Mediterranean, Europe
にあぽん
クチコミ:137 参考になった:844

完全個人手配で行く、カプリ島の青の洞窟!

★★★★★ 2016年9月に訪問
港から青の洞窟まではタクシーで移動しました このようなボートに3人で乗り込みました カプリ島の港から船で青の洞窟に来る方法もあります タクシーを降りたあたりから下を見下ろすとこんな感じ

完全個人手配で行く、カプリ島の青の洞窟!

地中海航路に乗船した際、ナポリまたはローマから高速船で来ることができる、カプリ島。
DCLのエクスカーションにはプランがなかったので、自力で「青の洞窟」を見に行くことにしました!

カプリ島の港から青の洞窟まで

まず、カプリ島に着いてからの移動方法は海路と陸路があります。

海路の場合は港からクルーザーで島をぐるっと回って青の洞窟がある入り江へ行き、そこから順番に小舟に乗って青の洞窟へ入場します。
この方法は船の上での待ち時間が長い場合に船酔いしやすいとの話を聞いたので、私は陸路を使いました。

陸路の場合はバス、ケーブルカー、タクシーなどを使う方法があります。
バスは一番安い移動方法ですが、乗り換えが必要で時間がかかるので往路はタクシーで。
オープンエアのタクシーで30〜40分ほどで青の洞窟の入り口がある所に辿り着きました。

青の洞窟への入場方法

タクシーを降りたら、入江の方に降りていく階段があるのでそれを下ります。
途中に売店がありましたが、まずは早く洞窟への入場をしたいのでスルーして下へ。
階段を降りきったところまで行くと、小舟の乗り場があります。

私が利用した際は階段に並ぶことなく、小舟乗り場まで直行でしたが洞窟から出てきた頃には階段には船に乗る順番待ちの人でいっぱいでした。

小舟に乗った後、まずは船頭さんがチケットを販売している船まで連れて行ってくれます。
ここではチケット代を現金で払う必要があるので、細かいユーロを用意しておくのが◎
青の洞窟に入る際には2枚のチケットが必要で、大人1人あたり9ユーロ+4ユーロで合計13ユーロ。
このほかに船頭さんへのチップが別途必要となります。

洞窟に入る時に気をつけたいこと

洞窟に入る際、とても狭い入り口から入るため、小舟の中で寝そべるような体勢になる必要があります。
なので、濡れたり多少の汚れがついても大丈夫な服装で向かうのがベターです。
また後述しますが、カプリ島の港付近には無料で利用できるビーチもあるので、水着を中に着て行くのもありかもしれません。

青の洞窟の中へ入り、それまで背を向けていた入口側に背を向けると一面が神秘的な青の世界!
天候の影響を受けやすいため、必ずしも入れるというわけではありませんが、運良くスムースに入ることができました♪

海を進む小舟なので、洞窟の中といえども波の影響を受けます。
一眼レフでの撮影は数を打たないといけないので、何枚か連写した後はiPhoneとiPadを活用しました。

青の洞窟以外の楽しみ方

世界でも有数の絶景を堪能した後は、バスを使って港方面へ。
青の洞窟から出ているバスはアナカプリというエリアに向かうものだけなので、必ず乗り換えが必要となります。

このアナカプリはカプリの中心部よりも落ち着いたリゾート地という雰囲気で、このエリアの中心地であるターミナル付近からはリフトでカプリ島で一番高いソラーロ山に登るリフトも出ています。

アナカプリから港まではマリーナ・グランデ行きのバスに乗るorカプリ行きのバスに乗り、カプリからマリーナ・グランで行きのバスまたはケーブルカーに乗るなどの交通手段があります。

100%の確率ではありませんが…

実際に現地に着くまでは入れるかどうかが心配でたまりませんでしたが、早め早めの行動をしたこともあって、青の洞窟への入場はかなり順調に実現しました。

カプリ島からはアマルフィへ向かう高速船も運行しているので、朝早いうちにお目当ての観光を終わらせた場合には、船での移動で他の地中海の絶景を見に行ってみるのもいいかもしれません♪

港から青の洞窟まではタクシーで移動しました

港から青の洞窟まではタクシーで移動しました

小舟に揺られながらなので、撮影はなかなか難しかったです><

小舟に揺られながらなので、撮影はなかなか難しかったです><

このようなボートに3人で乗り込みました

このようなボートに3人で乗り込みました

カプリ島の港から船で青の洞窟に来る方法もあります

カプリ島の港から船で青の洞窟に来る方法もあります

タクシーを降りたあたりから下を見下ろすとこんな感じ

タクシーを降りたあたりから下を見下ろすとこんな感じ

アナカプリというエリアのジュエリーショップにはイタリア限定のパンドラチャームが

アナカプリというエリアのジュエリーショップにはイタリア限定のパンドラチャームが

帰りの高速船を待つ間、近くのビーチでのんびりしました

帰りの高速船を待つ間、近くのビーチでのんびりしました

海の色、空の色、どこを見ても綺麗な港町でした

海の色、空の色、どこを見ても綺麗な港町でした

 by にあぽん 
ブログ imagicaln imagicaln


地中海/ヨーロッパの感想

訪問日順でもっと読む ≫
広告
data-ad-format="auto">

地中海/ヨーロッパの情報

ディズニークルーズの旅行ガイド

準備ガイド ≫

クチコミ メニュー

ランキング:クチコミ ランキング:レビュアー