【TDS】ニモ&フレンズ・シーライダーが2017年5月12日にオープン決定!スタンバイ列に屋根を新設

【TDS】ニモ&フレンズ・シーライダーが2017年5月12日にオープン決定!スタンバイ列に屋根を新設
画像: www.tokyodisneyresort.jp

東京ディズニーシー(TDS)の新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」が2017年5月12日(金)にグランドオープンすることが決定しました。なんとスタンバイ列に屋根が新設されます!



ビッグニュース!屋根を導入!

公式リリースはこちら。

【グランドオープン決定!】東京ディズニーシーの新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」 | 【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ
www.tokyodisneyresort.jp

ついに外観イメージが公式発表されましたね。これを楽しみにしていました。「ポートディスカバリーの中心的な施設である海洋生物研究所」という設定なので、ブルーが追加された水族館のような外観デザインになっています。思っていたよりも品のある落ち着いたデザインで良かったです。

で、一番の大ニュースは、スタンバイ列に屋根が新設されていること!(そこなの?)日差しが強い季節は、ここで待つのがツラかったんです。やはり総投資額 約50億円は伊達じゃないですね!

これがストームライダーの時の外観です。スタンバイ列に屋根がない方が建物の迫力は感じられるんですよね。
これがストームライダーの時の外観です。スタンバイ列に屋根がない方が建物の迫力は感じられるんですよね。

あと、ニモ&フレンズ・シーライダーのストーリーも公開されています。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」の舞台は、ポートディスカバリーの中心的な施設である海洋生物研究所です。海洋生物研究所では海洋生物の研究を行うと同時に、訪れるゲストに海とそこに住む生き物たちを大切にすることを呼びかけています。
 ゲストはここで、海洋生物研究所の科学者たちがチヂミニウムと呼ばれる特殊なマテリアルを開発したことを知ります。チヂミニウムは電気を通すと収縮するという特性があり、このチヂミニウムを使って作られたのが、魚の形をした潜水艇シーライダーです。シーライダーは中に人間を乗せた状態で、安全に魚サイズに縮むことができます。
 また、人工フィッシュ知能を搭載したことにより、シーライダーは本物の魚のような動きをすることができるだけでなく、操縦士が乗っていない状態でも自動運転で本物の魚たちと一緒に行動することができます。
 海中に潜り、魚サイズに縮んだシーライダーは、ニモやドリーをはじめとするさまざまな海洋生物たちに出会い、彼らと交流し、乗り込んだゲストを楽しくてワクワクして、ちょっぴりスリリングな海の冒険へと導きます。
引用: www.tokyodisneyresort.jp

「チヂミニウム」というネーミングが小林製薬の商品名っぽくて大変好感を持ちました。僕なら「チヂミンクリーム」にしますね。(どうでもいい)

チヂミニウムで縮んだ潜水艇「シーライダー」のイメージ
画像: www.tokyodisneyresort.jp
チヂミニウムで縮んだ潜水艇「シーライダー」のイメージ

最初の発表時の内容はこちら↓

タートル・トークも2017年5月12日にリニューアルオープン

新シーンを追加した「タートル・トーク」も、「ニモ&フレンズ・シーライダー」と同日の2017年5月12日(金)にリニューアルオープンするそうです。



この記事を友達にもシェアしよう!

東京ディズニーリゾート
攻略ガイド ≫

東京ディズニーシーの関連記事


関連記事をもっと読む

新着記事


新着記事をもっと読む
tdrnaviブログは、東京ディズニーリゾートから海外ディズニーまで攻略法やグッズ情報、現地レポをお届けするブログです。更新情報は以下で配信していますのでフォローをお待ちしています! 編集長はこちら ≫

tdrnavi ブログ