惑星パンドラのバイオルミネーセントの美しい夜景と混雑状況を現地レポート!

惑星パンドラのバイオルミネーセントの美しい夜景と混雑状況を現地レポート!

ウォルトディズニーワールド(WDW)にオープンした、映画『アバター』の世界を再現したテーマエリアの美しい夜景と混雑状況をレポートしたいと思います。(写真26枚)



data-ad-format="auto">

オープン直後の混雑具合

アバターエリアのオープンは、アメリカの祝日の週末と重なったため、かなりの混雑となったようです。アニマルキングダムのかつてない混雑度は、現地のニュースでも話題になっていました。

オープン当日の金曜日、僕はディズニーには近寄らず、アプリで混雑度をチェックしていました。初めて僕が公式オープン後にパンドラを訪れたのが2日後の日曜日。あれ程アニマルキングダムが混んだところを見たのは初めてでした。

オープン初日

2つのアトラクションの待ち時間は6時間を超え、夜間になっても2時間以上の待ち時間。パーククローズ間近には故障のため、休止と表示されていました。アトラクションの待ち列は、遥か遠く、入口近くのレインフォレストカフェまで続いていたとか。

オープン2日後

昼間からアトラクションの待ち時間は3時間以上。最も暑い時間を避けて18時以降にアニマルキングダムに到着するも、ゲートを通過した時点で満員電車状態。中に入った友達の報告によると、ゲートからツリーオブライフまで通常5分で行けるところが、30分かかったそうです。入場を断念し夜間までアニマルキングダムロッジで待機。

21時頃パークに戻ると、ピザファリまではすんなり。そこで見た光景に唖然。なんとパンドラのエリアに入る為の長蛇の列が!こんな時間でも30分待ちだそうです。せっかく来たから、と列に並ぶと、意外と進みが良く、12分くらいでパンドラへの入場開始。

パンドラのエリアは入口で入場制限をしているおかげで、人は多いものの比較的動きやすく、写真を撮影するのになんの支障もありませんでした。ただ、21:30頃なのに未だにアトラクションは3時間待ち。ショップに入るのも、ドリンクを買うにも長蛇の列が…何故だかレストランの列だけは空いていて、待ち時間は5分程度でしたが、レストランのテーブルで休憩している人が多数。テーブルを見つけるのが少し難しかったです。パンドラこんなに混みますか!正直驚きました。

週明けの平日

平日はやはり少し落ち着いてはいるようです。もう直ぐ学校が夏休みに入るので、今週は空いているのかもしれませんが、パンドラエリアに入る為の列はできていませんでした。ただアトラクションのスタンバイは、フライトオブパッセージは3時間前後、リバージャーニーは2時間前後、夜はそれぞれ1時間くらいづつ列が短くなっているようです。やはり平日の方が狙い目だと思われます。

バイオルミネーセント

パンドラと言えば、バイオルミネーセント(夜光性)の植物達ときらきら光る地面。アトラクションはハナから諦め、これを唯一楽しみにして来ました。とてもとても綺麗なんですが、思った以上に暗くて想像していた以上にバイオルミネーセントが見えにくい。写真で撮ると何倍もの明るさに写るんです。特に巨大な浮島はあまり光を放っていないので、見えにくいです。僕はプレビューの時にこの浮島を見て息を呑みましたが、その反応が今回初めて来た友達にはみられませんでした。大きさは伝わっているようですが、イマイチピンと来ないらしく、リアクションの無さにちょっとがっかり。それでもやはり綺麗は綺麗です。昼と夜全く違う様子を見せるパンドラは、やはり両方の景色を楽しみに来て見てください。パンドラと言えば、バイオルミネーセント(夜光性)の植物達ときらきら光る地面。アトラクションはハナから諦め、これを唯一楽しみにして来ました。

とてもとても綺麗なんですが、思った以上に暗くて想像していた以上にバイオルミネーセントが見えにくい。写真で撮ると何倍もの明るさに写るんです。特に巨大な浮島はあまり光を放っていないので、見えにくいです。僕はプレビューの時にこの浮島を見て息を呑みましたが、その反応が今回初めて来た友達にはみられませんでした。大きさは伝わっているようですが、イマイチピンと来ないらしく、リアクションの無さにちょっとがっかり。それでもやはり綺麗は綺麗です。昼と夜全く違う様子を見せるパンドラは、やはり両方の景色を楽しみに来て見てください。

バックグラウンドストーリー

パンドラを訪れる際に知っておくと良い用語をご紹介します。

【RDA】Resources Development Administration

映画アバターに登場した、パンドラの環境破壊を全く気にせず、資源を根こそぎ持って行こうとした地球の企業。主人公ジェイク達はこの企業からパンドラを守る為に戦いました。現在RDAはパンドラから撤退したが、彼らのパンドラ開拓時の建造物や、マンホールの蓋などの形跡が未だにあちこちで見られる。

【PCI】The Pandora Conservation Initiative

パンドラの環境を研究し、破壊された環境を復旧させようとするサイエンティスト達を中心とした団体。PCIの研究所の様子は、フライト オブ パッセージのスタンバイの待ち時間の間に見る事ができます。彼らのバンシープロジェクトの結晶が、正にフライト オブ パッセージで僕らが体験出来るシュミレーターというわけです。

【ACE】Alpha Centauri Expeditions

パンドラのエコツアーを企画しているツアー会社。RDAと異なり、パンドラの環境、文化、民族を重んずる企業。ACEのロゴは、水飲み場など様々なところで見かける事ができる。パンドラで働いているのは、ディズニーキャストではなく、ACEの社員だという事が、彼らのネームタグからも確認できる。リバージャーニーのキューエリアやボートはACEが製作したもの。

パンドラに入場するための列(オープン後第1週目週末)

パンドラに近づいて行くと、何やら人集りが…
パンドラに近づいて行くと、何やら人集りが…
キャストさんによると、パンドラに入場するのに30分並ぶとか…まさか9時過ぎに来ても列ができているとは。暑さ対策で、パラソル、ベンチ、お水が用意されていました。
キャストさんによると、パンドラに入場するのに30分並ぶとか…まさか9時過ぎに来ても列ができているとは。暑さ対策で、パラソル、ベンチ、お水が用意されていました。
実際には15分くらいで入場する事ができました。惑星パンドラに渡る橋を進みます。
実際には15分くらいで入場する事ができました。惑星パンドラに渡る橋を進みます。

惑星パンドラのバイオルミネーセントの夜景

橋を渡ると段々とバイオルミネーセントの植物が見えて来ました。
橋を渡ると段々とバイオルミネーセントの植物が見えて来ました。
映画のように地面も光っています。
映画のように地面も光っています。
遠景の夜景がどうしても上手く撮影出来ませんでした。見難くて申し訳ありません。雰囲気だけでも伝わっていると嬉しいです。
遠景の夜景がどうしても上手く撮影出来ませんでした。見難くて申し訳ありません。雰囲気だけでも伝わっていると嬉しいです。

巨大な浮島も柔らかながら光を放っています。ただ、昼間に見るときのほうが、遥かにインパクトがあります。
巨大な浮島も柔らかながら光を放っています。ただ、昼間に見るときのほうが、遥かにインパクトがあります。

インタラクティブスポット

パンドラの中にはインタラクティブな植物や要素がいくつかあるそうです。僕が今回見つけられたのは2つだけでしたが、キャストさんによるとこれ以上に楽しいスポットがあるようです。かなり目立たないスポットも結構多いようで、これらを探して見るのもパンドラを訪れる楽しみの一つですね。

パンドラへの橋を渡り、しばらく進むとこの巨大な植物が。真ん中の赤いところを撫でたり軽く叩いたりすると、喜んで煙や水を噴出します。 常に水が滴っていたりもします。
パンドラへの橋を渡り、しばらく進むとこの巨大な植物が。真ん中の赤いところを撫でたり軽く叩いたりすると、喜んで煙や水を噴出します。 常に水が滴っていたりもします。
左下の青い、イカまたは貝の様なモノは、動きに反応して水を勢いよく吹き出します。カメラや電話に気を付けましょう。
左下の青い、イカまたは貝の様なモノは、動きに反応して水を勢いよく吹き出します。カメラや電話に気を付けましょう。

どこへ行っても大行列

エリアの入り口で入場制限していたため、歩くのには全く支障がないくらいでしたが、何かと行列が凄かったです。この時間のアトラクションの待ち時間は2-3時間でした。
エリアの入り口で入場制限していたため、歩くのには全く支障がないくらいでしたが、何かと行列が凄かったです。この時間のアトラクションの待ち時間は2-3時間でした。
ショップに入るのにも90分くらい並んでいたようです。すぐ隣にあるPongu Pongu と言うカウンター式の軽食レストランも長蛇の列…
ショップに入るのにも90分くらい並んでいたようです。すぐ隣にあるPongu Pongu と言うカウンター式の軽食レストランも長蛇の列…

唯一列が短かったのが、レストランのSatu'li Canteen です。5分くらいの待ち時間でした。もし列が長くても、事前に注文して優先的に注文の品を受け取れる、WDW初のシステムがこのレストランから始まりました。詳しくは近日クチコミで、ご紹介します。
唯一列が短かったのが、レストランのSatu'li Canteen です。5分くらいの待ち時間でした。もし列が長くても、事前に注文して優先的に注文の品を受け取れる、WDW初のシステムがこのレストランから始まりました。詳しくは近日クチコミで、ご紹介します。

惑星パンドラからの帰還はアフリカから

エリア入口は一方通行になっており、出口はこの長〜い木製の橋を渡って地球に帰還する事になります。混雑が落ち着いたら一方通行ではなくなるとは思いますが。
エリア入口は一方通行になっており、出口はこの長〜い木製の橋を渡って地球に帰還する事になります。混雑が落ち着いたら一方通行ではなくなるとは思いますが。
ずーっと歩いて行くと、アフリカのライオンキングのシアター横に出て来ました。ここから出口はかなりの遠回りですが、仕方がないですね。
ずーっと歩いて行くと、アフリカのライオンキングのシアター横に出て来ました。ここから出口はかなりの遠回りですが、仕方がないですね。

パンドラオープン記念バージョンのガイドマップ

アニマルキングダムのガイドマップは、パンドラバージョンになっています。とても高価そうな厚紙に、光沢やラフなテクスチャーをあしらっています。
アニマルキングダムのガイドマップは、パンドラバージョンになっています。とても高価そうな厚紙に、光沢やラフなテクスチャーをあしらっています。
マップのページを開いても、パンドラのエリアだけで、光沢仕様でコーティングされています。これは記念に保存しておきたいガイドマップです。
マップのページを開いても、パンドラのエリアだけで、光沢仕様でコーティングされています。これは記念に保存しておきたいガイドマップです。

まとめ

パンドラの夜景と混雑情報を中心にお届けした今回のブログはいかがだったでしょうか。少しでもパンドラの夜景の奇麗さが伝わったら嬉しいです。昼間と夜間、両方の景色と雰囲気をぜひ楽しんでいただきたい、素晴らしいエリアです。




ウォルト・ディズニー・ワールド
準備ガイド ≫

ウォルト・ディズニー・ワールドの関連記事

もっと読む ≫
data-ad-format="auto">

新着記事

もっと読む ≫
data-ad-format="auto">
東京および海外ディズニーリゾートの最新ニュースやお役立ち情報を紹介するブログです。
tdrnavi ブログ ≫