろであっても充分楽しめます。
キャラクターが降りては来ないので通路側でなくてもどこでも大丈夫です。

登場キャラクター(以下ネタバレを含みます!)

ミッキー、グーフィー、オラフ。ジャングルブックからキングルイ。アリエル、ラプンツェル、メリダ。ジーニー、アラジン、ジャスミン。ティアナ。エルサ、アナ(映像のみ)。

見所

プリンセス3人で歌うシーン

アリエルが『パートオブユアワールド』を歌い、終わるとラプンツェルが登場『自由への扉』を歌うのですが途中で『パートオブユアワールド』を挟みます。
そして、ふたりで『自由への扉』を歌います♡

メリダが登場『タッチザスカイ』を力強く歌います。そして最後は3人で!生で歌うこのシーンがとても素晴らしい!

ティアナの素晴らしい歌唱力

『プリンセスと魔法のキス』よりティアナの世界に!
ティアナの力強い歌声と歌唱力!そしてトランペットも生演奏でたまりません!

大掛かりな舞台装置とダンサーさんも豪華

最新の舞台装置を使ったこのワンダラスブック!映像も美しく綺麗です!
私が出来てすぐに訪れたときはシステム調整が入ったりと不安定でしたが、今は問題なくショーが行われています。
オラフが元の世界に戻るシーンですね。あのシーンがよく出来てる(*^^*)
そして、ダンサーさんもたくさん出演されていて素晴らしいショーです。
キングルイの後ろに隠れているダンサーさんも中国らしい体技ですので注目してみてくださいね♪

注意

前方では雪が降るので3~4列目までは大量に降るのでカメラをお持ちの方は気をつけてくださいね。
以前よりは減った気がしますが。。。

出来れば出てくる映画を一通り見てあるともっと楽しめると思います!見なくても充分ですが!
最後のHappily Ever Afterのテーマソングはとても素敵な音楽♪

舞浜ではまだ会えないキャラクターが多いので是非見て頂きたいショーです♡

▼ 続きを読む
キングルイのノリノリな感じ。 アリエル♡ ブックはこんな感じで映像も凝っていて美しいです。 ラプンツェル!可愛い。 歌声も素晴らしい。 メリダ!メリダを見られるのは珍しいですよね。 三人のプリンセスが同じステージで! 力強い歌声と素晴らしい歌唱力のティアナ。トランペットも生演奏で盛り上げます。 よく見ると大好きな夏を楽しんでます☺手に持っているのはオラフ氷!ちゃんとサングラスも! ストーリーの間にはこんなオラフ! アナに旅を報告しています! そんなオラフくんもおうちの世界を見つけたようです! そしてやっぱり来ました、ゆきの女王!エルサ!! 生歌でのlet it goはやはり素晴らしいです。 お美しい💕 最後にはワンダラスブックにたくさんの名作シーンが現れて動いていきます! トイストーリー 個人的に大好きなシーンです♡シンデレラがブルーフェアリーの魔法で廃かぶりの姿から美しいドレス姿になります。 キラキラの魔法によって・・・ 美しいドレス姿に♡ ベルと野獣のシーンです。 ライオンキングのこのシーンも。 トーキングなミッキーとグーフィー、目が動くのが面白いですね~ 最後にはお二人の決めポーズが中央で♪
5,909回読まれました by ゆゅん 

世界最高峰の技術力!まさにHappily Ever After🎭

先月の2月に行きました。
香港ディズニーランド10周年を記念して始まったこのショーは見なきゃ大損!というぐらい素晴らしいショーでした^ ^

☆ネタバレも含みます!初見で楽しみたい方はパスしてください!

本の中を行ったりきたり…オムニバス形式のストーリー展開!

ショーの名前にあるようにこのショーはステージにある大きな“本”がテーマです。主人公はミッキー・グーフィー・オラフの3人!(⚠︎ミニーやドナルドは一切登場しないので注意)
ざっくり説明すると、「本の中から出てきてしまったオラフを溶けてしまわぬようミッキーとグーフィーで雪があるところへ戻してあげよう」そんな感じです笑
その最中に様々なディズニーアニメーションの世界へと迷い込むといった感じでしょうか
順番はこちら↓

①オープニング
②ジャングルブック
③リトルマーメイド×塔の上のラプンツェル×メリダとおそろしの森
④アラジン
⑤プリンセスと魔法のキス
⑥アナと雪の女王
⑦フィナーレ

アニメーションの中で使われた曲をほとんどそのままに使用したとても豪華なショーです!

個人的に好きなのは③のシーン
アリエルが“Part of Your World”を歌い人間の世界への憧れを歌ったと思えば、左から登場したのはラプンツェル!
“When Will My Life Begin?”を力強い声で歌い、外の世界へ出たいんだという熱い気持ちが伝わります。次第に2人の想いが重なり、2つの曲が上手い具合にミックスされていきます…
そしてそのあとでてくるのは“Touch the Sky”を歌うメリダ!勇敢でたくましく生きたいというこの曲を歌うのですが、途中にある「La〜La〜♪」というコーラスはなんとアリエルとラプンツェル!!!!豪華すぎる泣
最後は3人で“Touch the Sky”を歌いあげます!
会場からは本当に豪華すぎる共演に大きな歓声と拍手喝采!

と、このように読んでいただければわかると思いますが30分ほどのミュージカルショーとなっています!
ほとんどが生歌!鳥肌が立つことは間違いありません!!

オラフはいよいよ本の世界へ…

本をめくると見えてくるのはアナ雪の世界
オラフが本の中の居場所を見つけ戻ると
出てきたのはアナ!
ミッキー,オラフ,アナというなんとも言えない3ショットに驚き(笑)
そしてアナ雪パートの締めを飾るのはもちろんエルサ!
もうその登場の仕方といったら女王様感がすごすぎる!!!鳥肌立ちました!
エルサの代表曲、“Let it go”をゲストと一緒に歌う(もちろんこれも生歌!)と会場には雪が!
盛り上がりも最高潮でした!
アナ雪ブームはどの国いっても変わらないんですね^_^

エルサが降らした雪で震えるミッキー
オラフが元の場所へ戻ったので次は自分が
元の世界へ帰ろうとします…
またここの演出がすごい!ので、
くわしくは見てからのお楽しみということで(笑)

感極まるフィナーレ!

オープニングのシンガーとダンサーが再び登場し、香港ディズニーランド10周年のテーマソング“Happily Ever After”を歌います!
サビに入るとさっきまで様々な世界を巡ったワンダラスブックのページがめくられ、たくさんのディズニー映画のキャラクターが映し出されます
シンデレラや白雪姫、トイストーリーにムーラン…!
どのシーンも幸せそうな場面ばかりで本当に感動するフィナーレです

個人的に元々、“Happily Ever After”がすごく好きで発表された時から聞きまくって惚れこんでいました笑
香港の有名な歌手が様々なバージョンで歌っているので是非訪れる前に動画サイトなどで聞いてみてください!

場所取りについて

会場はファンタジーランドのディズニー・ストーリーブック・シアターです。
ファンタジーランドとトゥモローランドの境目という感じかな…(伝わりにくくてすいません)

自分が行った時は旅の目玉で期待大だったので早めに1時間ちょい前に行きました。2時間前から並んだという声も聞いたので!
が、しかし!!
なぜか並ばせてくれない…汗
その原因はよくわからなかったのですがキャストが言うには45分前から並ばせてあげるということでした。
しかし会場外に微妙な列ができていたり、会場前はよくわからない感じになっていてとりあえず去りました(笑)
おそらくですがその日は前の公演と次の公演の間隔が狭かったため並ばせるのを遅らせていたのかな?と思います
(日によって違う情報だと思います。毎日こういうわけではないと思うのでご了承ください。)
とにかく会場近くのキャストに聞くのがベスト!
英語でもほとんどが対応してくれるので何時から並べるかというのをあらかじめ聞いておきましょう!

並べなかった自分たちは近くのファンタジーガーデンでグリーティングをしてから戻ったら開演30分前!!泣けました!笑
もう入れないかなと思い恐る恐る行くとまだ案内してました、安心…
会場入り口は東京のパークエントランスのように人数がカウントされるバーを通ってから並ぶというような形なのでなかなか抜けて戻ってくるというのはできないと思います!なので会場入る前にトイレなどは済ませておくのがいいでしょう

30分前なのでいい席なんかは期待せずとりあえず座れればと思いながらシアターへ入場すると、たまたま前中央ブロックの最後列ど真ん中がぽっこり空いていたのでなかなかの眺めで見ることができました!見ている感じ香港の方は席をつめることをあまりしない人もいるので真ん中がちゃっかり空いてる列などもあります!後から入ってきて後方席しかない場合は少し前ブロックも確認してみるといいと思います。

前方席はマジックアクセスメンバーが予約してるので空いてません。なので前の方でどうしても見たいという方は会場にはなるべく早く来ることがいいと思います!

言語について

基本的に歌は英語、セリフは中国語(広東語?)で進行し、ステージ向かって右側のモニターに英語字幕が表示されます。
ショーの内容をしっかり理解したい方は右側前方がオススメ!
どちらにしても後ろだと字幕が見にくいので前方席がオススメです
まぁほとんど字幕を見なくてもおおよそのストーリーはなんとなくでわかります笑

撮影について

フラッシュはNGです✖︎
その他は基本的にOKだと思いますが
シアタータイプのショーなので後ろの方の
迷惑にならないよう液晶を使っての撮影は
控えるのがマナーだと思います。
(中国人はバンバン使ってきますが…)

感想

様々なクチコミや感想がありますが
個人的には今までの人生で見たショーの中でもトップ5に入るぐらいすごく素敵なショーでした!
なによりプロジェクションマッピングなどを使った最新技術がすごすぎます!
このショーは本当にここでしか見れないと思うと年間パスポートを買おうか悩んだぐらいです
キャラクターは少ないもののたくさんのダンサー、生歌、ディズニーの名シーンを観れるワンダラスブックは最高です!

あ、あとワンダラスブック登場キャラの出演映画は見るべきです!自分たちは出発前に鑑賞会しました(笑)見ればなお楽しめるはず!オススメです^_^

長文読んでくださりありがとうございました☺︎

▼ 続きを読む
アラジンのシーンです! この3ショットは珍しすぎる! 圧巻のエルサ登場シーン… 日本では見られないトーキングミッキーなのでこんな写真も苦笑 盛大なフィナーレ☆
 by ゆーほ@ゆっけ 

キングダムクラブ宿泊者の特典!

★★★★★ 2017年3月に訪問

キングダムクラブ宿泊者の特典!

初回公演のファストパスが貰える!

ディズニーランドホテル、キングダムクラブに宿泊すると、初回公演のチケットが貰えます!
アーリーチェックインで早朝にチェックインすれば当日と翌日の分まで貰えるようです。これはお得!

エントランスは出口側

チケットを持って通常エントランスに行くと、
「出口のある方へ向かって」
と言われるので、スモールワールド方面に向かって歩きます。
すると、出口が見えてきますので、出口側に居るキャストにチケットを見せて、通常エントランス列の反対側に並びます。
マジックアクセスプラチナの列と同じ場所に並びます。

開演30分前には並んだ方が良い

入場は開演10分前くらいから始まりますが、ギリギリだと通常列の入場と被ってしまうので、30分前には並んでいて下さい。
それでも早い人はその前に並んでる事もありますが…

ベストは最前中央!または最前中央より右側!

ちょっと見上げる形になりますけど、最前中央がベストかと思います。
またはグーフィーがステージ右脇から出てくるシーンもあるので、グーフィー好きなら最前中央より右側に座るのがオススメです!

撮影はOK?

アナウンスで恐らく撮影ダメよって言ってるのはフラッシュを使用した撮影のことだと思います。
(皆んなカメラを構えてるので、暗黙の了解なのかもしれませんが…)
ただ撮影に集中してしまうと、ショーがなんだったのかわからなくなるので、1日目は撮影、2日目はじっくり鑑賞…のようにするといいかもしれません。
動画で撮る方は、周りの雑音が結構ありますので期待はせずに…

キングダムクラブはマジックアクセス所持者なら40%オフで宿泊可!

ただし、2017年間6月30日までとなってます。
もしかしたら延長もあるかもなので、メンバーズサイトは日々見ておくようにしましょう!
約45000円で1泊できます。
(今なら金曜日、土曜日宿泊でも40%オフのようです)

じっくり鑑賞したい!という方は是非キングダムクラブに宿泊してみて下さい!

▼ 続きを読む
ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック 30分前なら最前で観れますよ! チェックイン時に初回公演のチケットとアトラクションのファストパス4枚がついてきます。 ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック 最前ならダンサーもステージ下に来ますよ! ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック エルサの生歌は最高です!一番盛り上がるところ! ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック
3,134回読まれました by yoshiwo 
▼ もっと読む

関連情報

香港ディズニーランド
おすすめショー ランキング

もっと見る ≫
data-ad-format="auto">

香港ディズニーランドの旅行ガイド

攻略ガイド ≫

クチコミ メニュー

ランキング:クチコミ ランキング:レビュアー