レオ
クチコミ:24 参考になった:219

絵画的な表現美

★★★★★ 2017年5月に訪問
日本はお雛様 ロンドンのタワーブリッジ 色彩も美しいフランス 他のパークでは見られない植物の表現

絵画的な表現美

ディズニーランドに来たことがない人でも、この曲を知らない人はいないというほど有名なアトラクション。私は一応、全世界のイッツアスモールワールドを体験したのですが、パリ版は他の国のそれとは芸術性の高さが格段に異なっていて感動しましたので、口コミを書かせていただきます。

待ち時間

平日はほぼ待ち時間無しで乗られると思います。ボート乗り場は外です。屋根がついている場所で待ちますが、あまり長い屋根ではなかったので、普段からそこまで混まない様子でした。私たちは昼間に行きましたがゼロ分待ちでした。

内容

内容は他のパークのものと基本的に同じです。各国の子どもたちが登場し、最後のフィナーレですべての地域の国の子どもたちが現れます。香港のようなディズニーキャラクターは登場しません。ジーニーやアリエルではなく、あくまでその国の物語として人魚姫やクレオパトラ、アラジンと魔法のランプの一場面が原作に近い表現で登場します。日本のイッツアスモールワールド(旧バージョン)にドン・キホーテが登場するような感じです。香港版を見慣れた今、逆にキャラクターが登場しないパリ版が新鮮でオシャレに感じました。

各国の表現について

植物や建物が、他のパークのものでは丸や三角や四角にデフォルメ化されて立体的に登場するのに対し、パリでは(狭いという制約があるのかもしれませんが)切り出し(板や厚紙等の平らなものを切ってそこに絵を描いたもの)が多用され、かつ効果を出しています。
平面の美しさを活かした絵画的な表現で統一され、その平面的な描写が、ある時はデコパージュのように重なって、ある時は紙芝居のように互い違いに登場し、スペース的には小さくて大人しいのに、見ていて華やかで上品な印象を受けます。その表現のトーンは全体的に統一されているにも関わらず、他のパークでみられるような反復するパフォーマンスは敬遠され、一つの国の中でもいくつもの種類の衣装や小道具が登場し、様々な角度から各国の暮らしや文化、歴史を表現しています。他の国のイッツ・ア・スモール・ワールド中には、ライトが暗かったり、色がくすんでいたり、動きがフラットだったりで、複数個所で「あれ、これ、もうちょっとどうにかならないのかなぁ」と思ってしまうことがありますが、パリ版は隅から隅までズイーっと綺麗で、どの一部を切り取っても美しくまとまっています。子どもたちの人形についても、世界中のどのそれらよりも表現が豊かで芸術的です。

感想

日本のものより小ぶりですが、その小ささが完全にフォローされた上品で優雅なアトラクションだと感じました。空いていますし、美しいものを見ながら座ってのんびりボートに乗っていられるので、年齢層を問わず楽しめると思います。「東京にもあるアトラクションだから」といって後回しにせずに、パリまで行った方はぜひ乗って頂きたいアトラクションです!

日本はお雛様

日本はお雛様

ロンドンのタワーブリッジ

ロンドンのタワーブリッジ

色彩も美しいフランス

色彩も美しいフランス

他のパークでは見られない植物の表現

他のパークでは見られない植物の表現

千一夜物語の一幕

千一夜物語の一幕

絵画のような描写が美しい

絵画のような描写が美しい

子どもたちの動きがのびのびしてます。

子どもたちの動きがのびのびしてます。

遺跡の切り出し。

遺跡の切り出し。

風景の描写が芸術的。

風景の描写が芸術的。

絵画的な表現美

絵画的な表現美

色彩も美しい。

色彩も美しい。

リトルマーメード風の人魚姫。

リトルマーメード風の人魚姫。

ポップなアメリカ

ポップなアメリカ

オシャレです。

オシャレです。

外観です。

外観です。

ボートの乗り場は屋外です。

ボートの乗り場は屋外です。

縦に二列、ボートが並び、二台ずつ進んでました。

縦に二列、ボートが並び、二台ずつ進んでました。

2,320回読まれました by レオ 
kojibrand_flower_garden


イッツ・ア・スモールワールドの感想

訪問日順でもっと読む ≫
広告
data-ad-format="auto">

関連情報

イッツ・ア・スモールワールドの情報

ディズニーランド・パリの旅行ガイド

攻略ガイド ≫

クチコミ メニュー

ランキング:クチコミ ランキング:レビュアー