【WDW】最安値ディズニーホテル「オールスター・スポーツ」の宿泊ガイド

【WDW】最安値ディズニーホテル「オールスター・スポーツ」の宿泊ガイド

ウォルトディズニーワールド(WDW)の最安値ディズニーホテル「オールスター・スポーツ・リゾート」の設備、アメニティ、電源コンセント、フードコート、注意点をまとめました。2015年6月時点の情報です。(写真39枚)



オールスター・スポーツ・リゾートとは?

「ディズニー・オールスター・スポーツ・リゾート」は、ウォルトディズニーワールド(フロリダ)のディズニー直営ホテルの中で「バリューリゾート」に分類される最安値のホテルで、1泊1室1万円前後で宿泊できます。スポーツをテーマにしたリゾートですがディズニー感も満載で、とにかく旅費を安くしたい人にはオススメのホテルです!

オールスター・スポーツの悪い点

最安値というメリットと引き換えにデメリットもあります。ポップセンチュリーリゾートと比較した場合のデメリットは以下の通りです。結論としてはポップセンチュリーの方がちょっと高いけど便利だと思います。

  • バリューリゾートの中で一番古いホテル(1994年開業)。ただし、リニューアルされているので古さは感じない。
  • シャトルバスが3つのオールスターリゾートで共有。混雑したり乗車時間が長かったりする場合がある。
  • WDWの端に立地しているのでアニマルキングダム以外はちょっと時間がかかる。
  • フードコートのイスが鉄製で固くて冷たい(ソファ席もある)
  • 部屋の快適さはポップセンチュリーと差はない。

逆に言うと上記のデメリットが気にならないならオールスタースポーツでも大満足だと思います。基本的に部屋もフードコートも綺麗ですし、リゾート感も十分にあります。ちなみに、ポップセンチュリーリゾートがオススメな理由は以下の記事にまとめていますので合わせてどうぞ。

ベッドルームの設備からチェック!

ここが宿泊棟。廊下は屋外になっています。
ここが宿泊棟。廊下は屋外になっています。
「Grand Floor(1階)」をリクエストしたので移動がラクでした。窓は廊下側にあるこれ1つだけです。
「Grand Floor(1階)」をリクエストしたので移動がラクでした。窓は廊下側にあるこれ1つだけです。
ダブルベッドが2つ。ポップセンチュリーよりも明るい雰囲気に感じます。
ダブルベッドが2つ。ポップセンチュリーよりも明るい雰囲気に感じます。
タオルミッキーはやっぱり嬉しい!
タオルミッキーはやっぱり嬉しい!
目覚まし時計もあります。
目覚まし時計もあります。
ドアはマジックバンドで開錠します。3重ロックです。
ドアはマジックバンドで開錠します。3重ロックです。

魔法の腕輪「マジックバンド」については、以下の記事にまとめています。

液晶テレビ、タンス、冷蔵庫があります。
液晶テレビ、タンス、冷蔵庫があります。
棚のサイドにあるラックが地味に便利でした。小物やパンフレットを置けます。
棚のサイドにあるラックが地味に便利でした。小物やパンフレットを置けます。
冷蔵庫の中はこんな感じ。冷凍庫はないです。ちなみに、電子レンジや湯沸しポットはありませんでした。電子レンジはフードコートにあります。
冷蔵庫の中はこんな感じ。冷凍庫はないです。
ちなみに、電子レンジや湯沸しポットはありませんでした。電子レンジはフードコートにあります。
エアコンは自分で調整できます。
エアコンは自分で調整できます。
古めかしい造りの金庫。奥行きはペットボトル(500ml)1本分ぐらいです。
古めかしい造りの金庫。奥行きはペットボトル(500ml)1本分ぐらいです。
これが金庫の鍵。大きくて重い…。
これが金庫の鍵。大きくて重い…。
アイロン、アイロン台、ハンガー(10本ぐらい)、ハンガーレールがあります。日本から針金ハンガーを持っていくと便利だと思います。
アイロン、アイロン台、ハンガー(10本ぐらい)、ハンガーレールがあります。日本から針金ハンガーを持っていくと便利だと思います。
コートかけ
コートかけ
フロント棟に一番近いサーフ棟に宿泊したので、壁の絵はサーファーのグーフィーでした。
フロント棟に一番近いサーフ棟に宿泊したので、壁の絵はサーファーのグーフィーでした。

電源コンセントの場所

ベッドのそばに電源コンセントが2口
ベッドのそばに電源コンセントが2口
反対側のベッドのそばにも電源コンセントが2口
反対側のベッドのそばにも電源コンセントが2口
写真右下のゴミ箱の裏側に電源コンセントが2口
写真右下のゴミ箱の裏側に電源コンセントが2口
ドライヤーのそばに2口。ドライヤーの風量と温度は特に問題なし。
ドライヤーのそばに2口。
ドライヤーの風量と温度は特に問題なし。
ちなみに、ドライヤーは真ん中のボタンを押さないと動きません。
ちなみに、ドライヤーは真ん中のボタンを押さないと動きません。

シャワールームとアメニティをチェック!

洗面台の様子
洗面台の様子
洗面台にはプラスティックカップ(4個)とゴミ箱。
洗面台にはプラスティックカップ(4個)とゴミ箱。
洗面台にはティッシュBOXと石けん。歯ブラシはありません。
洗面台にはティッシュBOXと石けん。歯ブラシはありません。
トイレとシャワールーム
トイレとシャワールーム
バスタブは広くて深いです。大変良い。
バスタブは広くて深いです。大変良い。
レバーを回すとお湯が出ます。シャワーに切り替えるにはお湯を出しながら蛇口のレバーを上に持ち上げます。
レバーを回すとお湯が出ます。シャワーに切り替えるにはお湯を出しながら蛇口のレバーを上に持ち上げます。
シャワーヘッドは固定です。
シャワーヘッドは固定です。
H2Oの「シャンプー&コンディショナー」と石けん
H2Oの「シャンプー&コンディショナー」と石けん
シャワーカーテンがディズニーデザインでカワイイです。
シャワーカーテンがディズニーデザインでカワイイです。
掃除を断ると、こんな袋で1日分のタオルとアメニティが届きます。
掃除を断ると、こんな袋で1日分のタオルとアメニティが届きます。

ホテルの設備

宿泊棟のエレベーターホールの様子。2階以上の部屋は階段を使った方が近道の場合もあります。
宿泊棟のエレベーターホールの様子。2階以上の部屋は階段を使った方が近道の場合もあります。
フロント棟のロビーの様子。ポップセンチュリーと比べると圧倒的に狭いです。時期によっては混雑しそうな予感。
フロント棟のロビーの様子。ポップセンチュリーと比べると圧倒的に狭いです。時期によっては混雑しそうな予感。
フロント棟にあるATM。
フロント棟にあるATM。
ゲームセンターもあります。
ゲームセンターもあります。

洗濯ランドリー

洗濯機と乾燥機の使い方については、以下の記事にまとめています。

日用品・ショップ

フロント棟にあるショップで販売されている日用品やグッズなどについては、以下の記事にまとめています。夜12時には閉店します。パークで買ったお土産をホテルへ送った場合は、ここのショップで受け取ります。

シャトルバス・タクシー

無料シャトルバスの乗り場はフロント棟の前にあります。オールスターリゾートで使えるシャトルバスについては、以下の記事にまとめています。

タクシーを呼びたい時はフロント棟の入口にいるこのキャストさんに声をかけましょう。すぐにタクシーが来ますよ。

フードコートとリフィルマグ

フードコートの営業時間は、朝6時~夜12時です。詳しくは以下の記事にまとめています。

プールの様子

監視員がいるので安心です。このプールの水深は1.2mです。
監視員がいるので安心です。このプールの水深は1.2mです。
ライフジャケットも利用できます。
ライフジャケットも利用できます。
キッズ向けの浅いプールもあります。
キッズ向けの浅いプールもあります。
夜はプールサイドでディズニー映画の上映会が開催されます。この時はベイマックスが上映されていました。
夜はプールサイドでディズニー映画の上映会が開催されます。この時はベイマックスが上映されていました。

無料Wi-Fiを完備

フロント棟(フードコートやシャトルバス乗り場)も客室棟も無料Wi-Fiが完備されています。電波の入りは良く、特に遅いなどの不満はありませんでした。

予約方法

部屋を予約する際は「Preferred Room(プリファード・ルーム)」がオススメです。スタンダードルームよりも2割ほど宿泊料金が高いですが、フロント棟に近い部屋を確約してくれるので利便性が大幅に向上します!空室検索は以下のボタンからできます。

料金チェック・予約 ≫

個人手配マニュアルをチェック!

ホテルを予約できたら、次にすべきことを個人手配マニュアルでチェックしましょう!


この記事を友達にもシェアしよう!

ウォルト・ディズニー・ワールド
攻略ガイド ≫

ウォルト・ディズニー・ワールド(フロリダ)の関連記事

関連記事をもっと読む

新着記事

新着記事をもっと読む
tdrnaviブログは、東京ディズニーリゾートから海外ディズニーまで攻略法やグッズ情報、現地レポをお届けするブログです。更新情報は以下で配信していますのでフォローをお待ちしています! 編集長はこちら ≫

tdrnavi ブログ