【香港】ホーンテッド・ハロウィーン2015を写真レポ!不気味なゴーストとアトモス三昧

【香港】ホーンテッド・ハロウィーン2015を写真レポ!不気味なゴーストとアトモス三昧

香港ディズニーランド(HKDL)の「ホーンテッド・ハロウィーン 2015」の初日に行ってきましたので、キャラクターグリーティングやホラーイベントの様子をフワッとレポしておこうと思います!不気味なゴーストが大量発生中です!(写真39枚)



data-ad-format="auto">

ホーンテッド・ハロウィーン 2015の概要

  • ホラーイベントの開催日は、2015年10月2日~10月31日の金・土・日。時間は18時~23時。
  • ハロウィーン衣装のキャラクターグリーティングは毎日開催。
  • 通常のパスポートおよび年間パスポートで体験できる。
  • 開催期間中は午後6時から入場できる割引チケットも販売。
  • グリズリーガルチとミスティックポイントで亡霊が蘇るホラーイベントを開催。
  • ホラー仕様のジャングルクルーズを運行。
ディズニー・ホーンテッド・ハロウィーン | 香港ディズニーランド・リゾート
www.hongkongdisneyland.com

ハロウィーン・グリーティング

  • ハロウィーン衣装のキャラクターグリーティングは、メインストリートUSAで実施。
  • 時間は開園~17:00まで。金・土は、21:30~22:30も実施。
  • 雨天時でも濡れない場所で実施していた。
吸血鬼ミッキー&魔女ミニーはいつものガゼボで。最低60分待ちという感じ。炎天下に並ぶので日傘必須。
吸血鬼ミッキー&魔女ミニーはいつものガゼボで。最低60分待ちという感じ。炎天下に並ぶので日傘必須。
魔女がお似合いのミニー!
魔女がお似合いのミニー!
パンプキンなドナルドとデイジー!15~20分待ち。
パンプキンなドナルドとデイジー!15~20分待ち。
デイジーに迫るパンプキンなドナルド!
デイジーに迫るパンプキンなドナルド!
吸血鬼ダッフィーと魔女シェリーメイ!15分待ちぐらい。他のキャラと交互に登場。
吸血鬼ダッフィーと魔女シェリーメイ!15分待ちぐらい。他のキャラと交互に登場。
ダッフィーがシェリーメイの鼻をワシ掴みするという謎のスキンシップにどう反応したらいいのか困惑する我々でした。
ダッフィーがシェリーメイの鼻をワシ掴みするという謎のスキンシップにどう反応したらいいのか困惑する我々でした。
海賊プルートとミイラ・グーフィー!15分待ちぐらい。他のキャラと交互に登場。
海賊プルートとミイラ・グーフィー!15分待ちぐらい。他のキャラと交互に登場。
グーフィーのお腹には、なぜかクワガタが。
グーフィーのお腹には、なぜかクワガタが。
ガイコツなチップ&デール!15~20分待ち。
ガイコツなチップ&デール!15~20分待ち。

ホラー仕様のジャングルクルーズ「エメラルドトリニティの伝説」

一番気になっていたのがコレです。公式サイトによるとストーリーは以下の通り。

何世紀も前に、ブードゥー族がジャングルの中に「エメラルドトリニティ」と呼ばれる、3つの古代の石を置きました。伝説によると、「その石の1つを奪いジャングルを抜ければ、永遠の命が与えられる」と言われています。失敗すれば死よりもむごい運命が待ち受けているとか・・・ところが盗人たちはこのお告げを無視し、古代の石を2つ盗んでしまいます。それが、石の精霊を目覚めさせ、全てが破壊される大惨事を招くことになろうとは・・・

ナビゲーターとともに、闇夜のジャングル・リバー・クルーズに出発しましょう。ナビゲーターは皆さんを安全な場所へと案内してくれるのか、それとも、己の欲に負けてさらなる闇へ・・・?さあ、危険と驚きに満ちたクルーズの出発です!
引用: www.hongkongdisneyland.com

既存のアトラクションに全く新しいストーリーと演出を追加して、18:30以降に特別運行するという珍しい内容です。で、英語のスタンバイ列に並んだのですが、なぜか広東語の船に乗せられたので詳細はサッパリでしたが、雰囲気で適当に解釈して説明します!

以下、ネタバレ注意!

ジャングルクルーズの看板に「Curse of the Emerald Trinity」の文字が。
ジャングルクルーズの看板に「Curse of the Emerald Trinity」の文字が。
出発するとツリーハウスにプロジェクションマッピングで不気味な眼が映し出されていました。我々は思わず「嫌な予感・・・」という名セリフを口にしていました。
出発するとツリーハウスにプロジェクションマッピングで不気味な眼が映し出されていました。我々は思わず「嫌な予感・・・」という名セリフを口にしていました。
ツリーハウスを抜けると、ここから先の侵入を威嚇するサインが見えてきました。
ツリーハウスを抜けると、ここから先の侵入を威嚇するサインが見えてきました。
「これより先に進めば死が待っているぞ」と言わんばかりのサインです。スキッパーはサーチライトでこれらを照らしながらビビりながらも躊躇なく進んでいきます。
「これより先に進めば死が待っているぞ」と言わんばかりのサインです。スキッパーはサーチライトでこれらを照らしながらビビりながらも躊躇なく進んでいきます。
そして、最初に発見した「エメラルドトリニティ」がこちら!眼の中に石が!あれを手に入れれば永遠の命をゲットできるぜ!
そして、最初に発見した「エメラルドトリニティ」がこちら!眼の中に石が!あれを手に入れれば永遠の命をゲットできるぜ!
ここでプロジェクションマッピングによって周辺が緑色に輝き、石の精霊の恐ろしい声が我々に忠告してきます!「お前たちは何をしているのか分かっているのか!(適当)」ビビった我々は、先に進むことにしました。
ここでプロジェクションマッピングによって周辺が緑色に輝き、石の精霊の恐ろしい声が我々に忠告してきます!「お前たちは何をしているのか分かっているのか!(適当)」
ビビった我々は、先に進むことにしました。
さらにジャングルを進むと探検家のベースキャンプが見えてきました。
さらにジャングルを進むと探検家のベースキャンプが見えてきました。
ベースキャンプに滞在中の探検家が箱から取り出したのは・・・
ベースキャンプに滞在中の探検家が箱から取り出したのは・・・
2つ目のエメラルドトリニティ!
2つ目のエメラルドトリニティ!
しかし、エメラルドトリニティを守ろうとするツタが探検家に襲いかかります!結局、探検家はエメラルドトリニティを奪い返され、ツタに地面へと引きづりこまれて悲鳴を上げながら残酷な死をとげました…。ここのシーンは秀逸!
しかし、エメラルドトリニティを守ろうとするツタが探検家に襲いかかります!結局、探検家はエメラルドトリニティを奪い返され、ツタに地面へと引きづりこまれて悲鳴を上げながら残酷な死をとげました…。ここのシーンは秀逸!
その後、しばらく進むと、また石の精霊の恐ろしい声が聞こえてきます。キョロキョロしていると、なんとスキッパーの手の中に3つ目のエメラルドトリニティがあるではありませんか!大興奮のスキッパー!これで永遠の命をゲットだぜ!
その後、しばらく進むと、また石の精霊の恐ろしい声が聞こえてきます。キョロキョロしていると、なんとスキッパーの手の中に3つ目のエメラルドトリニティがあるではありませんか!大興奮のスキッパー!これで永遠の命をゲットだぜ!
しかし、石の精霊はそう簡単にはジャングルから帰してくれません。精霊の怒りをかった我々のボートは轟音と炎に包まれ沈没の危機に!なんとかその場を脱出したものの、スキッパーの手の中からエメラルドトリニティが消滅!くっそー、精霊の奴!やりやがったな!
しかし、石の精霊はそう簡単にはジャングルから帰してくれません。精霊の怒りをかった我々のボートは轟音と炎に包まれ沈没の危機に!なんとかその場を脱出したものの、スキッパーの手の中からエメラルドトリニティが消滅!くっそー、精霊の奴!やりやがったな!

まあ、永遠の命は手に入らなかったけど、生きて帰ってこれたから良かったよね!ラッキー、ラッキー!おしまい!

感想

予想以上に凝った演出でしたが、ちょっと内容が分かりにくかったですね。だけど、既存アトラクションをうまく使って全く別のストーリーにするのは面白い取り組みだなぁと思いました。まあ、もうちょっと怖い仕掛けがほしいところでしたが。

混雑具合

18:30にスタートするこのジャングルクルーズ特別版は、その直後は45分待ちぐらいで非常に混雑していましたが、22時ぐらいになるとガラガラになって、すぐに乗れました。なので、最初はショーを観てまわって、最後にジャングルクルーズに乗る流れが効率が良さそうです。

通常版ジャングルクルーズの様子はこちら。

ミスティック・ポイントのホラーイベント「Cycle of the Spirits」

ミスティック・マナーの邸宅を舞台にショーが開催されるということで、ミスティック好きとしてはかなり期待してましたが、正直、謎すぎるショー&アトモスで、どう楽しんだらよいのか分からない内容でした。1日3回公演。45分間。ストーリーはこちら。

ミスティック・ポイントのゲートに緑色のミストが漂うと、永遠に続く時のループへの扉が開きます。完全に消滅していなかったゴーストたちの命は1時間だけ生き返るよう、呪いがかかっていているのです。輝くアンティークの緑の魔除けを持つ者だけがゴーストの魂が死の宣告をされ時に、時を止めることができるのです。

ゴーストたちが遠い昔からよみがえり、ミスティック・ポイントは活気を帯びてきます。タイムキーパーは、時空のループが再び始まり、全てのゴーストがループの扉へ戻る「タイムオーバー」になるまで、全ての魂に目を光らせています。

ゴーストたちは普段からあちらこちらで漂っています。不気味でいたずら好きなゴーストと楽しく遊びましょう。でも、緑色の魔除けを探す冒険に巻き込まれたり、永遠に続く時空のループ中に迷い込まないように気を付けて!
引用: www.hongkongdisneyland.com
ミスティック・マナーの邸宅がプロジェクションマッピングで歪んだり、窓に人影が浮かんだり、不気味な雰囲気になります。そこへ謎の白いゴーストが次々と登場!
ミスティック・マナーの邸宅がプロジェクションマッピングで歪んだり、窓に人影が浮かんだり、不気味な雰囲気になります。そこへ謎の白いゴーストが次々と登場!
特にセリフもなく、大量の白い人による舞踏会が開催されます。謎です。
特にセリフもなく、大量の白い人による舞踏会が開催されます。謎です。
双子っぽいゴーストも登場。特に見せ場はなく、5分ほどでショーはあっさり終了。
双子っぽいゴーストも登場。特に見せ場はなく、5分ほどでショーはあっさり終了。
白いゴースト達は、ゲストで埋め尽くされる通路へ降りてきて、各所で謎のアトモスがスタートします。これは記念撮影するゴースト。
白いゴースト達は、ゲストで埋め尽くされる通路へ降りてきて、各所で謎のアトモスがスタートします。
これは記念撮影するゴースト。
こちらはスーツケースを使ったアトモスを披露するゴースト。
こちらはスーツケースを使ったアトモスを披露するゴースト。

ちょっとしたショー+フリーグリーティング+アトモスって感じの構成です。ディズニーキャラクターは登場しません。すごい混雑だったので、早々に撤退しましたが、不気味な感じが出ていて良かったです。だけど、楽しみ方がよく分からないショーでした…(^_^;)

ミスティック・マナーについてはこちら。

グリズリー・ガルチのホラーイベント「Ghosts Rising」

グリズリー・ガルチを舞台に開催されるウエスタンなゴーストによる人形劇とアトモスです。1日4回公演。25分間。ストーリーはこちら。

グリズリー・ガルチいっぱいに、緑のミストが立ちこめ、延々と続くマイナー(鉱山労働者)とカウボーイのみにくい争いが再び起こります。

グリズリー・ガルチの街に最初にやってきたのは、カウボーイとマイナーだと言われています。彼らは奇妙な緑の水がわき出る間欠泉を発見するのですがその間欠泉を巡って争いとなり、とうとう銃撃戦にまで発展してしまいます。辺りには人っ子ひとりいなくなってしまいました。

それから数年が過ぎて、マイナーとカウボーイは、因縁の仲を治めるために、グリズリー・ガルチの街に戻ってきたのです!ミステリアスな緑色の水は今も間欠泉からわき出ています・・・
引用: www.hongkongdisneyland.com
グリズリー・ガルチが緑のミストに覆われる頃、ショーがスタートします。
グリズリー・ガルチが緑のミストに覆われる頃、ショーがスタートします。
鉱山労働者とカウボーイの争いが、どのように起こったのか、そのストーリーを教えてくれる人形劇です。広東語なので内容サッパリ。しかも、この小さくて低いステージにパーク中のゲストが殺到するんですよ。もうカオスでした!
鉱山労働者とカウボーイの争いが、どのように起こったのか、そのストーリーを教えてくれる人形劇です。広東語なので内容サッパリ。しかも、この小さくて低いステージにパーク中のゲストが殺到するんですよ。もうカオスでした!
5分ほどで人形劇が終わると、ガルチにはゴーストが溢れていました!各所でアトモスとフリーグリーティングがスタートします。
5分ほどで人形劇が終わると、ガルチにはゴーストが溢れていました!各所でアトモスとフリーグリーティングがスタートします。
突然、鉱山労働者とカウボーイの争いが勃発!ストーリーを知らないと謎すぎて困惑します!
突然、鉱山労働者とカウボーイの争いが勃発!ストーリーを知らないと謎すぎて困惑します!
牢屋にも鉱夫ゴースト!
牢屋にも鉱夫ゴースト!

アトラクションにもゴーストが!

ビッグ・グリズリー・マウンテンもプロジェクションマッピングで地割れのような演出がされていました。
ビッグ・グリズリー・マウンテンもプロジェクションマッピングで地割れのような演出がされていました。
試しにアトラクションにも乗ってみたら、なんとスタンバイ列の途中にもゴーストが!ちょっとしたウエスタンお化け屋敷!これはビックリしました。
試しにアトラクションにも乗ってみたら、なんとスタンバイ列の途中にもゴーストが!ちょっとしたウエスタンお化け屋敷!これはビックリしました。

アトラクションの詳細についてはこちら。

タイムガイド

魔女ミニーが表紙のタイムガイド
魔女ミニーが表紙のタイムガイド
ハロウィーン・イベントとキャラクターグリーティングの時間表がこちら。
ハロウィーン・イベントとキャラクターグリーティングの時間表がこちら。

ハロウィーン・デコレーション

東京ディズニーリゾートほどのデコレーションはありません。サッパリしています。

まとめ

というわけで、カオスで謎過ぎてカワイイ要素ゼロのホラーイベントでしたが、なかなか楽しい内容でした!



\ この記事を友達にもシェアしよう /

香港ディズニーランド
攻略ガイド ≫

香港ディズニーランドの関連記事

data-ad-format="auto">
関連記事をもっと読む

新着記事

data-ad-format="auto">
新着記事をもっと読む
tdrnaviブログは、東京ディズニーリゾートから海外ディズニーまで攻略法やグッズ情報、現地レポをお届けするブログです。更新情報は以下で配信していますのでフォローをお待ちしています! 編集長はこちら ≫

tdrnavi ブログ