S
クチコミ:54 参考になった:389

一度乗れば中毒に!やめられない!止まらない!

★★★★★ 2016年9月に訪問
入り口にて ライトアップされた姿が素敵です 注意書きです 夜は比較的空いてました

一度乗れば中毒に!やめられない!止まらない!

期待以上で想像以上!

事前の口コミや感想を見ると、期待感しか持てませんが「期待しすぎてたなぁ」と思うことはまずないと思います!素晴らしいアトラクションです!そして、いい意味ですべての想像が裏切られ超えられること間違いなしです!

なにこの新感覚!?

写真などでチェックした方はわかると思いますが、このアトラクションはバイクに乗るような前傾姿勢で乗車します。そのため、頭から落ちていく新感覚を味わうことができます!
作り込まれた世界観ですが、はじめ乗った時は周りを見る余裕はまずありませんでした(笑)
「やばい!どうしよう!すごい!」と叫んでいる間にアトラクションは終了、圧倒されて口が渇いていることにも気付かないくらいです!

Qラインも楽しめること間違いなし!

トロンの世界観はライドだけではなく、Qラインから作り込まれています。
乗り場近くのモニターには他のチームの紹介(私たちはブルーチームです)があります。驚いたのは、室内に入った後すぐのQライン中にあるモニターが急にガラスになり、ライドの発車する瞬間が見られるということです!「自分たちは今からこれに乗るのか!」と期待感が高まります!(空いているときはこの場所はスルーなので、演出はありません)

ライドフォトの撮影があります

乗り物は動き始めてすぐ止まります。そしてそこからロケットスタート!その瞬間何度かフラッシュがたかれ、そこでライドフォトが撮影されます。
前述した「発車の瞬間がQラインから見られる」というのは、ここを見られているということです。ライドフォトのためにポーズを決めようものなら、がっつりQラインのゲストにその様子を目撃されます(笑)

乗り物酔いする方は注意!

この新感覚に付きものの、乗り物酔い……
なんと降車場にベンチと水飲み場、エチケット袋があります。もし乗車後具合が悪くなったら、ここで休憩するのもいいかもしれません。
降りた後は出口まで結構歩くので、乗車後フラフラになってしまったら、まずベンチで一休みもありかもしれません。

特殊な安全装置

バイクのような乗り物にまたがり、前傾姿勢へ。乗り物で胸と背中を押さえつける形になります。腰あたりにベルトはありません。上体が起こせるので、がっつり背中をホールドされているわけではないです。はじめ乗った時は「こんなにゆるゆるでいいの!?大丈夫!?落ちない!?」と不安になりました(笑)
しっかりとグリップを握り、顔を前を向くようにして上げてください。キャストさんが安全装置の確認をしている間に乗り物に顔を近づけたりグリップから手を離したりしていると、怒られてしまいます。

前傾姿勢が難しい方は乗ったまま腰にベルトをして、座った姿勢のままの乗車が可能です(おそらく一番後ろの席になります)。
一度もそのようなゲストを見てないので確実ではありませんが、小さなお子様がいらっしゃる方も大人と隣り合って、座った姿勢で乗ることになると思います。(注意書きに小さな子どもから目を離さないようにといった文面とともに、座った姿勢で乗っている親子のイラストがありました)

待ち時間は60〜90分程度

細かくチェックしていましたが、待ち時間はピーク時で90分ほど。朝か閉園前はほとんど待ち時間はありません。ただ、天気が悪い日はパーク自体が空いていましたので、終日20分待ち(数えましたが実質10分も待ちませんでした)で1時間の内に4回ループできました!
たまたまかもしれませんが、上海のアトラクションは表示されている待ち時間よりマイナス10〜20分くらいで乗ることができる印象です。
午後までファストパスの発券は行われていたので、まずは人気のソアリンなどのファストパス発券をおすすめします。

大きい荷物は持ち込めません

ライドの設計上、荷物は持ち込めません。荷物を持ったまま入って行こうものなら、キャストさんに止められます。入り口に向かって左側にロッカーが大量にあるのでそこに預けましょう。
乗り物に荷物入れが付いていますが、小さいポーチくらいの大きさです。スマートフォンや二つ折り財布なら入りますが、長財布くらいのものになると大きさによっては入らない可能性があります。
ロッカーの入り口付近、画面で操作するタイプのロッカーは混んでいます。奥の方にコインロッカーがたくさんあるので、そちらの方が早く入れられると思います。コインロッカーは1元硬貨が必要です(使い終わった後返ってきます)。

荷物を預けるロッカーにも待ち列が!

ピーク時は入り口手前に列があり「なんだこの列は?」と思うかもしれませんが、ロッカーの列です。ファストパスは入り口での回収になるので、あまりギリギリに行くとロッカーを待っている間にファストパスの時間が過ぎてしまう可能性が……私はギリギリになってしまい、そのことをキャストさんに伝えると、自分の名前をファストパスに書いてくれました。ロッカー待ちの間にファストパスの時間が来てしまっても入れるようにするためだと思います。なにはともあれ、あまりギリギリにならないように、混んでいてロッカーでの待ち時間が発生しそうな場合は早めの行動をお勧めします。

絶叫系アトラクションが苦手な方へ

このアトラクションはかなりのスピードがあります。スタート時もロケットスタートです。そのため、スピードが苦手な方は気をつけてください。
また、乗り物に胸を押し付け背中から押さえつけられるので、食後はかなり厳しいのではと個人的に感じました。
そして前述しましたが、乗り物酔いが激しい方は本当にお気をつけください。もししんどくなったら、空いてても連続で乗らずにゆっくりと体を休ませてください。
ただ、落下時の浮遊感はほぼありません。というか、急降下はありません。何度か「ふわっ」という感覚はありますが、ほんのり感じる程度ですし、落ちません。大丈夫です。落ちるような姿勢になっても、すぐライドがまっすぐに戻ります。
わたしは浮遊感が苦手ですが、全く問題ありませんでした!連続で4回乗れました(笑)

さいごに

長くなってしまいましたが、それぐらい語りつくしたいアトラクションだったということです!本当にすごい!ディズニーの本気を感じました!
正直映画のトロンはレガシーをちら〜っと観たくらいだったので、次はしっかりと映画を見てから乗りたいと思います!

入り口にて

入り口にて

夜に見るとさらに綺麗!

夜に見るとさらに綺麗!

ライトアップされた姿が素敵です

ライトアップされた姿が素敵です

注意書きです

注意書きです

夜は比較的空いてました

夜は比較的空いてました

こんなものも!

こんなものも!

Qラインから見える乗り場

Qラインから見える乗り場

出口付近にて「TORON REALM」の文字が…!

出口付近にて「TORON REALM」の文字が…!

早い!とにかく早い!アトラクションの入り口付近では、頭上をライドが駆け抜けます。

早い!とにかく早い!アトラクションの入り口付近では、頭上をライドが駆け抜けます。

 by S 
wod555 s_disney0617


トロン・ライトサイクル・パワーランの感想

訪問日順でもっと読む ≫
広告
data-ad-format="auto">

スポット情報

上海ディズニーリゾートのおすすめ情報

攻略ガイド 新着レポート

クチコミ メニュー

ランキング:クチコミ ランキング:レビュアー