カリフォルニア・アドベンチャー

ワールド・オブ・カラー

World of Color
★★★★★ 4.8 (33件)

パラダイス・ピア

世界最大級のウォータースクリーンと噴水が織りなす水上ショー。ディズニー映画の名場面が1200個の噴水と特殊効果で次々と登場します。前方エリアは濡れるので注意。鑑賞エリアのファストパス(入場整理券)はグリズリー・リバーラン横(マップB)で発券できます。2015年5月22日より「World of Color - Celebrate!」と題した全く新しいショーにリニューアルされました。


data-ad-format="auto">

ニュース&特集

クチコミ(33件)

クチコミを書く
とても良い
27
良い
4
普通
2
悪い
とても悪い


ダイニングパッケージ利用時の入場方法(2016年6月時点)

World of Colorを見るのは二回目だったのですが、今回はより良い位置で鑑賞したいと思い、ワインカントリートラットリアのダイニングパッケージを利用しました。
(※鑑賞日:2016年6月26日 21:00〜)

入場方法

まず並ぶ場所ですが、19時頃に各エリアの入場口を案内する看板が立ち始めます。
リトルマーメイドのアトラクションを背にして左から、
・Blueエリア
・デザートパーティエリア
・ダイニングパッケージエリア
(ワインカントリー、アリエルズグロット)
・ダイニングパッケージ
(カーセイサークル)
・Yellowエリア
の順です。

ワインカントリーとアリエルズグロット利用者は真ん中の「PREFERED DINING ENTRANCE」と書かれた看板の所にYellowエリアの看板の方に向かって並びます。
カーセイサークルレストラン利用者は入口が別になっていたので注意してください。

20時になると入場開始です。
キャストが先導するので走らずに前の人についていきましょう。

鑑賞エリア

他のエリアはよく見ていなかったのでわからないのですが、ダイニングパッケージのエリアは正面の最前、及び二段目でした。
ちなみに最前のエリアはWetエリアとなります。
私達は濡れるの覚悟で最前の柵前正面で鑑賞しました( ̄^ ̄)ゞ

混雑具合

入場開始時点でBlueエリアとYellowエリアはものすごく行列していましたが、ダイニングパッケージのエリアはかなり余裕がありました。
30分くらい経ってようやく後ろ(二列目)に人が来たという感じです。

正面最前で観るショーは圧巻!

前回は場所取り合戦に乗り遅れて橋の上から見ました。
それはそれで全体が見渡せて良かったのですが、やはり最前正面で観るショーは迫力が段違いです!
終始感動しっぱなしでした(ToT)
濡れるといってもトロスプや雅涼群舞に比べればただの霧雨です、気にせずいきましょう!

▼ 続きを読む
各入口はこのような感じです
ダイニングパッケージ利用者(カーセイサークル除く)はこの看板が目印です。
入場待機列から撮影。左の黒い椅子がある場所がデザートパーティのエリアみたいです。
入場開始して20分位経過した時の状況。ダイニングパッケージのエリアはまだ余裕があります。
柵前もまだ空いてます。
正面どセンター!
ワールド・オブ・カラー
大迫力で感動しっぱなしです!
 by coozi 

ワールド・オブ・カラーのファストパス攻略法

あまりのスケールと美しさに涙腺が緩むこと間違いなしのショーです。ただ、最高の感動には最高の場所取りが必要です。アメリカ人は背が高いし、肩車攻撃が多発するので、日本人の僕らは何としても見やすい場所を確保したいところです。見やすい場所で観るワールド・オブ・カラーはホントに最高のひと言です!

場所取り方法

ワールド・オブ・カラーの鑑賞エリアは入場チケットがないと入れません。その入場チケットを確保する方法は2014年5月時点で3つ用意されていました。昔あったピクニックミールは廃止されました。

・FASTPASS
 → グリズリーリバーラン横の発券所で配布
・Carthay Circle Restaurant
 → コース料理で中央席チケットを提供
・Wine Country Trattoria
 → コース料理で予約席チケットを提供
(2014年5月のパンフレットより)

ファストパスの入手方法

無料で入場チケットを確保する唯一の方法がファストパスを発券する方法です。グリズリーリバーランの隣にあるファストパス発券所で入手できます。他のアトラクションのファストパスと連動していないので重複して取得できます。発券する時間帯によって「YELLOW」と「BLUE」の2種類のチケットが出てきます。この色によって入場できるエリアが違ってきます(下記のマップ参照)。ロジックは不明ですが、早めに発券するとYELLOWで、YELLOWが在庫切れするとBLUEになるのかもしれません。僕らは15時ぐらいに発券してYELLOWでした。YELLOWエリアはなかなか観やすいエリアでしたね。

予約席の入手方法

Carthay Circle RestaurantとWine Country TrattoriaでWorld of Color専用のコース料理を食べると予約席チケットを入手できます。この予約席は鑑賞エリアの中で一番観やすいとされる中央エリアに設定されています。コース料理は結構なお値段がするみたいなので予算に合わせてご検討くださいませ。

ファストパスの入場方法

ファストパスを取得して安心してはいけません。このファストパスは入場整理券というだけで、上演直前に入場すれば相当見にくい場所になる可能性は十分にあります。そこで重要になってくるのは「鑑賞エリアに出来るだけ早く入場すること」です!上演90分前ぐらいから入場待ち列が形成され始めて、上演60分前に入場開始します。入場開始時には既にかなりの列ができていますので、90分前を目安に待ち列に並んだ方がよいです。待ち列の場所は下記のマップを参照してください。

おすすめの鑑賞場所

ズバリ「柵前の最前列」です!最前列と言っても「ラグーン前の最前列」と「花壇前の最前列」があります。ラグーン前の最前列は大迫力ですが風向きによって猛烈に濡れるのでレインコートが必要です。花壇前の最前列はあまり濡れず全体が観やすいです。あと、視界を遮るスピーカーの柱があるので、それの正面にならないように場所取りしましょう。

再入場OK

場所取りした後に買い出しやトイレに行くことはできます。入場する時に回収されたファストパスを返却してくれるので、それで再入場しましょう。

最前列で観ることができれば感動は何倍も違うので早めに場所取りをしましょう。待っている間に食事をすれば効率的ですね。ぜひ現地でしか体験できない迫力を楽しんできてください!

▼ 続きを読む
鑑賞エリアのゾーン分けマップ (C)Google
鑑賞エリアの全景。階段になっているので柵前なら見やすいですよ。
ファストパス発券所はグリズリーリバーランの横です
これがファストパス。YELLOWが鑑賞エリアを表しています。
上演60分前の入場待ち列。既にかなり並んでいます。90分前には並びましょう。
上演60分前に入場開始。入場したらすぐにこの花壇前の最前列を確保しましょう!
僕らが確保した最前列の場所はこちら。あまり濡れずに見やすかったです。
上演60分前の柵前の様子。見やすい場所はすぐに埋まってしまいます。
階段の場所取りの様子。ここより柵前の方が見やすいです。
桟橋エリアは風向きによっては相当濡れるのでレインコートが必要です。
肩車の子どもたちが前方に見えますが、こちらの方が高い位置なので気になりません。
最前列で観るワールド・オブ・カラーは感動間違いなしです!
 by KABOSU 
data-ad-format="auto">

どうしてこうなっちゃったの…

★★★★★ 2015年5月に訪問

どうしてこうなっちゃったの…

3月にランチのダイニングパッケージで鑑賞エリアから見たWoCがあまりにもよかったので、今回も同様のプランを利用。
60周年仕様になって二日目ですが、パッケージがあるおかげか、入場時間30分前にスタンバイしても、十分にいいスポットを確保できました。

さて、タイトルにもある通り、この60周年仕様のWoCは期待はずれ。
まるで歴史のお勉強をしているかのような気分になります。
以前のような音楽メインで、ショーが進んでいく物ではなく、いちいち解説がつくものになっており、なんだか感動にかけてしまいます。
ミッキーとニールパトリックハリスが進めていくので、ファンには溜まりませんけど笑
まず、ミッキーの歴史から始まり、その他の作品へ。その最後になぜかアナ雪だけがっつりひと枠を確保しているという、なんとも違和感のある感じ。
そのあとは、パーク内のアトラクションの音楽とともに進んでいきます。なんとこの間に予想外のスターウォーズが!さすが買収されただけあります。ゲストは大盛り上がり!
そのあとは、ディズニー作品とはあんまり関係ない、パークを過ごすゲストの姿がオリジナルの楽曲(この曲が結構良い!)とともに流れます。
フィナーレは安定して感動的、と言いたいのですが、ここも何かが欠けている!以前のワールドオブカラーのように、水面にレーザーでロゴが映し出されるあの感動的なラスト(ぜひ動画サイトでご覧ください笑)がなんとカット!
水と炎ばんばんだして、はい終了!
思わず えー! と言ってしまいました、ごめんなさい。

凄く辛口になってしまいましたが、内容としてはそう悪くはないです。60周年を振り返る点では良いと思います。
しかし、以前のWoCを知っているものとしてはあまりにも物足りない!というか感動にかける!
というところです。60周年終了後は通常モードに戻ることを期待してます。

▼ 続きを読む
ニールパトリックハリス好きにはたまらない。私もその一人。
懐かしいミッキーが盛り沢山
ワールド・オブ・カラー
ワールド・オブ・カラー
ベイマックスもでてます!
アナ雪だけがっつりパートがあります。とほほ
ホンテッドマンションやパイレーツも!
スターツアーズを名目にスターウォーズのシーンがあります。
ワールド・オブ・カラー
ワールド・オブ・カラー
 by ayaka. 

炎と水柱の迫力満点!

★★★★ 2015年8月に訪問

炎と水柱の迫力満点!

平日の火曜日に観てきました。
この日は21:45からの1回のみの公演でした。
(クローズは22:00)

60周年記念かつ、初めてのアナハイムだったので、少しでもいいところで見たかったため、ワインカントリートラットリアでのファストパス付きランチを予約していきました。

ファストパス待機列は2時間前くらいからロープが張られ、何となくのうちに列ができていきます。
予約席のファストパス列はアリエルのアトラクションの前あたりになります。
通路から会場側にファストパス列、通路からアリエルのアトラクション側にはファストパスを持っていない人たちの待機場所になっているので、間違えてこちらに並ばないように注意が必要です。
(私たちも途中までそこにいて、間違えていました)

入場は開演の1時間前ですが、最前列が取りたかったので2時間前から並んでいました。
無事に待機列の2番目を確保。
入場時はキャストが先導して、走ったりしないようにしてくれます。

最前列には柵の部分と、ブロックの部分があるため、ブロック部分を確保。
最前列は水に濡れるということでしたので、ここなら荷物を足元に置いておいてもブロックが盾になってくれます。
(ただ実際はそこまで濡れませんでした。風向きもあるかもしれませんね)

ショーは炎の熱さ、水柱の高さに圧倒されます!
…が、内容自体はちょっと期待が大きすぎたせいか、ちょっとだけモヤモヤしてしまいました。。
ディズニーの歴史が少し多い気がしました。
と言っても決して悪いわけではありません!
感動は十分味わえます!

横に広いショーのため、最前列は写真や動画を撮る際、全てが収まりきりません。
全体を見たい場合は後方からの方が良いかもしれません。
迫力は間違いなく最前列だと思います。

▼ 続きを読む
▼マップをひらく
このシーンは1番感動的です!
パラダイスピアを舞台にショーが始まります。
ミッキー
最初からディズニーのキャラクターが勢ぞろい!
アリスや
美女と野獣や
カーズ
ベイマックスも!
アナ雪は特に長い時間がとられています!
大迫力のウォータースクリーン!
音楽と水柱がマッチします!
ディズニーランドのアトラクションの歴史も!
イッツアスモールワールド
スターツアーズのパートはテンション上がります!
ソロとチューパッカ
ラストに向けて…
お城のシルエットがキレイです。
最後は何が何だか分からないくらいの水柱と火柱が!
余韻が心地いいです。
ちなみに少し引いた場所からはこんな感じでショーが見られますよ!
 by じゅに 

60周年イベントスタートと共に、ワールドオブカラーも
「World of Color - Celebrate! The Wonderful World of Walt Disney」
と言う名で60周年仕様となっており、毎日1~2回開催されます。

エンディング近くに流れるウォルトとミッキーが手を繋ぎながら未来に向かって歩いていくシーンは感動ものです!

ショーが終わると皆さん一斉に退出するのですが、World of Color-Celebrate!のテーマソング「Forever Young」が終わるまで是非待っていて欲しい。

この曲が終わると、最後にウォルトからゲストに向けてのメッセージがありますよ(^_^)

ワールド・オブ・カラー
ワールド・オブ・カラー
 by YU 

勝手に涙が出てくる

★★★★★ 2015年9月に訪問

勝手に涙が出てくる

念願だった60周年verの「World of Color celebrate!(以下WoC)」見てきました!
60周年のWoCについて酷評の方がいらっしゃいますが、自分は本当に感動しました。終始涙が止まらず歓声をあげてしまいました。あくまで個人差がありますので誇張は出来ませんが、60周年verも本当に素晴らしいショーでしたよ!(ちなみに通常verのWoCも鑑賞したことがあります。)
少しでもご参考になればと思い投稿します。

従来のWoCと60周年verのWoCの違い

従来のWoCはディズニーアニメーションやキャラクターをメインに、ストーリー性等は無く、シーンに合わせて噴水やウォータースクリーン、光、炎、その他特殊効果で魅せる内容になっているので、とても見やすいものになっていたと思います。誰もが感動出来るショーでした。
一方今回の60周年verは、従来のものには無かったストーリーがあります。東京のワンスアポンアタイムのようなものと言えば分かりやすいでしょうか。ポット夫人の語りに合わせてショーが構成されていますよね。そしてウォルトディズニーの人間そのものが好きな人にとってはとても感動する内容になっているかと思います。
現地では知名度のある俳優がホストを務めその俳優がウォルトにまつわるストーリーを語り、そのストーリーに沿ってショーが構成されます。一連のストーリーではなくブロック分けのような構成になっていて、ミッキーの誕生・ディズニーアニメーションの生い立ち・ディズニーランドの誕生など、ウォルトディズニーが今までに残した功績などを讃える内容になっています。
ホストが語るストーリーはもちろん英語ですが、英語が分からずともシーンで十分理解出来ます。
また今回は観覧車の大きなミッキーのシルエットにもマッピングが施され、従来よりもショーのキャパシティが若干大きくなっています。
個人的にはディズニーランドのブロックが感動しましたね。馴染みのある音楽に合わせてアトラクションの名シーンがウォータースクリーンに映し出されます。

簡単に言うと従来のWoCが「ウォルトディズニーが贈るショー」、今回のWoCが「ウォルトディズニーに贈るショー」といったところでしょうか。
ウォルトが残した功績や名誉をcelebrate!の名前の通り祝福しようというものです。

ファストパスの取得について

(ファストパスで対象になる鑑賞エリアはYELLOWとBLUEになります。鑑賞エリアから正面を見て右側がYELLOW、左側がBLUEです。ちなみにYELLOWとBLUEの間のセンターエリアは、特別なディナーパッケージ等を予約利用した人だけが入れるエリアになりますので一般のゲストは入ることが出来ません。)
※鑑賞においてのおすすめエリアはYELLOWです。
土曜日の朝開園後すぐに取りに行った際、鑑賞エリアBLUEのFPが発券されていました。
一方月曜日の開園2時間後に発券するとYELLOWのFP。早ければ早いほどYELLOWエリアのFPが取れる訳でも無く、平等にする為に時間を問わずランダムで発券されているようですね。2分の1の運に賭けましょう!逆に言えば現地への到着が遅れてしまっても全然YELLOWで観れるチャンスがある訳ですから、迷わずFPを取得するべきです。
※このWoCのFPに限り他のアトラクションとのFPの連携が行われていません。WoCのFPを取得後、すぐにまた別のFPを取得出来ます。

発券場所は他の方の言うように「Grizzly river run」というアトラクションのFP発券機の一部がWoC専用の発券機になっています。入園してしばらく真っ直ぐ進むと右側に大きな岩山から流れる滝がありますので滝が見えたらそこが入口です。

FPを取得したら

ショーの時間までたっぷり遊びましょう!
※但しFPを取得したからと言って油断は禁物!
FPはあくまでエリアの入場を保証するものであって(いわば入場券)良い場所で観れるとは限りません!ショーのスタート時間より1時間前に各エリアの待ちエリアに戻って来るよう記載されていますが、記載の内容に従って1時間前に指定の待ちエリアに行くと既に人が溢れています。
自分が行った時はYELLOW、BLUE共にショーのスタート時間の2時間前からキャストがなにやらラインを作りはじめ1時間半前からアナウンスを始めていました。
★各エリア、より良い場所で観たいのであれば
FPの記載がBLUEの場合…リトルマーメイドのアトラクションの出入口付近
FPの記載がYELLOWの場所…「Golden Zephyr(ゴールデンゼファー)」という銀色のロケット?がくるくる回る2階層のアトラクションの出入口付近
にとりあえず必ず2時間前には行って下さい。
キャストが立ち始め何か列というか待ちが形成されるのですぐに分かると思います。形成されたらそこに行けば大丈夫です!
アメリカ人は日本人ほど我先に精神が無いというかショーにかける熱意が日本ほど無いというか…何かと寛大な方が多いですので2時間前に行けば待ち列もかなり前の方で待機出来ます。待ち列の幅も広いので前に行こうと思えば行けます。自分は最前で待機出来ました。(ただズル込みはマナー違反なのでやめましょうね。許容範囲内で…)
1時間前になると待ち列のロープが解放されますのでそこから鑑賞エリアに入ります。
エリアに入ったら素早く場所を取りましょう。

鑑賞エリアは階段状になっています。
シーのミッキー広場と違い4段くらいのフロアに分かれていてどこからでも比較的見えますがやはり周りはアメリカ人ですから大きな方々ばかりです。また日本ほどキャストの注意も厳しくないので、ショー中に平気で子供を親の目線より高く抱き上げたり肩車をしたりします。
待ち列の前の方で待機出来て且つ早くエリアに入れたら、素早く柵がある各フロアの最前をとりましょう。柵の前に大きな人が立っても自分が立つフロアの方が高いのでしっかり見えます。

オススメの場所

前の段のフロアに行けば行くほどショーの迫力は増しますが、風向きによっては尋常じゃないくらいの水が掛かります。一番前の段のフロアには「Wet Zone」との看板があり、夏イベのショーに匹敵する程びしょ濡れになります。
迫力が尋常じゃないのでびしょ濡れになってでも自分はここをお勧めしますが、逆に濡れずに迫力あるショー全体を鑑賞したいとのことであれば後ろの段にいけばいくほどそれが可能になります。
迫力と共に掛かる水の量も多いことを頭に入れておいて下さい。
でも自分はWet Zone、またはその後ろの段での鑑賞をお勧めします!だってせっかく来たんですから!!!迫力だって日本じゃありえないですよ!濡れたくないようだったら後ろの段に下がるのではなく、カッパを着ましょう(笑)実際カッパを着てる現地の人も多数いました。

…と、長文になってしまいましたが自分なりにまとめてみました!参考になれば幸いです。

▼ 続きを読む
ワールド・オブ・カラー
ワールド・オブ・カラー
ショーが終わっても暫くそのままで。ウォルトからのメッセージがありますよ!
涙無くしては見れないシーンです。
 by tkmickey 

60周年バージョン。水と光の素晴らしいショー

卒業旅行で2月に行って参りました。
ハプニングもあったのでご参考にしていただければと思い投稿します。

World of color 60周年バージョン とは

ワールドオブカラーはDCAでしか見られない、水と光で演出される素晴らしいショーです。
現在60周年ダイアモンドセレブレーションバージョンになっています。

内容はたくさんの方が口コミされているので詳しくは控えますが、基本的に60年間のウォルトとディズニー作品、ディズニーランドの歴史という感じです。ですが、日本では感じられないウォルトリスペクト感に大変感動、号泣しました。ウォルトすごい、神様、ありがとうございます。って気分になります。

鑑賞前に少しでもウォルトの事に関して検索して見ておくと、さらにショーを楽しめると思います。Wikipediaとかいいと思います

鑑賞時の注意!

ワールドオブカラーには注意するべき点が多いので、簡単に上げていきます。

鑑賞エリアで見るにはファストパスが必要!

そうなんです。必要です。しかも発券場所がわかりづらい。

入場後カーセイサークルレストランまで向かう → ソアリン、グリズリーピーク方面(正面向かって右側)へ曲がる → 道なりに進むと → 左手にグリズリーリバーランの川が見える → 大きな木彫りの熊さんが見えたらそこ!

です。地図をご参考にしていただけると幸いです。

鑑賞エリアが決まってる

FP発券すると、yellowとBlue どちらか印字されて出てきます。これが鑑賞エリアとなり、これによって入場待機列が変わってくるので注意です。
Blueならミッキーの観覧車を正面にして左側、yellowが右側です。正面の円の部分はバケパ席なのでFP券での鑑賞は不可です。

朝一で発券するとyellowが出る。とよくネットで見ますが、私たちが朝一で発券したらBlueでしたので本当にランダムなんだと思います。

待機列形成時に注意

待機列の形成は開演2時間前だったと思います。1時間前になったら開場。中に入って場所取りができます。

列形成もyellowとBlueによって場所が異なるので注意です。地図を載せているので参照してください。

私たちの時はキャストさん5人にBlueエリアの確認をして、やることもなくて4時間位前から列形成付近を漂っていました。2時間前になって列形成が始まると人が殺到するので注意しましょう。

ここでハプニングがありました。
Blueエリア入場待機列だと思って並んでいたところが、yellowエリア入場待機列だと叫んでアナウンスされました。まさかすぎて半分パニックになる周囲。一度列を抜けてBlueエリア列に急いで向かおうとしたところ、キャストさんがBlueだのyellowだの両方のエリアを叫びあっていました。

おそらく間違いだったのだと思いますが、結局ぐだぐだに崩れた列のまま待機する事になりました。なので開場時にまるで地獄のような混雑と罵声が凄かったのですが、なんだかんだ入れたので良かったです。

並ぶときは必ずきちんと複数人に確認してから並ぶことをお勧めします。

おすすめ鑑賞場所

正直yellowエリアの方が随分と見やすい様ですがあまり変わらない気がします。朝一で発券したらBlueだったのでBlueで鑑賞。あとはどれだけいい場所で見られるかによります。前方スピーカーに注意です。

アメリカ人は身長がデカイ。また肩車は普通にするので、植え込みや柵の前がおすすめです。また、最前列の柵前もいいと思いますが、とんでもなくびしょ濡れになります。また、横幅いっぱい使って開催されるショーなので全体を見渡した方が絶対にいいと思います。なので少し後ろ目を選んで。

登場キャラ

ディズニーに関するもの全てだいたい出てきます。とっても素敵。

まとめと感想

長くなりましたがまとめ。

・鑑賞エリアで見るならFP発券が必要
・Blueエリアyellowエリアと別なので注意
・バケパ席もある。いいところで見られる
・入場待機列は2時間前から形成。1時間前開場
・yellowとBlue待機場所が違うので注意
・必ずキャストさんに確認を
・待った時間isプライスレス
・正直yellowで見たかった
・ディズニーランド、ウォルトが好きな人にとったら最高のショーです。

60周年もクライマックス。是非みてほしいと思います。

▼ 続きを読む
始まる前
終わった後
ワールド・オブ・カラー
最高すぎて涙出る
待ちがとにかく長かったので、何かフードを買って待機するのがいいと思います。
FP発券までのみちのり
この看板を見つけたらこの方向に進んで!
Blueエリアの待機列。矢印方向に向かって最後尾になっていきました。正直橋の上から見るのもアリだと思います
FP
 by すだし 

素晴らしい!! ※水濡れ注意!

★★★★★ 2014年10月に訪問

10月に行ってきました。World of Colorは今回で2回目。
前回は場所取りも出遅れ1時間弱前で前の方はほぼ埋まってしまって、あまり見えませんでした。リベンジも兼ねて、今回はディナーパッケージ予約で優先席チケットを貰うことにしました。優先席といってもどれくらい人が埋まるかの予想がつかなかったので一応40分前に行くとガラガラで、ど真ん中の最前列を確保。ついにWorld of Colorが始まり、出足から鳥肌が立つほど素敵な音楽、噴水がカラフルなライトに照らされとても幻想的で、その素晴らしさに涙が出そうでした。今回はビデオを撮ろうと思い準備満タンでセットしていましたが、始まると予想以上の水が。。。途中からはレンズが水しぶきで濡れてしまい、後で見直すとあまり見えませんでした。ビデオに残したい方は少し後ろから鑑賞した方が良さそうです。
ただ、最前列から見るWorld of Colorは今まで見た中で最高に感動的で素晴らしいショーでした!

 by keiko 

感動する60周年バージョンの「ワールド・オブ・カラー」

「World of Color - Celebrate! The Wonderful World of Disney」

 2015年5月22日から始まった60周年バージョンの「ワールド・オブ・カラー」。
クチコミを見ると賛否両論のようですが、ウォルトをリスペクトする私にとっては大好きなショーです。

ホスト役のニール・パトリック・ハリスとは誰?

 このショーのホストはミッキーとニール・パトリック・ハリスです。
ニール・パトリック・ハリスとは何者なのか?
彼はアカデミー賞授賞式の司会やアメリカのディズニーパークの特番などに出演したりとディズニーと関係の深い人です。

「ウォルト・ディズニー」の半生を振り返る内容

 内容としては前半がミッキーの誕生や白雪姫などウォルトが生み出した作品から、アナと雪の女王といった最新のアニメーションが水上スクリーンに映し出され、後半はディズニーランドの歴史でカリブの海賊や魅惑のチキルームなどが映し出されます。

フィナーレは感動ものです!!

 最後はウォルトと手をつなぎ歩いていくミッキーの姿が映し出されます。このシーンは本当に涙ものです。
すごく感動します。

ウォルト・ディズニーを知っている人ほど楽しめるかも!?

 私は子供のころからディズニーが好きで、その作品を生み出したウォルトについて知りたくなり、伝記を買って読んだりしていました。それもあったからか、すごく感動して、大好きなショーになりました。
逆にウォルトをあまり知らない人は少し退屈かもしれませんね。

「ミッキーのファンウィール」と「カリフォルニア・スクリーミン」にもスクリーンが設置されました

 演出面で大きくパワーアップしたのはこのスクリーンでしょう。水上スクリーンよりかなり見やすいです。
1回目観たときは「ミッキーのファンウィール」のミッキーの顔が映像になっているとは始まるまで気付きませんでした。

FPでの場所取り攻略法!!

 「ワールド・オブ・カラー」はすべて立ち見です。背が低い人(私のことですが)にとって、場所取りがショーを楽しめるかどうかを決める生命線です。今から書くことを実践すればなかなか良い場所で観れると思います。

①FPを発券しに行く!
 朝一に発券すると「BLUE」のFPが出てきます。発券場所はグリズリーリバーラン横の発券所です。グリズリーリバーランと発券場所が分かれているので間違えないようにしましょう。「BLUE」でも「YELLOW」でも場所取りによってはどちらも見やすいので心配いりません。

②鑑賞エリアは「BLUE」と「YELLOW」の2つに分かれています。
 「BLUE」の入口は「リトル・マーメイド:アリエルのアンダーシー・アドベンチャー」の前あたり(マップA地点あたり)です。
 「YELLOW」の入口は「ゴールデンゼファー」付近(マップB地点)です。

重要!!③90分以上前に入口付近にいる!!

 列ができ始めたらすぐに並びましょう。すぐに並ばないと良いポジションは取れません。60分前ぐらいから入場が開始されます。

④場所取りは花壇の前の最前列を!!

 花壇には柵があるため、誰もいません。前に大きなスペースができるため、非常に見やすいです。あとはスピーカーがないところに場所取りすれば準備万端です!!ショーを最高に楽しみましょう!!

注意点!!:「ワールド・オブ・カラー」のFPを発券できるのは1日1回です。

 1日2回公演のとき、どちらも観たいと思って、2回目も発券しに行ったら、「すでに発券されています」と書かれた紙が出てきます。なので、1度発券すると、時間変更はできないので、1日のスケジュールを計画して発券しましょう。

番外編1:「ミッキーのファンウィール」にスクリーンを設置するとき、少しの間、ミッキーの顔が消えます。

 「ワールド・オブ・カラー」を待っていると、スクリーンを準備するところを見ることができます。ミッキーの顔がないファンウィールは変な感じがします。

番外編2:オープニングの曲は日本でも聞いたことのある曲

 オープニングの曲をどこかで聞いたことがあると思ったら、日本でも使われていました。
①「東京ディズニーランド 15thアニバーサリー ミュージック3~クリスマス・カーニバル」
 TDL15thのCDに入っている「マジカルモーメント」です。
②「東京ディズニーシーバレンタインナイト」

▼ 続きを読む
▼マップをひらく
ミッキーの顔が!?
映像に切り替わりました。
 by りょ〜たP 

日本では感じることの出来ないWalt Disneyを。

最近の日本のパークではほとんどその名を聞くことはありません。
やはり、「ウォルトが直接手掛けたパーク」と「そうでないパーク」の違いでしょうか。
ウォルト・ディズニーの存在がいかに大切にされているかを感じることが出来ます。

前バージョンとの違い

私は2014年2月に訪れた際に前バージョンを鑑賞していますので、まずはその違いから。
前バージョンではとにかく沢山のキャラクターが登場します。
日本ではあまり注目されていない『メリダとおそろしの森』や『カールじいさんの空飛ぶ家』のキャラクターまでもが登場し、火と水をふんだんに使ってショーを盛り上げます。
なにより私が感動したのは噴水の動きパターンの種類が豊富ということです。
こんなにも水を自由自在に操ることができるのか、しかもそれが全てアニメーションとマッチしている。
終始鳥肌が立ちっぱなしで、圧巻の一言に尽きました。
それに対して60周年バージョンのCelebrate!はどうなるかというと、完全にストーリー重視です。
少しでもウォルトの歴史、ディズニーの歴史が頭にないと100%楽しむことはできないでしょう。
迫力という点ではCelebrate!の方が勝っていると私個人は感じましたが、
全てを楽しめるかと言われるとすぐには頷けない、そんな印象を抱きました。
ただただ、ウォルト・ディズニーを大切にしている姿勢を感じる。この一点につきます。

見る前に知って得するポイント

では、Celebrate!を楽しむために私なりにではありますが、おさえておきたいポイントを厳選して紹介させて頂きます。

[1]蒸気船ウィリー
ミッキー・マウスとミニー・マウスのデビュー作として知られ、公開日1928年11月18日が誕生日となっている。

[2]白雪姫
ディズニーの長編映画1作目であり、世界初のカラー長編アニメーション

[3]魅惑のチキルーム
オーディオアニマトロニクスを用いた世界最初のアトラクション

[4]イッツ・ア・スモールワールド
ニューヨーク世界博覧会に制作し、移設されたアトラクション

以上4点はこのショーを楽しむには必要不可欠なポイントだと私個人は感じています。
特に[3]の魅惑のチキルームに関しては、知らない人にとってはなぜこのタイミングでこれが採用された?!とびっくりしてしまいますので・・(笑)

鑑賞方法

1、ファストパス(以下、FP)の取得
2、ダイニングパッケージの利用
この2点のみとなりますので、気を付けて下さい。
2は利用していないのでここでは1のみについて書かせて頂きます。
ファストパスはグリズリーリバーランというアトラクションにてFPをゲットして下さい。
BLUEとYELLOWがあります。YELLOWのが観やすいというクチコミを拝見しましたが、
個人的にはどちらも変わらず、良い場所を確保できたかに尽きると思います。
エリア内の場所の確保に関しては他の方も仰ってる通り、柵前最前列がベストポジションです。
先日の滞在では2回鑑賞しましたが、1回目は坂を下って中途半端な位置、2回目は坂を下らず柵最前列。
圧倒的に坂を下らず柵最前列のが観やすかったですね。
開始時刻30分前でしたが空いていましたので、穴場かもしれません。
皆さん坂を下ってより近い所でみようとするので…

感想

Celebrate!初見では、あれ、前バージョンのが好きかもと思っていたのですが、
2回目見た際には、心が持っていかれました。
日本のパークでは確実に感じることの出来ないウォルトの偉大さを感じるショーです。

▼ 続きを読む
柵最前での鑑賞
中途半端な位置での鑑賞(終演後なので人はまばらではありますが)
 by A 
もっと読む

フォトギャラリー(106枚)

カーセイサークルレストランの鑑賞エリアから。スピーカーが…(^_^;)
ワインカントリートラットリアを利用して最前列から鑑賞
正面どセンター!
各入口はこのような感じです
ダイニングパッケージ利用者(カーセイサークル除く)はこの看板が目印です。
入場開始して20分位経過した時の状況。ダイニングパッケージのエリアはまだ余裕があります。
入場待機列から撮影。左の黒い椅子がある場所がデザートパーティのエリアみたいです。
柵前もまだ空いてます。
大迫力で感動しっぱなしです!
FP発券までのみちのり
もっと見る

\ このページを友達にもシェアしよう /

人気ショー ランキング

ファストパス対応ショー ここでしか体験できないショー 予約できるショー 雨の日でも楽しめるショー
data-ad-format="auto">
カリフォルニア・ディズニー
攻略ガイド ≫


メニュー

ディズニーリゾート&パーク一覧はこちら
クチコミ TOP
新着クチコミ クチコミを書く!
クチコミを書いて人気グッズをGETしよう!
プレゼント抽選会
クチコミを書いてギフト券をGETしよう!
クチコミ アワード

クチコミ ランキング レビュアー ランキング